投資と投機の違いは何?投資と投機の考え方を解説

投資と投機は、どちらも結果として金銭的なリターンを得る目的がありますが、両者の意味はそれぞれ全く異なるものです。今回は、これから投資を始めたいと考えている方に、投資と投機の違いをしっかりと理解して頂くためにも、投資と投機の違いは何かをわかりやすく解説します。

投資は価値があるもしくは見込めるものに資金もしくは何かしらの行為を行いリターンを得ること

投資とは、何かしらの価値があるもの、もしくは、価値が高まると考えられる者に対して、何かしらの形で資金を投じる、もしくは、行為を行うことでリターンを得る行為のことです。

株式投資であれば、株式を購入することで企業に投資を行い、企業が事業活動を通じて収益を上げることで、その収益からリターンを得る目的で株式を購入します。

投資は金融商品を買うことだけではない

投資は、株式の他、債券や不動産などの金融商品を購入することだけが投資ではありません。身近な例でいれば、本を読むことも投資の一つです。さらに、事業経営をしている方であれば、事業を行うために必要な設備を導入することも投資の一つであると言えるでしょう。また、お子さんがおられるご家庭であれば、考え方によっては子育ても投資であると言えます。

投資は、庭に種をまき植物を育てるのと同じで、何かしらの形で行った結果が大きく花を開くことで、さらなる可能性に結びつけられることにあります。

投資は価値を生み経済発展につながる

例えば、株式投資の場合であれば、株を購入した投資家だけがリターンを得るだけではなく、その投資を通じて価値が高いサービスや商品の提供など、何かしらの形で経済に貢献を行い、結果として経済が発展することにつながります。

また、本を読むことでご自身の知見が広がることで、ご自身の仕事にうまく活用することで昇級や、スキルアップのための転職ができる可能性も広がり、仕事を通じてより多くの社会貢献ができるようになると言えるでしょう。

投機は目先の利益の確保を目的としたマネーゲーム

一方、投機とは目先の利益を確保するために機会をうかがって、そのタイミングで資金投じてリターンを得る行為です。

パチンコや宝くじ、競馬などが投機の代表的な例として挙げられます。また、後述していますが、投資と混合してしまう方が多い、株のデイトレードやFX、仮想通貨も投資ではなく投機であると言えます。

あくまでも、社会貢献という側面より目先の資金の確保を目的として、ゲーム感覚で行うマネーゲームと言えます。

デイトレやFX、仮想通貨は投資ではなく投機

株のデイトレや、外国為替証拠金取引(FX)、仮想通貨は、投資と混合している方が多いですが、これらは投資というより投機に近い側面があると考えています。

デイトレやFX、仮想通貨は、短期的な値動きを追ってその差益を得ることで利益を確保する目的で行います。短期的な値動きで利益は得られますが、それによって証券会社やFX、仮想通貨業者の収益への貢献は可能ですが、投資とは異なり何かしらの価値を生むことや経済に大きく貢献することはありません。

FXの外貨は、あくまでも通貨であり、需給関係で価格が決まっています。通貨その物に大きな価値はなく、あくまでも物々交換の道具にすぎません。ただし、外貨については国の中央銀行が価値を担保していることや一定の利息が支払われますので、一定の価値は担保されているといえます。

FXのしくみについての詳細は以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください。

為替レートの推移を利用して差益を稼ぐ投資商品として「FX(外国為替証拠金取引)」があります。書店に行くと、FXのノウハウを記載した書籍が多く陳列...

一方で、仮想通貨については、利息が無く、価値の裏付けがないことを考えると投資するには値しないと考えています。

仮想通貨は、ブロックチェーン技術の応用や、将来的に用途の可能性は広がることは期待できますが、それと通貨の価値は別物で、将来的にすべての仮想通貨に対して現在の需給関係が維持されるとは限らず、あくまでも仮想通貨のレートは価値に基づいて算出されているわけではありません。

仮想通貨についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

近年、ビットコインを始めとする仮想通貨の取引が若年層を中心に人気が加熱しています。人気が加熱していることもあり、仮想通貨の価格が急騰していること...

投資と投機は賢く使い分けることが重要

投資と投機は似て異なるものですが、ここでは投資が良く、投機が悪いと述べているのではなく、あくまでも、両者の違いを理解したうえで、適切に使い分けていくことが大事であると考えています。

投資であれば、株式や債券、投資信託を利用して中長期的な資産形成を行うために、外的な成長力を取り込んで将来的にリターンを確保して資産を増やしていきます。

投機は、あくまでも失っても良いお金で行い、短期的な収益確保の必要性があれば行うことには問題ないと考えています。

筆者も、事業収益を確保するために、どうしても長中期の投資によるリターンでは間に合わない場合は、FXを併用して収益の確保を行っています。ただ、FXで得た収益は、事業活動に活用したり、次の投資案件の資金として活用するなど、社会をより良くしていくために活用しています。

DMMが株取引サービス「DMM 株」をリリース!

DMMは株式売買サービス「DMM 株」を2018年4月4日からスタートしました。業界最水準の手数料設定の他、豊富な取引ツールで初心者から上級者まで納得できるサービスとなっています。

・現物取引の手数料は最低50円信用取引は80円均一の手数料設定!
・取引手数料に対して1%のポイント還元を実施!
・PCやスマホで取引できる高機能な取引ツールを用意!
・取引ツールは「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2つを用意!
・DMM FXとの資金振替が可能!

DMM 株に口座開設

関連記事

証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

株式投資で成長企業を見つけるには、企業の決算情報やニュース、業界情報に着目

DMM.com証券が株式売買サービス「DMM株」をリリース!特徴や手数料を紹介

株式投資で資金を失わないためのリスク分散方法を解説

2018年3月期の上場企業の純利益は35%増加、稼ぐ力高まる

ソフトバンク株式会社がIPOを実施!公開日は2018年12月19日