ウェルスナビやTHEO(テオ)などのロボアドは相続手続きはできる?

株式や投資信託、債券などの有価証券を保有している場合、万が一、保有者が死亡した場合は相続の手続きが必要となります。通常の証券会社で有価証券を保有していた場合は、相続人が指定する証券口座に移管することとなっています。

ただ、ウェルスナビTHEO(テオ)楽ラップは、ロボットが上場投資信託(ETF)を自動で運用するため、相続時の対応が気になります。今回は、ロボアドで運用中に相続が発生した場合における対応方法について調べてみましたので紹介します。

相続時は現金化して受け渡し

運用一任型のロボアドであるウェルスナビTHEO(テオ)楽ラップの3社を対象に相続時の対応方法を調べてみたところ、3社ともに現金化したうえで、相続人が指定する口座へ入金するとしています。

相続の手続きを行うにあたり、契約しているロボアドサービスに連絡して、手続きに必要な書類を請求します。その後、必要事項を記入後、返送する必要があります。

ロボアドのサービスはサービスの申し込みの手続きはウェブ上で行えましたが、相続の手続きだけは、ウェブ上では行えず書面で行うことになります。

他の証券会社への証券移管は不可能

3社共通して、有価証券を別の証券会社へ移管することはできないとしており、投資一任契約だけを解除して、別の証券会社で個別運用もできません。

有価証券の移管についての詳細は、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

上場企業の株を保有している場合、多くの方が証券会社を通じて株を購入していると思いますが、複数の証券会社に口座を開設していた場合や、取引手数料がも...

相続人となる人に予め問い合わせ先を伝えておく

ロボアドは、ロボットに投資の運用をすべてお任せできるサービスですが、証券会社で個別株を購入してご自身で運用するのと比べると、あらかじめ指定された銘柄から運用を包括したサービスになりますので、有価証券を個別で移管できない点は少々デメリットとなります。

そのため、ロボアドで運用を行う場合は、あらかじめ、相続人となる家族にどういうサービスなのかをしっかりと伝えたうえで、万が一、死亡などで相続の手続きが必要となった場合の問い合わせ先を伝えておくと良いでしょう。

ロボアド各社の連絡先は以下の通りになりますので、合わせてご確認ください。

ウェルスナビ

電話番号:03-6632-9578
受付時間 月~金 9:00 ~ 17:00 まで(年末年始及び祝日を除く)

THEO(テオ)

電話番号:0120-287-237
受付時間:月~金 9:30 ~ 17:00(土・日・祝日・12月31日~1月3日を除く)

楽ラップ

電話番号:0120-41-1004
受付時間:平日8:00~18:00 (土日祝・年末年始を除く)

また、各社ウェブサイトの問い合わせフォームも活用できます。

自動投資は預かり資産と運用者数国内No.1のウェルスナビ!

2018年6月よりテレビCMを開始したウェルスナビは、国内で預かり資産と運用者数がNo.1のロボットアドバイザーです。世界中の株式や債券、不動産、商品を対象にロボットが自動で分散投資を行ってくれますので、投資に縁がなかった方でも複雑なこと考えずに長期的な運用が実現します。

1.5段階のリスク許容度に応じた運用が可能!
2.世界中の株式、債券、不動産、商品に分散投資が可能!
3.初期投資額はたったの10万円から!
4.毎月1万円以上1円単位で積立投資も可能!
5.手数料は年率1%とシンプルな手数料構成
6.相場に左右されず腰を据えた投資が可能!
7.税金の支払いを繰り延べできる自動税金最適化(DeTAX)に対応!

ウェルスナビ公式サイトはこちら!

関連記事

ロボットで自動投資ができる「ウェルスナビ」の特徴と運用実績を紹介

おつり投資「マメタス」のサービス概要と特徴を徹底解説

人気上昇中の投資信託「ひふみ投信」とは?その特徴と運用成績を解説

日経平均株価とは何か?指数の概要について徹底解説

ロボアドとは何か?話題のロボットアドバイザー(ロボアド)をわかりやすく解説!

投資信託の運用でコストを抑えるポイントを徹底解説