ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」を徹底比較

投資の運用をロボットを活用して、ポートフォリオの最適化などを自動的に行える「ロボアドが話題となっています。その代表的なサービスとして「ウェルスナビ」と「THEO」があります。今回は、ウェルスナビとTHEO(テオ)を比較して紹介します。

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは?

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは、ロボットを活用して、投資を行う上でのポートフォリオの提案や運用その物を自動的に行いポートフォリオの最適化が行える投資サービスです。

2018年1月7日の記事でロボットアドバイザーの概要を記載していますが、これまでに投資経験が無い方でも気軽に投資の運用をお願いできるサービスとして「ウェルスナビ」と「THEO」を紹介しました。

両者は、簡単な質問に応えるだけで投資者のリスク許容度を判断した上で最適なポートフォリオを提案した上で、そのリスク許容度に沿った形で自動的に運用が行えます。

近年、投資を自動的に運用できるサービスとして「ロボアドバイザー(ロボアド)」が話題となっています。これまで、投資を始めるには経済や金融に関する知...

「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」を比較

ウェルスナビ THEO(テオ)
初期投資額 10万円 1万円
積立投資 1万円以上、1円単位 1万円以上1,000円単位
手数料(現金部分除く) 3,000万円まで1%
3,000万円超は0.5%
3,000万円まで1%
3,000万円超は0.5%
質問数 5問 5問
投資対象 米国株・日欧株・新興国株・米国債券・物価連動債・金・不動産 先進国株・新興国株・先進国国債・投資適格債券・ハイイールド債・バンクローン・コモディティ・不動産
ETF銘柄数 7銘柄 30~40銘柄
分配金 再投資 再投資
入金方法 銀行振込・クイック入金 銀行振込・クイック入金
リバランスタイミング 6ヶ月毎もしくは入出金が行われた時 毎月もしくは入出金が行われた時
運用パターン 5通りのリスク許容度に基づいて運用 231パターンから投資者の目的に合わせて運用
本人確認書類 ・マイナンバーカード
・運転免許証
・マイナンバーカード
・運転免許証
自動税金最適化 対応 非対応
出金可能額 全額出金可能 10万円未満出金不可
出金までの期間 最短3営業日 最短4営業日

※2018年6月時点での情報を元に筆者作成

ウェルスナビ

ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビ初期投資額は10万円からとある程度まとまった資金が必要になります。厳選した7本のETFから5段階のリスク許容度から投資者に見合ったリスク許容度に合わせて自動的にポートフォリオを設定します。そのため、ウェルスナビは、ある程度の資金を保有している方や今までの投資経験があり、将来の資産運用を目的とした方に最適であると言えます。

ウェルスナビは、自動税金最適化機能(DeTAX)があるのも特徴です。ロボットアドバイザーは自動的にリバランスを行うため、リバランス時に保有している一部を売却する際に売却益が生じた場合所得税を支払う必要がありますが、ポートフォリオの中に損失が発生していた銘柄があった場合において同数量を売買することで税金を繰り延べすることができる機能です。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式サイト

THEO(テオ)

THEO(テオ)公式サイト

THEOは、初期投資額はたったの1万円からと少額ではじめることができるのが特徴で、まとまった資金が無い方でも気軽に始めやすいと言えます。THEO(テオ)は、運用目的別にポートフォリオを設定し231通りの中から、目的に見合った運用ができるのが特徴で、運用銘柄も豊富に用意されています。そのため、あらゆる運用目的に対応できることから、若い方でも住宅取得向けた中長期での運用を考えている方でも利用しやすいと言えます。

THEO(テオ)公式サイト

注意事項

当サイトで紹介している情報は2018年1月時点での情報です。運用を検討する際は、必ず公式サイトもしくは各社が公開しているホワイトペーパーをご参照ください。

当情報は投資の勧誘を目的とした記事ではございません。あくまでも、参考情報としてご活用いただき、投資の判断はお客様ご自身でお願いいたします。

ウェルスナビホワイトペーパー

THEO(テオ)ホワイトペーパー

関連記事

ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「楽ラップ」を徹底比較

ウェルスナビやTHEOで得た利益は確定申告が必要なのか?

近年話題となっているロボアドのメリットとデメリットは何がある?

ウェルスナビやTHEOなどのロボアドでも外国税額控除の適用で節税が可能!

おつり投資サービス「マメタス」と「トラノコ」を徹底比較

ロボアドと確定拠出年金(iDeCo)はどちらで運用すべきか?