投資と投機の違いは何?投資と投機の考え方を解説

投資と投機は、どちらも結果として金銭的なリターンを得る目的がありますが、両者の意味はそれぞれ全く異なるものです。今回は、これから投資を始めたいと考えている方に、投資と投機の違いをしっかりと理解して頂くためにも、投資と投機の違いは何かをわかりやすく解説します。

投資は価値があるもしくは見込めるものに資金もしくは何かしらの行為を行いリターンを得ること

投資とは、何かしらの価値があるもの、もしくは、価値が高まると考えられる者に対して、何かしらの形で資金を投じる、もしくは、行為を行うことでリターンを得る行為のことです。

株式投資であれば、株式を購入することで企業に投資を行い、企業が事業活動を通じて収益を上げることで、その収益からリターンを得る目的で株式を購入します。

投資は金融商品を買うことだけではない

投資は、株式の他、債券や不動産などの金融商品を購入することだけが投資ではありません。身近な例でいれば、本を読むことも投資の一つです。さらに、事業経営をしている方であれば、事業を行うために必要な設備を導入することも投資の一つであると言えるでしょう。また、お子さんがおられるご家庭であれば、考え方によっては子育ても投資であると言えます。

投資は、庭に種をまき植物を育てるのと同じで、何かしらの形で行った結果が大きく花を開くことで、さらなる可能性に結びつけられることにあります。

投資は価値を生み経済発展につながる

例えば、株式投資の場合であれば、株を購入した投資家だけがリターンを得るだけではなく、その投資を通じて価値が高いサービスや商品の提供など、何かしらの形で経済に貢献を行い、結果として経済が発展することにつながります。

また、本を読むことでご自身の知見が広がることで、ご自身の仕事にうまく活用することで昇級や、スキルアップのための転職ができる可能性も広がり、仕事を通じてより多くの社会貢献ができるようになると言えるでしょう。



投機は目先の利益の確保を目的としたマネーゲーム

一方、投機とは目先の利益を確保するために機会をうかがって、そのタイミングで資金投じてリターンを得る行為です。

パチンコや宝くじ、競馬などが投機の代表的な例として挙げられます。また、後述していますが、投資と混合してしまう方が多い、株のデイトレードやFX、仮想通貨も投資ではなく投機であると言えます。

あくまでも、社会貢献という側面より目先の資金の確保を目的として、ゲーム感覚で行うマネーゲームと言えます。

デイトレやFX、仮想通貨は投資ではなく投機

株のデイトレや、外国為替証拠金取引(FX)、仮想通貨は、投資と混合している方が多いですが、これらは投資というより投機に近い側面があると考えています。

デイトレやFX、仮想通貨は、短期的な値動きを追ってその差益を得ることで利益を確保する目的で行います。短期的な値動きで利益は得られますが、それによって証券会社やFX、仮想通貨業者の収益への貢献は可能ですが、投資とは異なり何かしらの価値を生むことや経済に大きく貢献することはありません。

FXの外貨は、あくまでも通貨であり、需給関係で価格が決まっています。通貨その物に大きな価値はなく、あくまでも物々交換の道具にすぎません。ただし、外貨については国の中央銀行が価値を担保していることや一定の利息が支払われますので、一定の価値は担保されているといえます。

FXのしくみについての詳細は以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください。

https://investment.takamichiyoshikawa.jp/2018/03/23/about-fx/

一方で、仮想通貨については、利息が無く、価値の裏付けがないことを考えると投資するには値しないと考えています。

仮想通貨は、ブロックチェーン技術の応用や、将来的に用途の可能性は広がることは期待できますが、それと通貨の価値は別物で、将来的にすべての仮想通貨に対して現在の需給関係が維持されるとは限らず、あくまでも仮想通貨のレートは価値に基づいて算出されているわけではありません。

仮想通貨についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

https://investment.takamichiyoshikawa.jp/2018/01/29/cryptocurrency/

投資と投機は賢く使い分けることが重要

投資と投機は似て異なるものですが、ここでは投資が良く、投機が悪いと述べているのではなく、あくまでも、両者の違いを理解したうえで、適切に使い分けていくことが大事であると考えています。

投機は短期的な収益確保を目的に行い、投資は株式や債券、投資信託を利用して中長期的な資産形成を行うために、外的な成長力を取り込んで将来的にリターンを確保して資産を増やしていくことができます。そのため、運用を行う目的をしっかりと明確にした上で賢く使い分けていくことが重要です。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

投資にリスクがあるのではなく、本当のリスク源は人間にある!?

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

株式投資でリスクを最小限に抑えるためできる3つの方法を紹介

貯蓄と投資の違いとは何か?この2つの違いを解説

株式投資を行う前に知っておきたい世界の主要株式市場の取引時間

株式投資する前に知っておきたい、決算書に書かれている5つの利益を解説