ロボアド検討中の必見!ウェルスナビとTHEOを徹底比較

ロボットを活用した資産運用サービスであるロボアドを検討してる場合、ウェルスナビとTHEOのどちらにするか検討している場合、両者の違いを明確にした上で検討する必要があります。今回は、ロボアド2社のサービス内容を比較して紹介します。

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは?

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは、ロボットを活用して、投資を行う上でのポートフォリオの提案や運用その物を自動的に行いポートフォリオの最適化が行える投資サービスです。

これまでに投資経験が無い方でも気軽に投資の運用をお願いできるサービスとしてウェルスナビとTHEOを紹介しています。また、THEOはNTTドコモと提携してTHEOの運用でdポイントが貯めることができるTHEO+docomoの提供も行っています。

両者は、簡単な質問に応えるだけで投資者のリスク許容度を判断した上で最適なポートフォリオを提案した上で、そのリスク許容度に沿った形で自動的に運用が行えます。

投資を自動的に運用できる「ロボアドバイザー(ロボアド)」が話題となっています。これまで、投資を始めるには経済や金融に関する知識が必要になるなど何...

ウェルスナビとTHEO、THEO+docomoを比較

ウェルスナビ THEO THEO+docomo
初期投資額 10万円 10万円 1万円
積立 1万円以上1円単位 1万円以上1,000円単位 1万円以上1,000円単位
手数料 3,000万円まで1%(税込1.1%)
3,000万円超0.5%(税込0.55%)
3,000万円まで0.65%~1%(税込0.715%~1.1%)
3,000万円超は0.5%(0.55%)
0.65%~1%(0.715%~1.1%)
ETF銘柄数 7銘柄 30~40銘柄 30~40銘柄
リバランス 入出金時・6ヶ月毎 入出金時・毎月 入出金時・毎月
運用パターン 5通り 231通り 231通り
自動税金最適化 対応 未対応 未対応
出金可能額 全額 10万円以上 10万円以上
出金可能期間 最短3営業日 最短4営業日 最短4営業日

 

ウェルスナビ

ウェルスナビは初期投資額は10万円からとある程度まとまった資金が必要になります。厳選した7本のETFから5段階のリスク許容度から投資者に見合ったリスク許容度に合わせて自動的にポートフォリオを設定します。

手数料は3,000万円未満は年率1%(税込1.1%)で運用可能です。

自動税金最適化機能(DeTAX)があるのも特徴で、リバランス時にポートフォリオの中に損失が発生していた銘柄があった場合において同数量を売買することで税金を繰り延べが可能です。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボアド」に注目が集まってい...

THEO(テオ)

THEOは、初期投資額は10万円からはじめることが可能で、THEO(テオ)は、運用目的別にポートフォリオを設定し231通りの中から、目的に見合った運用ができるのが特徴で、運用銘柄も豊富に用意されています。

一方で、NTTドコモと提携して提供しているTHEO+docomoでは、初期投資額1万円から始めることができます。

カラー 手数料 運用残高
ホワイト 1%(税込1.1%) 1万円未満
ブルー 0.9%(税込0.99%) 1万円以上50万円未満
グリーン 0.8%(税込0.88%) 50万円以上100万円未満
イエロー 0.7%(税込0.77%) 100万円以上1000万円未満
レッド 0.65%(税込0.715%) 1000万円以上3000万円以下

また、運用手数料については、運用残高が3,000万円を超える場合は0.5%(税込0.55%)、1000万円以上3000万円以下は0.65%(税込0.715%)、100万円以上1000万円未満は0.7%(税込0.77%)、50万円以上100万円未満は0.8%(税込0.88%)、1万円以上50万円未満は0.9%(税込0.99%)、1万円未満は1%(税込1.1%)となります。

THEO+docomoの場合も3,000万円以下の運用であれば、同様の手数料形態で利用可能となっています。さらに、運用残高に応じてドコモのdポイントが付与され、貯まったポイントは普段の買い物や通信料金の割引に充当可能です。

その他、dカードと組み合わせることでおつり投資も可能になるなど、THEOに加え、ドコモ独自のサービスを付帯して利用することができます。

ロボアドによる資産運用を検討されている場合、予め運用実績を確認することが重要です。ロボアドによる投資サービスを提供しているTHEOのサービス概要...
ロボットを活用して自動運用が可能なロボアドのTHEOは、NTTドコモと提携してドコモ利用者向けの運用サービスとして「THEO+docomo」を提...

THEO+docomo公式サイト

注意事項

当サイトで紹介している情報は2018年1月時点での情報です。運用を検討する際は、必ず公式サイトもしくは各社が公開しているホワイトペーパーをご参照ください。

当情報は投資の勧誘を目的とした記事ではございません。あくまでも、参考情報としてご活用いただき、投資の判断はお客様ご自身でお願いいたします。

ウェルスナビホワイトペーパー

THEO(テオ)ホワイトペーパー

関連記事

ウェルスナビやTHEOが倒産したら運用資産は保障されるのか?

ロボアドでも外国税額控除の適用で節税が可能!その制度概要を解説

FOLIO ROBO PROはいくらから売却できる?売却可能額と売却時の注意点

「ウェルスナビ」の口座開設方法を徹底解説

ロボアド4社の運用概要と運用成績を徹底比較

ウェルスナビのNISAサービス「おまかせNISA」の長所と短所を解説