株価が下落時もリターンが得られる!?インバース型(ベア型)ETFを紹介。

株価の下落局面が続くと利益追求は難しくなります。ただし、インバース型(ベア型)ETFを活用することで、株価の下落局面でも利益が得ることが期待できます。今回は、インバース型(ベア型)ETFの概要とその特徴を紹介します。

インバース型(ベア型)ETFとは?

インバース型(ベア型)ETFとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの指数に対して、反対の値動きを行う指数に連動するETFです。

ETFは、2018年1月5日の記事で記載していますが、日本語では上場投資信託と言い、証券取引所に上場している投資信託です。そのため、投資信託でありながら株式と同様に市場価格でリアルタイムに売買できます。

普段耳にする「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」といった指数は、平均的な株価の値動きや全体的な株価の値動きを把握するのに役立ちますが...

NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(青)の値動きとと日経平均株価(赤)の値動きの比較

インバース型ETFは、東京証券取引所に上場している225銘柄の平均値動きを示した日経平均株価に対して逆の値動きをする「日経平均インバース・インデックス」、東京証券取引所前銘柄の値動きを示した東証株価指数(TOPIX)に対して逆の値動きを行う「TOPIXインバース(‐1倍)指数」、収益率など投資家還元に積極的な銘柄で構成したJPX日経400の反対の値動きをする「JPX日経400インバース・インデックス」に連動します。

インバース型ETFは、下落時について熊が爪を振り下ろすというイメージに近いことから、それを揶揄した形でベア型とも呼ばれています。

下落局面でもリターンが得られる可能性がある!

インバース型(ベア型)ETFの大きな特徴としては、株価が下落局面でもリターンが得られる可能性が高いことです。

対象の指数と逆の値動きを行う指数と連動しているため、対象の指数の株価が下落したときには、インバース型(ベア型)ETFの株価は上昇し、逆に対象指数の株価が上場した場合、インバース型(ベア型)ETFの株価は下落することになります。

そのため、株価の相場に左右されずに継続的にリターンを得たいと考えている方や、現有の株式に対して値下がり分のリスクをヘッジする目的で利用できるETFであると言えます。



長期保有ではなく短期保有に最適

インバース型(ベア型)ETFは、短期で取引を行うように設計された投資商品であると言えます。

株価の下落は、一時的な場合が多いことや、基本的に株価は企業が収益をあげて企業成長に留まらず、経済を成長させていくことができれば、上下を繰り返しながら上昇していくものです。そのため、インバース型(ベア型)ETFを長期で保有していると、損失が膨らんでしまうことも考えられます。

また、インバース型(ベア型)ETFは、分配金といったインカムゲインには期待できず、稼ぐ手段としては株価の下落時に短期的に利益をあげていく方法に特化した投資商品であると言えます。

インバース型(ベア型)ETF一覧

株価が下落時にリターンが狙えるインバース型(ベア型)ETFにはどの様な銘柄があるのでしょうか。代表的なインバース型(ベア型)ETFを3本紹介します。

1.NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信 (証券コード:1571)

NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信は、野村アセットマネジメントが運用するインバース型(ベア型)ETFで、日経平均株価の逆の値動きを行う「日経平均インバース・インデックス」に連動します。

ETFの運用管理費用である信託報酬は年率0.8%に設定されています。売買単位は1口単位となっており、2018年3月15日時点での株価は1705円で、2,000円からと少額でも取引が可能です。

2.ダイワ上場投信-日経平均インバース・インデックス(証券コード:1456)

ダイワ上場投信-日経平均インバース・インデックスは、大和証券グループの大和証券投資信託委託が運用しているインバース型(ベア型)ETFです。こちらも、日経平均株価の逆の値動きを行う「日経平均インバース・インデックス」に連動します。

信託報酬は0.75%で、売買単位は1口単位となっています。2018年3月15日時点の株価は7,400円で、7,000円から8,000円程度で取引ができます。


3.TOPIXベア上場投信 (証券コード:1569)

TOPIXベア上場投信は、シンプレクス・アセット・マネジメントが運用しているインバース型(ベア型)ETFです。こちらは、東証株価指数(TOPIX)の逆の値動きを行う「TOPIXインバース(‐1倍)指数」に連動します。

信託報酬は、0.75%で、売買単位は10口単位となっています。2018年3月15日時点での株価は3,175円で、10口であれば3万円前後で取引ができます。

インバース型ETFは、SBI証券楽天証券マネックス証券といったネット証券を活用することで気軽に売買できます。口座開設は無料で売買手数料も低コストで利用できるのが特徴です。短期売買を行う場合は、定額で利用できるプランも利用できます。

上場投資信託(ETF)投資におすすめな証券会社
サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
ETF銘柄数 米国:約1000銘柄
欧州:約1700銘柄
香港:約70銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
売買手数料 米国:0.025%
欧州:0.1%
香港:0.25%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
韓国:0.9%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
無料ETF 9銘柄 9銘柄 27銘柄

上場投資信託(ETF)を活用して投資する場合、ETFの取扱銘柄数と売買手数料のやすさを考慮して選ぶことが重要です。

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークの投資銀行サクソバンク傘下の証券会社で外国株式の取り扱いに強みがあります。同社は海外市場に上場しているETFを約2700銘柄取り扱っています。米国市場に上場しているETFであれば、売買手数料は0.025%と安価に売買できます。

サクソバンク証券公式サイト

SBI証券

SBI証券では、東京証券取引所に上場しているETFに加え、外国市場に上場しているETF約300銘柄を扱っています。売買手数料は国内は5万円までは50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社といった対象の9銘柄のETFを活用することで買付手数料無料で利用できます。

SBI証券公式サイト

楽天証券

楽天証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国、シンガポール市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は国内であれば5万円まで50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社、ゴールドマンサックスアセットマネジメント社が運用している合計9社のETFが無料で買付できます。

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は10万円以下は100円、米国市場は約定代金の0.45%、中国市場は約定代金の0.25%で取引できます。外国ETFのウィズダムツリー社が提供しているETF、27銘柄を対象に無料で売買が可能となっています。

マネックス証券公式サイト

関連記事

ポイント投資サービス「マネーハッチ」の概要を徹底解説

東証株価指数(TOPIX)が丸ごと買える!?TOPIX連動型ETFを紹介

こんな投資信託には要注意!購入前に避けるべき5つのポイント

投資信託の運用でコストを抑えるポイントを徹底解説

人気上昇中の投資信託「ひふみ投信」とは?その特徴と運用成績を解説

投資信託のインデックスファンドとアクティブファンドの違いは何か?