NYダウとは何か?指数の概要について徹底解説

米国の株式市場を代表する指数として「NYダウ」があります。日本では2018年1月3日に紹介した「日経平均株価」が代表的な指数として普段のニュースでよく耳にしますが、日経平均株価と同様にNYダウは、米国のみならず世界の経済動向を把握するための重要な株式指数となっています。今回はNYダウの指数について詳しく紹介します。

NYダウとは

NYダウとは、米国株式市場を代表する株式指数で、米国のみならず世界の経済状況を把握する上で需要な指数として活用されています。通常は「NYダウ(ニューヨークダウ)」と呼ばれることが多いですが、日本語では「ダウ平均株価」の他、「ニューヨーク平均株価」、「ダウ工業株30種平均」と呼ばれることもあります。

ニューヨーク証券取引所、または、ITやハイテク銘柄を中心に構成されているナスダック市場に上場している30銘柄の平均値動きを示した指数です。平均値動きであるため、2018年1月3日に紹介した、日本の東京証券取引所に上場している225銘柄の平均値動きを示した「日経平均株価」と同様の特性を持つ指数です。

株式投資を行う方ににとって、日本の株式相場を判断する指数として「日経平均株価」があります。普段のニュースでもよく耳にすることから、株式投資を行っ...

指数に組み入れられている銘柄は業種が隔たらない様にバランスが取られており、定期的に組み入れ銘柄を見直して入れ替えが行われます。

NYダウの取引時間は、現地時間(ニューヨーク)で9時30分から16時00分までです。日本時間では標準時間であれば23時30分~翌日の6時00分、サマータイムでは1時間早くなり22時30分~翌日の5時00分となります。



NYダウに組み入れられている銘柄

NYダウは1896年にわずか12銘柄で始まりましたが、1928年に2018年時点同様の30銘柄となりました。当初はニューヨーク証券取引所に上場している銘柄のみで構成されていましたが、近年では情報社会の進展に伴い、IT関連の銘柄が多く上場しているナスダック市場より「マイクロソフト」と「インテル」を1999年に組み入れたことで、ニューヨーク証券取引所とナスダック市場に上場している銘柄で構成されるようになりました。

2018年2月時点においてNYダウに構成されている30銘柄は以下の通りです。

シンボル 銘柄名 指数採用日 上場市場
APPL アップル 2015年3月19日 ナスダック
AXP アメリカン・エキスプレス 1982年8月30日 ニューヨーク証券取引所
BA ボーイング 1987年3月12日 ニューヨーク証券取引所
CAT キャタピラー 1991年5月6日 ニューヨーク証券取引所
CSCO シスコシステムズ 2009年6月8日 ナスダック
CVX シェブロン 2008年2月19日 ニューヨーク証券取引所
DIS ウォルト・ディズニー・カンパニー 1991年5月6日 ニューヨーク証券取引所
DWDP ダウ・デュポン 2017年9月1日 ニューヨーク証券取引所
GE ゼネラル・エレクトリック 1896年5月26日 ニューヨーク証券取引所
GS ゴールドマン・サックス 2013年9月20日 ニューヨーク証券取引所
HD ホームデポ 1999年11月1日 ニューヨーク証券取引所
IBM アイ・ビー・エム 1979年6月29日 ニューヨーク証券取引所
INTC インテル 1999年11月1日 ナスダック
JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 1997年3月17日 ニューヨーク証券取引所
JPM JPモルガン・チェース 1991年5月6日 ニューヨーク証券取引所
KO ザ コカ・コーラ カンパニー 1987年3月12日 ニューヨーク証券取引所
MCD マクドナルド 1985年10月30日 ニューヨーク証券取引所
MMM スリーエム 1976年8月9日 ニューヨーク証券取引所
MRK メルク 1979年6月29日 ニューヨーク証券取引所
MSFT マイクロソフト 1999年11月1日 ナスダック
NKE ナイキ 2013年9月20日 ニューヨーク証券取引所
PFE ファイザー 2004年4月8日 ニューヨーク証券取引所
PG プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) 1932年5月26日 ニューヨーク証券取引所
TRV トラベラーズ 2009年6月8日 ニューヨーク証券取引所
UNH ユナイテッド・ヘルス 2012年9月21日 ニューヨーク証券取引所
UTX ユナイテッド・テクノロジーズ 1939年3月14日 ニューヨーク証券取引所
V ビザ 2013年9月20日 ニューヨーク証券取引所
VZ ベライゾン・コミュニケーションズ 2004年4月8日 ニューヨーク証券取引所
WMT ウォルマート 1997年3月17日 ニューヨーク証券取引所
XOM エクソンモービル 1928年10月1日 ニューヨーク証券取引所



NYダウ株価の推移

出典:Yahoo! FINANCE – Dow Jones Industrial Average

NYダウは2018年の執筆時点から32年前の1986年には1,300ドル前後で取引されていました。その後は、一時的に下落に転じる場面もありましたが、全体的にはほぼ右肩上がりで株価が推移しています。

1987年10月19日に米国の貿易収支の赤字幅が大きく膨らんだことに加えドル安を打開するために金利の引き上げが懸念されたことにより、株価が大幅に下落した「ブラックマンデー」によって22.6%の下落率を記録しました。

その後は、2002年9月の「ドットコムバブル」によって1999年11月に11568ドル77セントの高値を記録した後、7591ドル93セントまで下落しています。続いて、2007年9月に14198ドル10セントの高値を記録した後、リーマン・ショックによっと2009年2月に7062ドル93セントと大きく下落しました。

リーマン・ショック後は、株価は大きく回復しており、2018年1月26日にNYダウ史上最高値である26616ドル71セントを記録しました。ただ、2018年2月7日の記事で記載した通り、良好な雇用統計から利上げを実施するとの予想から、好調な株価が一転し、2018年2月5日に24345ドル75セントと、前日比1175ドル21セントと過去最大の下落幅を記録しています。

米国の中央銀行であるFRBは景気動向に応じて利上げや利下げといった金利調整を行っています。株式市場においては、これまでFRBが利上げに転じた場合...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

東証株価指数(TOPIX)とは何か?指数の概要と日経平均との違いを解説

過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託...

米国株を売却して利益が得た場合は譲渡所得として課税されるのか?

米国株を取り扱っている日本国内の証券会社を紹介

S&P500指数とは何か?米国株に投資する前に知りたい指数概要と特徴を解説

米大統領就任3年目は株価は上がりやすい?米国大統領選挙と米国株式相場の関係性