少額投資非課税制度(NISA)とは何か?制度概要を徹底解説

近年では、政府が個人マネーを投資に振り向け経済成長を後押しするためにも、「貯蓄から投資へ」というキーワードの元、様々な制度を整えています。

その1つとして2014年1月に始まった「少額投資非課税制度(NISA)」があります。NISAは、投資で得た利益や分配金など対する税優遇制度で、個人の資産形成をバックアップするための手段として活用を進めています。

今回は、「少額投資非課税制度(NISA)」の制度概要について解説します。

少額投資非課税制度(NISA)とは?

少額投資非課税制度(NISA)とは、Nippon Individual Savings Accountの略で、個人向けに少額での資産形成を後押しするために、投資で得た利益や分配金などが最長5年間にわたり非課税となる税優遇制度です。

NISAのモデルは、英国で個人の資産形成用の制度として個人貯蓄口座「Individual Savings Account」が提供されていますが、これをモデルとして日本版ISAとして2014年1月よりスタートしました。

英国で提供されているISAは、約1,400万口座あると言われており、およそ1912億ポンド(約23兆円)の個人資産が運用されています。
そのため、政府が個人に投資を後押しするための制度として提供をはじめました。

年間120万円までの投資が最長5年間にわたり非課税に

一般的に投資を行う場合、投資で得た売却益や利益など投資家に分配する配当金や分配金には「所得税」が課税されます。この所得税の税率は20.315%に設定されています。

例えば、100万円投資して、200万円になった時点で売却した場合、ここで得られた売却益は100万円になります。その売却益100万円に対して20.315%の所得税が課税されるため、手元に残る金額は約80万円となってしまいます。

そこで、NISAを活用することで、売却益や分配金に対する課税が非課税にすることができます。

ただし、NISAは非課税となる投資枠が定められています。その投資枠は年間で120万円までとなっています。それを最長5年間にわたり運用することができます。そのため、年間の投資枠120万円を5年間運用すると、トータルで非課税となる金額は600万円となります。

一方で、年間の投資枠120万円を使い切ら無かった場合は、残りの投資枠は翌年に繰り越すことはできませんので注意が必要です。

5年間の非課税期間が終了後も翌年にロールオーバーが可能

NISAを使って非課税の期間である5年間が終了したときは、翌年の非課税投資枠にロールオーバーすることが可能です。ロールオーバーを行う際に、年間の投資枠120万円を超過していても全ての金額を翌年の非課税投資枠に移すことができますので、さらに長期的な資産形成が可能になります。

もちろん、ロールオーバーせずに、非課税の適用はなくなりますが、一般口座もしくは特定口座に移すこともできます。また、ご自身の判断で現金化することも可能です。

対象者は日本在住の満20歳以上

NISA制度が利用できるのは、日本に在住している満20歳以上の方となります。NISA制度を利用するためには、証券会社などの金融機関にNISA口座の開設を行う必要があります。

NISA口座の開設は原則1人1口座となっており、複数の金融機関にNISA口座を開くことはできませんので注意が必要です。ただし、1年単位で金融機関の変更ができます。変更する場合は、変更したい年の9月末に手続きを行う必要があります。

口座を開設する際に「マイナンバーカード」が公的な身分証明書として必要になります。

少額投資非課税制度(NISA)の投資商品

NISAで投資できる投資商品は以下の通りです。

1.国内個別株
2.海外個別株
3.投資信託
4.国内上場投資信託(ETF)
5.海外上場投資信託(ETF)
6.上場投資証券(ETN)
7.国内不動産投資信託(国内REIT)
8.海外不動産投資信託(海外REIT)
9.新株予約権付社債

債券や外国為替証拠金取引(FX)、先物取引、コモディティなどはNISA制度の対象外となりますので注意が必要です。

NISAでおすすめしたい金融機関

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は、NISA口座開設数No.1の証券会社で、2017年6月時点で100万口座を突破した人気が高いネット証券です。

NISA口座を利用することで国内株式とETFの売買手数料が無料の他、海外9カ国の株式とETFの買付手数料が無料となります!

また、分散投資を行いたい方にも嬉しい、投資信託の取り扱いも豊富で、2018年8月時点で2510本以上、そのうち、販売手数料が無料となるノーロードファンドが1220本以上取り扱っています。NISAの非課税枠の恩恵だけではなくく運用時のコストを抑えて運用できるのも大きな魅力です!

更に、SBI証券の特筆すべき点としては、IPO銘柄の取り扱いも豊富で、2016年にはNISAで買い付け可能なIPO数は76件とネット証券の中では最多となっています。非課税の恩恵を受けつつ、上場仕立ての銘柄に投資することで短期間での値上がり益が期待できるのも魅力の一つです。

SBI証券に口座開設

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天グループのネット証券である楽天証券もNISAをお得に活用できる証券会社です。

NISA口座を使うことで、国内株式とETFの売買手数料が無料の他、海外6カ国の株式とETFの買付手数料をキャッシュバックしてくれますので、実質手数料無料で投資できます。また、投資信託の取り扱いもSBI証券と並んで豊富で、2018年8月時点で2622本で、そのうちノーロードファンドが1296本となっており、非課税の恩恵と低コスト運用が両立できます。

楽天証券に口座開設

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、マネックスグループのネット証券です。マネックス証券もNISAでお得に投資できるサービスを提供しています。

NISA口座を利用して国内株式とETFを取引する場合、売買手数料が恒久的にに無料となります。また、海外2カ国(米国と中国)の株式もしくはETFの買付手数料をキャッシュバックしてくれますので、実質無料で購入できます。投資信託の取り扱いは1137本で、その内712本がノーロードファンドとなっています。

また、マネックス証券の特徴としては、米国株式の取り扱い銘柄数が3,000銘柄とネット証券の中では最多となっています。NISA口座を利用して米国に投資したい方にはおすすめできる証券会社です。

マネックス証券に口座開設

関連記事

少額投資非課税制度(NISA)を活用した投資で金融機関の選び方を解説

ジュニアNISAを使って資産を構築するためにすべきことと銘柄を選ぶヒント

2018年1月よりスタートした「つみたてNISA」とは何か?制度概要を徹底解説

NISAでの損切りはおすすめしない!損失が発生したときの対処方法

NISAなのに非課税にならない!?配当金や分配金の受け取りで必ず確認すべきこと

少額投資非課税口座(NISA)は証券会社と銀行どちらが良いのか?