仮想通貨はどうやって買える?買い方をわかりやすく解説

近年、話題となっている仮想通貨ですが、なんとなく興味はあるが、どうやって購入できるのかいまいちわからないと考えている方は多いのではないでしょうか?また、仮想通貨取引所についても、不正流出事件が起こったこともあり、安全に取引するにはどこを選べばよいのかわからないと感じている方も多いようです。

今回は、初めての方に仮想通貨の概要を触れ、仮想通貨の取引の仕組みから買い方を紹介します。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上でやり取りできるデジタル通貨で、英語ではVirtualCurrencyもしくはCryptoCurrencyと呼ばれています。

普段、我々が日常的に使用している日本円や米ドルなどの法定通貨は国家の中央銀行が発行しており、日本では日本銀行(日銀)、米国では米連邦準備制度(FRB)の権限によって発行されています。

仮想通貨の場合は、法定通貨とは異なり、中央銀行が存在しないため実質管理者が不在である特徴があります。また、匿名での取引が可能なことから、マネーロンダリングなど不正に使われる懸念があります。

しかしながら、近年では、仮想通貨の取引の履歴を各ノード(コンピューター)に同期して分散して記録できる「ブロックチェーン技術」により、すべて暗号化された状態で取引履歴を記録し、常に取引が監視されていることから、今後は個人間送金や国際送金など、既存の通貨では不便とされていた課題が解決できることに期待できるなど、将来性に期待が高まっています。

仮想通貨に関する詳しい内容については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

近年、ビットコインを始めとする仮想通貨の取引が若年層を中心に人気が加熱しています。人気が加熱していることもあり、仮想通貨の価格が急騰していること...

仮想通貨取引所を利用して購入可能

仮想通貨を手に入れるには、主に2通りの方法があります。1つ目は、仮想通貨を採掘する「マイニング」を行う方法と、2つ目は、仮想通貨そのものを日本円や米ドルなどの法定通貨で購入する方法です。

マイニング

1つ目のマイニングに関する詳しい内容については、別途記事にして解説する予定ですが、先ほど仮想通貨はブロックチェーン技術によって、各ノードで取引履歴を共有していることをお伝えしました。その際に取引を監視して取引を承認を行う必要があります。その作業を実施している人を「マイナー」と呼び、取引を承認する毎に報酬として仮想通貨が支払われます。そのため、金の採掘に煮立てて、取引を承認する作業を「マイニング」と呼んでいます。

ただし、マイニングは、高スペックなコンピューター設備を必要とすることや、常にコンピューターを起動させておく必要がるため、電気代が多く発生します。そのため、個人でマイニングを行うには、少しハードルが高く、収益もあまり期待できないと言えます。

仮想通貨を購入する

個人で、手っ取り早く仮想通貨を手にする方法としては、やはりお金を出して仮想通貨を購入する方法です。

後程、紹介する仮想通貨取引所を利用することで、普段我々が利用している日本円を使って仮想通貨を購入することができます。

ただし、仮想通貨はご存知とは思いますが、常にレートが変動していることから、対象の仮想通貨対日本円でレートが購入時より安くなってしまった場合、評価額がマイナスになってしまうことも考えられます。一方で、購入時よりレートが高くなれば、その分、為替差益が得られるメリットがあります。

仮想通貨の購入する際の仕組み

仮想通貨は、取引所を利用して購入することができますが、購入するにあたり口座開設を行う必要があります。また、口座開設を行うにあたり、本人確認書類の提出が義務づけられています。詳細については、後程紹介する取引所にて確認してください。

仮想通貨の購入する際の仕組みとして、株の取引方法と何かと似ていると感じる方は多いかと思いますが、株取引とは、根本的な取引の仕組みが大きく異なっています。

まず、株取引の場合、基本的に証券会社に口座を開設して購入したい銘柄を指定して発注を行いますが、購入する株は、証券会社が在庫として保有しているものではなく、株式の売買を仲介している証券取引所を通じて、証券会社が注文を受けた同じ金額で売却する相手を探し、買い手と売り手の間で価格が一致した場合のみ取引が成立し、無事に株を購入できます。

この仕組みを「オークション方式(競売方式)」と言い、購入する場合は注文価格が高い方が優先され、売却する場合は注文価格が安い方が優先される「価格優先の原則」また、注文が行われた時間が早い方が優先となる「時間優先の原則」に基づいて取引が行われます。

株取引の仕組みについての詳細は、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

普段経済のニュースでよく「証券取引所」という言葉を耳にします。なんとなく株式を扱っているということは想像できる方は多いかと思いますが、具体的に何...

一方で、仮想通貨の取引は、仮想通貨の取引所が、あらかじめ海外から仕入れて在庫として保有している仮想通貨を顧客に販売する方式を採っています。そのため、仮想通貨を購入する場合は、口座開設を行った取引業者から購入することになります。これは、2018年3月23日の記事で記載したFX(外国為替証拠金取引)と同様の仕組みで「マーケットメーク方式」を採用しています。

為替レートの推移を利用して差益を稼ぐ投資商品として「FX(外国為替証拠金取引)」があります。書店に行くと、FXのノウハウを記載した書籍が多く陳列...

