仮想通貨から日本円の入出金手数料に注意!各取引所の手数料を比較

仮想通貨を購入する場合、2018年3月18日の記事で記載している通り、取引所に口座開設を行い日本円を入金したうえで仮想通貨を購入する必要があります。また、仮想通貨を日本円に換金した後、現金として使いたい場合は、ご自身の銀行口座に入金手続きが必要になります。

ただ、取引所によっては出金手数料が高めに設定されていることもありますので注意が必要です。今回は、各取引所の入出金手数料を比較してみます。

近年、話題となっている仮想通貨ですが、なんとなく興味はあるが、どうやって購入できるのかいまいちわからないと考えている方は多いのではないでしょうか...

各取引所の入出金手数料

各取引所の入出金手数料を一覧にしてまとめてみました。ここで紹介している取引所は金融庁より登録の許可を受けた取引所のみを紹介しています。

取引所 入金手数料 出金手数料
ビットフライヤー 無料 216円 〜 756円
DMM bitcoin 無料 無料
ビットバンク 無料(振込手数料負担) 540円〜 756円
ビットトレード 無料(振込手数料負担) 648円
zaif 無料(振込手数料負担) 350円 〜 756円
GMOコイン 無料(振込手数料負担) 無料
QUOINEX 無料(振込手数料負担) 500円
BTCボックス 無料(振込手数料負担) 400円 〜 756円

 

入金手数料は全取引所無料だが出金時は要注意

一覧にして入出金手数料を見てみましたが、2018年4月時点においてすべての取引所では入金手数料を無料としています。ただし、各自銀行に振り込む際の振込手数料はご自身で負担する必要があります。

取引所の口座より、ご自身の銀行口座に出金する場合は、多くの取引所で出金手数料を徴収しています。上記表で見てみると、以外と出金時の手数料は高く、仮想通貨と日本円を頻繁に出し入れする場合は手数料コストが大きな負担となりそうです。

取引業者にとっては、出金時の手数料を高めに設定することで、顧客をつなぎとめ仮想通貨の取引を行ってもらい収益を確保したいという意図がありそうですが、いずれにしても、出金時の手数料については、しっかりと確認した上で取引所を選定するようにしましょう。

入出金手数料無料のおすすめ取引所

DMM Bitcoin

https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、動画配信サービスのDMMが提供している仮想通貨取引所です。2018年1月より新規に仮想通貨取引所に参入しました。

日本円の入出金手数料が無料である他、本格的にトレードしたい方にうれしい、指値注文や逆指値注文、OCO、IFD、IFOといった多彩な注文方法に対応しているのも大きなポイントです!

DMM Bitcoin公式サイト

GMOコイン

https://coin.z.com/jp/

GMOコインは、インターネット関連企業のGMOグループの仮想通貨取引所です。同社の特徴は、日本円の入出金手数料が無料であることに加え、仮想通貨自身の入出金の手数料も無料となっています!

仮想通貨の入出金が無料となっている取引所は、国内ではGMOコインのみで、他の取引所やハードウォレットなどへの入出金を行いたいと検討されている方にはおすすめです!

GMOコイン公式サイト

ビットコインは「DMM Bitcoin」がおすすめ!

https://bitcoin.dmm.com/

DMMは2018年1月より新規に仮想通貨取引所に参入し、「DMM Bitcoin」としてサービスを開始しました!同社は仮想通貨登録業者として「関東財務局長00010号」を取得しており、金融庁が規定した水準をクリアしており安心して取引が可能です。

・仮想通貨14通貨を取り扱い!
・初心者から上級者まで使いやすい取引ツールを用意!
・7通貨でレバレッジを利用して効率的な取引を実現!
・指値注文や逆指値注文、OCO、IFD、IFOといった多彩な注文方法に対応!
・日本円の入出金手数料が無料で低コストでの取引を実現!
・コールドストレージでオフライン保管で万が一でも安心
・自社資産と顧客の資産を分別して管理

DMM Bitcoinに口座開設!

関連記事

仮想通貨のモバイルウォレットとは何か?特徴とメリットデメリットを解説

仮想通貨の「ブロックチェーン」とは何か?初心者向けにわかりやすく解説!

仮想通貨取引所「bitFlyer」の解約方法を徹底解説

仮想通貨を売買する前に確認しておきたい注意すべきこと3つ

GMOコイン貸仮想通貨サービスを開始!年率5%の賃借料が受領可能

仮想通貨取引所「bitFlyer」の口座開設方法を解説!