ロボアドとは何か?話題のロボットアドバイザー(ロボアド)をわかりやすく解説!

近年、投資を自動的に運用できるサービスとして「ロボアドバイザー(ロボアド)」が話題となっています。これまで、投資を始めるには経済や金融に関する知識が必要になるなど何かしら難しいイメージを抱いてしまい、尻込みしてしまう方も多いのが現状でした。

これらの小難しい知識も不要で初心者でも少額からはじめることができる上、運用をそのままロボットにお願いできる投資サービスとして「ロボアドバイザー(ロボアド)」が登場しています。

今回は、「ロボアドバイザー(ロボアド)」を使った投資サービスの概要について紹介します。

ロボットアドバイザーとは?

ロボットアドバイザーとは、投資の運用ポートフォリオの提案を人工知能(AI)を活用して行う、もしくは、投資の運用自体を人工知能(AI)に任せて運用できる投資サービスのことです。

人工知能(AI)を活用して、投資者の年齡や保有金融資産などに基づいて、最適なポートフォリオの提案の他、ポートフォリオの最適化やリバランスなどを自動で行ってくれます。

そのため、ご自身でポートフォリオを見直して手動で見直しを行うといった手間が不要であるほか、相場変動など心理に左右されない運用も可能になります。また、経済の知識が少ない方でも難しいことを考えずに投資が可能です。

ポートフォリオの提案と運用委任型の2種類あり

ロボットアドバイザーには、主にポートフォリオの提案に特化した「提案型」と、投資の運用をそのままロボットアドバイザーで行える「運用委任型」の2種類があります。

提案型

ポートフォリオの提案は、投資信託の運用において投資者が、年齡や保有金融資産額、収入などあらかじめ用意された質問に応えるだけで、投資信託の運用ポートフォリオを提案します。提供型の場合は、あくまでも投資信託の提案のみを行いますので、最終的に投資信託を購入するかの判断はご自身で行う必要があります。

SBI証券では、「SBIファンドロボ」という名称で、投資者にマッチした投資信託を投資情報メディア「モーニングスター」の情報を元に提案するサービスを提供しています。

また、三菱UFJ国際投信では自社が運用しているインデックス型の投資信託を、投資者の質問内容からリスク許容度を判断して、リスク許容度に合わせた投資信託を提案するサービスを提供しています。

運用委任型

運用委任型は、投資信託の運用をそのままお願いすることができるサービスで、あらかじめ決められた投資信託の中から、ユーザーのリスク許容度に応じて、人工知能(AI)を活用して自動でリバランスを行います。運用委任型のロボアドバイザーは、2018年1月時点でウェルスナビ株式会社が提供する「ウェルスナビ」と、株式会社お金のデザインが提供する「THEO(テオ)」があります。

ウェルスナビ

https://www.wealthnavi.com/

ウェルスナビは、低コストの上場投資信託(ETF)として知られているバンガードのETFを中心に、先進国株から新興国株、債券、コモディティ(商品)、不動産と6銘柄の中から、投資者のリスク許容度に合わせて自動的にリバランスを行い運用ができます。年齡や年収、保有金融資産、運用目的、下落時の対応といった5つの質問に回答するだけでリスク許容度を自動的に判断して運用を始めることができます。

初期投資額は2018年6月現在10万円から始めることができます。運用コストは1%のみで、その他の為替手数料などは不要です。また、月々1万円単位で積立投資も可能です。

ウェルスナビ公式サイト

THEO(テオ)

https://theo.blue/

株式会社お金のデザインが提供している「THEO(テオ)」は、年齡や年収、金融資産額など合計9個の質問に応えるだけで、投資者のリスク許容度を判断し、35銘柄から45銘柄の中からユーザーに最適なETFを自動で選択し、運用時のリバランスも自動で行ってくれます。

初期投資額は2018年1月時点でたったの1万円から始めることができ、運用コストも1%のみとなっています。THEO(テオ)は、選択できるETFの銘柄が豊富なことに加え、初期投資額も低いことから若年層をターゲットにサービスを提供しているのが特徴です。THEO(テオ)も月々1万円単位で積立投資ができます。

THEO(テオ)公式サイト

自動投資は預かり資産と運用者数国内No.1のウェルスナビ!

2018年6月よりテレビCMを開始したウェルスナビは、国内で預かり資産と運用者数がNo.1のロボットアドバイザーです。世界中の株式や債券、不動産、商品を対象にロボットが自動で分散投資を行ってくれますので、投資に縁がなかった方でも複雑なこと考えずに長期的な運用が実現します。

1.5段階のリスク許容度に応じた運用が可能!
2.世界中の株式、債券、不動産、商品に分散投資が可能!
3.初期投資額はたったの10万円から!
4.毎月1万円以上1円単位で積立投資も可能!
5.手数料は年率1%とシンプルな手数料構成
6.相場に左右されず腰を据えた投資が可能!
7.税金の支払いを繰り延べできる自動税金最適化(DeTAX)に対応!

ウェルスナビ公式サイトはこちら!

関連記事

投資信託を取引する上で発生するコスト(手数料)とは?

おつり投資サービス「マメタス」と「トラノコ」を徹底比較

おつり投資「マメタス」のサービス概要と特徴を徹底解説

ポイントを投資資金に充てる「ポイント投資」が話題に!概要と特徴を解説

おつり投資サービス「トラノコ」のサービス概要を徹底解説

人気上昇中の投資信託「ひふみ投信」とは?その特徴と運用成績を解説