SBI証券で個人向け国債を購入する手順を徹底解説

日銀が2016年2月に実施したマイナス金利政策により銀行預金の金利が低い状況が続いている中、元本を確保しながら少しでも高い利回りを求めたいと考えている方にお勧めなのか日本国が個人向けに発行している国債「個人向け国債」を購入する方法です。

すでに、当サイトでも個人向け国債の商品概要については紹介していますが、今回、筆者が実際にネット証券であるSBI証券を通じて、個人向け国債を購入してみましたのでその手順を解説します。

個人向け国債とは?

個人向け国債とは、我々が住んでいる(海外の方に居住されている方もいるかともいますが)日本国が個人向けに発行した国債です。

国債は、国が資金調達のために発行した借用証書に該当するもので、国債と引き換えに国はお金を借りることになります。国債には借入金額や返済期間、利息などの貸付条件が明記されており、お金を貸しているということが証明できます。

ただ、個人向け国債の場合は、実際に紙の借用証書が発行されるわけではなくすべて電子化されており、電子記録によって管理されています。

個人向け国債は、最低金利が0.05%保証されていることに加え、株式などの投資商品と比べ元本割れのリスクがありません。また、最低1万円からと少額で購入可能なことに加え、1年間経過後は中途換金も可能となっていますので、万が一、現金が必要になった場合でも安心です。

2018年3月時点で発行されている個人向け国債は、変動金利で貸付期間が10年間の「変動10年」と、固定金利で貸付期間が5年間の「固定5年」、固定金利で貸付期間が3年間の「固定3年」の3種類があります。

個人向け国債の商品概要についての詳しい内容は以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください。

2016年2月に日本銀行が実施したマイナス金利政策により銀行預金の低金利状態が続いています。そのため、銀行預金に普段使わないお金を預けていても効...

SBI証券にログインし個人向け国債のページにアクセス

実際にSBI証券で個人向け国債を購入する手順を解説します。ここでは、既にSBI証券に口座開設が済んでいるものとして説明を進めていきます。

SBI証券のマイページにログイン後、「債券」をクリックして債券のページにアクセスします。

https://www.sbisec.co.jp/

債券のページの中程に「国債」の項目内に「個人向け国債」のリンクがありますので、クリックします。

https://www.sbisec.co.jp/

その後、上記個人向け国債のページに遷移したことを確認します。

SBI証券公式サイト

申し込みたい発行期間を選択する

個人向け国債のページより、「変動10年」と「固定5年」、「固定3年」の3つの貸付期間から、申し込みたいものを選択します。

https://www.sbisec.co.jp/

今回は、「変動10年」を申し込むことにしましたので「変動10年」の「お申し込み」リンクをクリックします。また、中程にある黄色い「個人向け国債のお申込みはこちら」のボタンをクリックしても同様に申し込みが可能です。

https://www.sbisec.co.jp/

その後、選択した個人向け国債の発行条件など詳細事項が記載されていますので、内容を一読します。条件に同意できれば「お申し込みはこちら」のボタンより手続きを進めます。

買い付け金額を指定する

https://www.sbisec.co.jp/

次に、買い付け金額を指定します。金額は1万円以上1万円単位となっています。

買い付け数量(額面)に1万円単位毎に、買い付けしたい金額を入力します。

数量の入力が完了後、「取引パスワード」を入力し、赤い「注文確認画面へ」のボタンをクリックして次に進めます。

注文内容を確認し、発注する

https://www.sbisec.co.jp/

最後に、注文内容を確認します。購入したい個人向け国債の種類(貸付期間)と、買い付け数量が申込内容と一致しているか確認します。

債券約定予定日は、営業日内であれば当日約定予定となりますが、夜間や土日祝日の場合は翌営業日となります。実際に債券が受け渡される「債券受渡予定日」は、注文が約定してから4営業日後になりますので、合わせて日付を確認しておきます。

預かり区分については、債券の場合は特定預りとなります。債券で支払われる利息については源泉分離課税となり、利息が支払われた時点で20.315%課税され、税の手続きが終了し確定申告が不要になります。また、個人向け国債は少額投資非課税制度(NISA)口座や一般口座での買い付けはできませんので、あらかじめ留意しておきましょう。

注文内容に問題がなければ、「注文発注」ボタンをクリックして発注します。

個人向け国債におすすめしたい証券会社

今回SBI証券で個人向け国債を購入する手順を紹介しましたが、個人向け国債を購入する際におすすめの証券会社を紹介します。

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は、口座開設数が約400万口座を超えており、ネット証券における口座数はNo.1を記録しています!

インターネットで取引できるため、24時間365日、いつでも好きな時に個人向け国債を購入することができます!また、個人向け国債を購入する際の手数料も無料です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループが提供しているネット証券です。口座開設数が200万口座となり多くのお客様から支持されています。こちらもインターネット24時間365日ご自身の都合がよい時に、個人向け国債を購入できることに加え、個人向け国債を購入には一切手数料はかかりません!

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券です。同社は、米国株式の取扱いが豊富であり、外国株に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。こちらも、個人向け国債を扱っており、インターネットで24時間好きな時間に手数料無料で個人向け国債が購入可能です。

マネックス証券公式サイト

自動投資は預かり資産と運用者数国内No.1のウェルスナビ!

2018年6月よりテレビCMを開始したウェルスナビは、国内で預かり資産と運用者数がNo.1のロボットアドバイザーです。世界中の株式や債券、不動産、商品を対象にロボットが自動で分散投資を行ってくれますので、投資に縁がなかった方でも複雑なこと考えずに長期的な運用が実現します。

1.5段階のリスク許容度に応じた運用が可能!
2.世界中の株式、債券、不動産、商品に分散投資が可能!
3.初期投資額はたったの10万円から!
4.毎月1万円以上1円単位で積立投資も可能!
5.手数料は年率1%とシンプルな手数料構成
6.相場に左右されず腰を据えた投資が可能!
7.税金の支払いを繰り延べできる自動税金最適化(DeTAX)に対応!

ウェルスナビ公式サイトはこちら!

関連記事

社債の種類とそれぞれの特徴を解説

証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

債券はどうやって買える?債券の購入方法を解説

銀行預金よりも利回りが高く低リスク!個人向け国債の紹介

債券投資する前に確認したい信用格付の確認方法を解説