証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

株式投資や債券、投資信託などで資産運用を行う場合、多くの方は証券会社や銀行など金融機関を通じて取引を行います。その後も、株式や債券、投資信託など長期保有する場合においても証券会社などの金融機関でに預けることになります。

ただし、証券会社などの金融機関に預ける上で一番心配なのは、「証券会社が倒産した場合はどうなるのか」ということです。今回は証券会社が倒産した場合、預けている金融資産はどうなるのかを過去の事例とともに見ていきたいと思います。

過去の証券会社の倒産事例

日本では、残念ながら過去に証券会社や銀行の倒産事例は多くあります。特に、1989年のバブル崩壊以降経営に行き詰まり多くの金融機関が倒産しました。

証券会社で有名なのは、1996年に倒産した「山一証券」です。山一証券は、野村證券や大和証券、日興証券(現:SMBC日興証券)と並び4大証券会社と言われていましたが、不正会計により1997年11月24日に自主廃業しています。

銀行の事例では、北海道拓殖銀行が1997年に経営破綻、日本長期信用銀行が1998年に一時国有化され米国の再生ファンド「ファンドリップルウッド」により、2000年6月より「新生銀行」と商号を変更して現在に至っています。

また、同年に日本債券信用銀行も一時国有化された後、2000年にソフトバンク、オリックス、東京海上火災保険(現:東京海上日動火災保険)で結成された投資ファンドに売却され、2001年に「あおぞら銀行」として商号を変更し現在に至っています。

顧客の資産は証券会社の財産とは別に管理されている

日本では、山一証券を筆頭に多くの証券会社や金融機関が破綻した事例がありますが、証券会社は顧客から預かった株式や債券などの有価証券、現金などは、証券会社とは別に管理するように、金融商品取引法で厳しく規定されています。

投資信託については、2018年1月2日の記事で記載している通り、証券会社はあくまでも販売代理店としての役割であり、顧客の資産を預かっているのは信託銀行になります。そのため、信託銀行が自行の資産と分けて、顧客の資産を管理しています。

資産運用を行う手段として分散投資できる投資商品として「投資信託」があります。近年では確定拠出年金(iDeCo)や2018年1月から始まる「つみた...

一方、近年話題となっている「ウェルスナビ」や「TEHO(テオ)」といった、人工知能(AI)を活用した資産運用サービス「ロボアドバイザー」についても同様に、自社の資産と顧客から預かった資産は分けて管理されています。

そのため、万が一証券会社が破綻した場合でも、顧客から預かった資産について「ゼロ」にはならず、資産への影響はないと言えます。

近年では資産運用の重要性が叫ばれていることや年金不安などから資産運用を始める方が増えています。その中で若年層の間で、ウェルスナビやTHEO(テオ...

日本投資者保護基金により1,000万円まで保証される

証券会社が破綻した場合において、万が一、顧客が預かった資産が返還されないといった事態が発生した場合、顧客と証券会社との間で円滑な返還手続きが困難と判断された場合においては、「日本投資者保護基金」により1顧客あたり1,000万円まで保証されます。

全ての証券会社は「日本投資者保護基金」への加入が義務付けられています。そのため、資産の分別管理と投資者保護基金によって、顧客から預かった資産を二重に保護する仕組みが構築されています。

ただし、投資者保護基金で保証される資産は、国内と海外で発行された「株式」と「債券」、「投資信託」、「現金」となっています。「外国為替証拠金取引(FX)」や「CFD取引」、「先物」など店頭デリバティブ取引については、保証の対象外となっていますので注意が必要です。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

街中の証券会社とネット証券の違いは何か?

保有株を他の証券会社に移管できる?手続き方法と注意点を解説!

証券口座の一般口座と特定口座の違いは何か?口座の違いについて徹底解説

株式投資を始める場合、NISA口座と特定口座はどちらを選択して運用すべきか?

株式投資を始める前に必ず確認しておきたい証券会社を選ぶ5つの条件とは?