証券取引所とは何か?株の売買の仕組みをわかりやすく解説

普段経済のニュースでよく「証券取引所」という言葉を耳にします。なんとなく株式を扱っているということは想像できる方は多いかと思いますが、具体的に何をしているのかを明確に答えられる方は多くはないと思います。

今回は、証券取引所とは何をしているところなのか気になっている方、これから株式投資を始めてみたいと考えている方に証券会社の概要と株の売買の仕組みを解説します。

証券取引所とは株式の売買を仲介する

証券取引所の仕組み(筆者作成)

証券取引所とは、企業が資金調達のために発行した株式の売買を仲介を行っている場所です。

普段我々が株式を購入する場合、一般的に証券会社を通じて購入します。証券会社は顧客から受けた注文に従って、証券取引所を通じて対象の株式の売り手から購入することになります。

一方で、株式を売却する際も同じで、顧客が証券会社に対して売り注文を行った場合は、証券会社は証券取引所を通じて株式を買い手に売却します。

株式の仕組みについては以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

近年では株高が続いていることから、2018年は新たに株式投資を始めてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。今回は、新たに株式投資を始め...

証券取引所での売買は上場基準を満たす必要がある

企業は、事業活動を行うにあたり株式を発行して資金調達を行いますが、今回紹介している証券取引所で売買できる株式は、国内すべての株式会社の株式が売買できるわけではありません。

証券取引所で売買できるのは、財務内容や純資産額、株式数、株主数といった上場基準を満たしている必要があります。そのため、より多くの方が自由に売買できるようにすることで、証券取引所は、取り扱っている株式の価値について一定の信頼性を担保する役割もあると言えます。

ちなみに、証券取引所を通じて誰もが株式を購入できる会社を「上場会社」、証券取引所に上場しておらず、株式の売買を自由にできない会社を「非上場会社」と呼びます。

2018年3月時点では、日本の証券取引所で売買されている株式は約3600社以上となっています。

株式の売買はオークション方式で行われる

証券取引所を通じて株式を売買する際は、オークション方式(競売方式)が採用されており、「価格優先の原則」と「時間優先の原則」の2つの原則に基づいて取引を成立させます。

価格優先の原則

価格優先の原則は、買い注文においては価格が高い方が優先されますが、売り注文においては価格が低い方が優先されます。そのため、株式を発注する方法として、注文が成立した価格で約定する「成行注文」と、予め価格を指定して約定する「指値注文」がありますが、成行注文は価格をしてしないため優先的に注文が受け付けられます。

時間優先の原則

時間優先の原則は、仮に同じ値段で売買注文が複数行われた場合、注文が行われた時間が早い方が優先して注文が受け付けられます。

証券取引所では、株式の売買を行う際には、一つ一つの注文に対して不正な取引が行われていないかを監視し、常に、正常な取引を維持する役割も担っています。

国内に証券取引所は4都市にある

日本国内には、東京にある東京証券取引所の他、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所があります。

大阪取引所については、現物株式の売買については2013年に東京証券取引所と統合され、日本取引所グループが発足したことで、現物株式の売買は東京証券取引所、大阪証券取引所は大阪取引所と名称変更した後に、先物など金融派生商品の売買を取り扱う取引所とすみ分けが行われました。

DMMが株取引サービス「DMM 株」をリリース!

DMMは株式売買サービス「DMM 株」を2018年4月4日からスタートしました。業界最水準の手数料設定の他、豊富な取引ツールで初心者から上級者まで納得できるサービスとなっています。

・現物取引の手数料は最低50円信用取引は80円均一の手数料設定!
・取引手数料に対して1%のポイント還元を実施!
・PCやスマホで取引できる高機能な取引ツールを用意!
・取引ツールは「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2つを用意!
・DMM FXとの資金振替が可能!

DMM 株に口座開設

関連記事

株式投資管理は「myTrade(マイトレード)」がおすすめ!アプリの特徴を解説

株主総会の招集通知が来ないときの対処方法

株式投資する前に知っておきたい5つの利益をわかりやすく解説

原油価格上昇における株価への影響とは?

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

人はなぜ投資に失敗するのか?その3つの要因