株とFXは何が違う?2つの特徴を徹底比較して紹介!

普段、投資という言葉を聞いて株やFXを真っ先に思い浮かべる方も多く、この2つを混合して考えている方も多いですが、この2つは投資でも全く異なる特徴を持った投資商品です。今回は、株とFXは何が違うのかと気になっている方に、それぞれの特徴を比較して違いを解説していきます。

投資対象の資産が異なる

株とFXの大きな違いは、投資対象の資産が異なります。

株は企業に投資をする

株は企業が発行した株式を購入することで、対象の企業に投資を行います。企業が事業活動を通じて得た収益をの一部を還元を受けることでリターンを狙う投資です。

株は、企業が資金調達のために発行した有価証券で、株を発行することで事業活動に必要な資金を市場を通じて調達します。資金を提供した投資家に対して、株券を引き換えると同時に企業の経営権を付与し、株主総会を通じた意見表明の他、事業活動で得た収益の一部を配当金という形で還元します。

また、株価は需給関係によって変動しており、企業の業績が好調であれば株価は上昇し、逆に、企業の業績が悪くなれば株価は下落します。そのため、業績が良好、もしくは将来的に業績が良くなると考えられる、企業の株を保有することで、株価が上昇すれば値上がり益を得ることができます。

株についての詳細は以下の記事で記載していますので合わせてご覧ください。

将来の資産運用の手段として新たに株式投資を検討している場合、はじめに「株」とは何か知ることが重要です。今回は、新たに株式投資を始めたいと考えてい...

FXは外国の通貨に対して投資する

FXは、外国で発行された通貨に対して投資を行う投資商品です。為替レートの変動を利用して差益を得る投資商品です。

我々日本人は、普段国内では日本円を使ってお買い物を行っていますが、外国に行くと、現地の中央銀行が発行した通貨を利用して買い物を行う必要があります。そのため、日本円は現地通貨に両替する必要がありますが、その通貨も為替レートに基づいて算出され、両替する金額が決定します。

外国通貨の為替レートは、常に需給関係に基づいて変動しており、日本円を売って外貨を購入する人が増えれば、円の価値が下がりますので「円安」となります。逆に、外貨を売って日本円を購入する人が増えれば、円の価値が上がりますので「円高」となります。

FXの詳細については以下の記事で解説していますので、合わせてご覧ください。

https://investment.takamichiyoshikawa.jp/2018/03/23/about-fx/

取引可能時間が異なる

株とFXで異なる点として、取引可能時間が異なります。

株は平日の午前9時から午後3時の間に取引可能

株の場合は、証券取引所を通じて売買を行いますので、証券取引所が開いている時間帯のみで取引ができます。

日本において株式を売買している東京証券取引所は、平日の午前9時から午前11時30分、昼休みを挟んで、午後12時30分から午後3時となっています。

証券取引所は土日はお休みとなりますので、土日に株式の売買を行うことはできません。

FXは土日を除き24時間取引可能

FXは、株とは異なり証券取引所などを通じて売買されているものではありませんので、土日を除いて、24時間取引が可能です。

そのため、会社員など昼間仕事で取引ができない方でも、仕事が終わって寝る前などに売買することが可能です。



レバレッジの倍率が異なる

株とFXでは、取引きを行う際にお金を借り入れて取引を行うレバレッジの倍率が異なります。

株は1単元あたりの必要金額を用意

株の場合は、現物取引であれば、対象の銘柄の1単元あたりの株式数に応じた金額を用意して購入する必要があります。また、お金を借りて取引を行う信用取引であれば、手元資金の3倍までの金額を借りて株を購入できます。

FXは手元資金の25倍まで

FXの場合は、株式とは異なり基本的に手元資金である証拠金を担保として、お金を借り入れることでレバレッジをかけて取引を行います。

レバレッジはFX業者によっても異なりますが、2018年4月時点では最大25倍までのレバレッジがかけられます。そのため、手元資金の25倍までの金額を借り入れて取引することが可能です。



取引の仕組みが異なる

株とFXでは、チャートが上下を繰り返しているイメージを思い浮かべる方も多いかと思いますが、基本的に両者では取引の仕組みは全く異なります。

株はオークション方式を採用

株は、先ほども説明した通り証券取引所を通じて売買されます。売買を行う際は売り手と買い手の価格が一致した段階で取引が成立するオークション方式が採用されています。そのため、株を購入する場合は、購入したい価格で誰かが売却しない限り取引が成立しないことになります。

オークション方式では、価格優先の原則時間優先の原則の2つの原則に基づいて取引が成立します。株を購入する場合、どの値段でも良いから購入したい場合に便利な「成行注文」と、価格を指定して購入する「指値注文」とでは、成行注文が優先的に取引が成立します。また、同じ値段で複数の注文が行われた場合は、注文した時間が早い方が優先的に取引が成立します。

オークション方式についての詳細は以下の記事で記載していますので合わせてご覧ください。

普段経済のニュースでよく「証券取引所」という言葉を耳にしますが、具体的に何をしているのか気になります。今回は、証券取引所とは何をしているところな...

FXはマーケットメーク方式を採用

FXは、株とはことなり証券取引所ではなく、外貨を売りたい相手から直接買うことになります。多くの場合はFX業者があらかじめ保有している外貨を、手数料を上乗せして直接購入するマーケットメーク方式を採用しています。

そのため、FXは常に売却相手が存在していますので、株のように売買が成立しないということはありません。

ただ、FX業者は単純に日本円と外貨を交換するだけでは、収益が入りませんので、為替手数料に該当するスプレッドを顧客が売却する為替レートに上乗せして徴収します。

例えば、買値が100.00ドルで、売値が100.03ドルの場合、この3銭がスプレッドとして徴収され、FX業者の収益となります。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

投資にリスクがあるのではなく、本当のリスク源は人間にある!?

株式投資で資金を失わないためのリスク分散方法を解説

為替レートはなぜ変動するのか?変動する理由を詳しく解説

株式会社は権利に応じた10種類の株式が発行可能、各株式の種類を詳しく解説

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

株式投資はいくらから始められる?投資する上で最適な投資額を解説