ここで呼ばれる仮想通貨の取引所とは、株式の証券取引所とは異なり、あくまでも海外から仕入れた仮想通貨を顧客に販売する業者のことで、すべての仮想通貨の取引を仲介しているわけではありません。

仮想通貨の取引業者は、顧客に仮想通貨を販売する場合、本来のレートに手数料を上乗せした形で顧客に販売します。そのため、購入時の価格と売却時の価格に差額が発生します。この差額のことを「スプレッド」と呼び、スプレッドが小さければ小さいほどコストを抑えて取引ができます。

ただ、ビットフライヤーの場合は、この「マーケットメーク方式」の他に、顧客との間で、オークション方式で取引できるサービスも提供しています。

代表的な仮想通貨取引所

仮想通貨が購入できる代表的な仮想通貨取引を3業者紹介します。当サイトでは顧客の安全性を考えて金融庁から正式に登録が認可された取引業者のみを紹介します。

仮想通貨取引業者の金融庁への登録に関する詳細については以下の記事を合わせてご覧ください。

仮想通貨の売買が活況を呈しています。ただ、2018年1月26日に仮想通貨の取引所「コインチェック」より約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)...

1.DMM Bitcoin

https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、動画配信サービスのDMMが提供している仮想通貨取引所です。同社はこれまでFX取引所を展開していましたが、2018年1月より新たに仮想通貨取引所に新規に参入しました。

同社の大きな特徴は、日本円の入出金手数料が無料である他、指値注文や逆指値注文、OCO、IFD、IFOといった多彩な注文方法に対応しており、状況に応じて文方法を使い分けている方に使いやすい取引所であると言えます。

レバレッジは最高5倍までかけることができるほか、チャートツールも移動平均線や一目均衡表、MACD、RSIなど多数のテクニカル指標を活用して取引ができます!

取引可能な仮想通貨は以下7通貨です!

1.ビットコイン
2.イーサリアム
3.NEM
4.リップル
5.ライトコイン
6.イーサリアムクラシック
7.ビットコインキャッシュ

DMM Bitcoin公式サイト

2.ビットトレード

https://lp.bittrade.co.jp/

ビットトレードは、FXトレード・フィナンシャル(FXTF)が運営する仮想通貨取引所で、これまでのFX事業のノウハウを生かしたサービス展開と管理体制で安心して取引ができるのが特徴です。

FXのノウハウを生かして、チャートツールなど高機能な取引ツールが充実しており、100を超えるテクニカル分析が可能なTradingViewや、トレンドラインや一目均衡表、通貨ペアの比較分析が可能です!

取引ができる仮想通貨は以下の通りです。特に、ビットコインに次いで注目されているリップルが取引ができます!

1.ビットコイン
2.リップル
3.モナコイン
4.イーサリアム
5.ライトコイン

ビットトレード公式サイト

3.ビットフライヤー

ビットフライヤーは、日本において取引量がNo.1の仮想通貨取引業者です。同社の特徴はセキュリティを重視しており、顧客の資産保護を最優先で、本人確認の厳格化はもちろん、二段階認証の導入、サイバー攻撃などを受けて万が一仮想通貨が流出した場合に備えて、最高500万円までの保証が可能となっています!

購入できる仮想通貨は2018年3月現在以下7通貨です。

1.ビットコイン
2.イーサリアム
3.ビットコインキャッシュ
4.イーサリアムクラシック
5.ライトコイン
6.モナコイン
7.リスク

まだ、同社は独自でポイントサイトを運営しており、サイト経由でネットショッピングをすることで、ビットコインが無料でキャッシュバックされます!

bitFlyer公式サイト

(著者)吉川隆道

ビットコインは「DMM Bitcoin」がおすすめ!

https://bitcoin.dmm.com/

DMMは2018年1月より新規に仮想通貨取引所に参入し、「DMM Bitcoin」としてサービスを開始しました!同社は仮想通貨登録業者として「関東財務局長00010号」を取得しており、金融庁が規定した水準をクリアしており安心して取引が可能です。

・仮想通貨14通貨を取り扱い!
・初心者から上級者まで使いやすい取引ツールを用意!
・7通貨でレバレッジを利用して効率的な取引を実現!
・指値注文や逆指値注文、OCO、IFD、IFOといった多彩な注文方法に対応!
・日本円の入出金手数料が無料で低コストでの取引を実現!
・コールドストレージでオフライン保管で万が一でも安心
・自社資産と顧客の資産を分別して管理

DMM Bitcoinに口座開設!

関連記事

仮想通貨の取引を健全にするために解決すべき4つの問題点

ビットコインを代表する仮想通貨とは何か?通貨の仕組みについて徹底解説

要注意最悪逮捕も!仮想通貨の運用収益で脱税が出来ない理由

ビットコインを確実に無料でもらう方法を紹介!

仮想通貨取引所「bitFlyer」の口座開設方法を解説!

仮想通貨取引所「bitFlyer」の解約方法を徹底解説