投資と資産運用の違いは何か?2つの違いを解説

これまで株式や投資信託の運用を行ってこなかった方にとっては「投資」と「資産運用」の意味を混合して捉えている方が多いですが、投資と資産運用は似て全く異なるものです。今回は投資と資産運用の違いについて考えてみたいと思います。

投資は価値があるものに資金を投じることでリターンを得ること

はじめに、投資とは何かを考えてみます。投資とは単純に何かしら価値や信用があるものに対して資金を投じる(提供)することで、将来にわたって価値を向上させ金銭的なリターンを得る行為のことです。

例えば、株式投資の場合、企業が事業活動を通じて得て収益を得ることで事業規模を拡大させ、そこから得た利益を配当金もしくは株価の上昇による値上がり益でリターンを得ます。また、不動産であれば、建物という価値があるものを資金を投じて購入し、誰かに貸すことで家賃収入を得てリターンを得る、もしくは、付加価値を付けて高く転売することでリターンを得ることができます。

将来の資産運用の手段として新たに株式投資を検討している場合、はじめに「株」とは何か知ることが重要です。今回は、新たに株式投資を始めたいと考えてい...

大きなリターンが期待できる

投資は、何かしら価値や信用があるものに対して一定額を投じることになりますので、将来的に価値が大きく上昇した場合は、大きなリターンが期待できると言えます。

ただ、大きなリターンが期待できる反面、リスクも大きく、投じた資金の範囲内で損失を出してしまうことも考えられます。

例えば、株式投資の場合、株式を購入した後、企業が倒産した場合は株式の価値はなくなり、ただの紙切れとなってしまいます。



投資は社会貢献となる

投資の場合は、投資家がリターンを得るだけではなく、投資家が提供した資金を活用して企業がより良い商品やサービスを提供することで、経済の発展に寄与することができます。そのため、投資を行うことは社会貢献につながることになります。

デイトレなど短期的な売買は投資ではなく投機

ただし、勘違いをしてはいけないのは、価値を判断せず短期的な株価の上昇を狙って資金を投じることは投資ではなく「投機」になります。投資と投機の違いについては以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

投資と投機は、どちらも結果として金銭的なリターンを得る目的がありますが、両者の意味はそれぞれ全く異なるものです。今回は、これから投資を始めたいと...

資産運用は手持ちの資産を守りながら増やしていくこと

資産運用とは、既に持っている手持ちし資産を守りながら、少しづつ増やしていくことです。

例えば、預貯金の他、株式や債券を持っている場合、日々の相場の状況に合わせて保有している資産の割合(ポートフォリオ)を見直します。例えば、株価が大きく上昇しているときは、少しづつ売却して預貯金の割合を増やす、逆に、株価が下落している局面では、預貯金の割合を減らして株式の保有割合を増やすことで、株価が上昇局面になった時に資産を増やせるようにしておきます。

また、当サイトでも紹介している確定拠出年金(iDeCo)を使って老後資金を確保するための運用も資産運用の一つであると言えます。さらに、多くの日本人が好んで行っている毎月一定額を貯金する行為についても資産運用であると言えます。さらに、資産運用としてポートフォリオの一部に株式を組み入れたいう場合は、投資も資産運用の手段の一つとして活用できるといえます。

2017年1月より老後の資金を運用する確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が広がりました。普段耳にするニュースなどで年金不安が聞かれる中、老後...

資産を増やすことが目的で社会貢献度は低い

資産運用の場合、先程解説した投資とは異なり、目的はご自身の手持ちの資産を守りながらコツコツと資産を増やしていくことになりますので、社会への貢献度は低いと言えます。

資産運用についても、株式などを組み込んでいれば間接的に社会貢献はできますが、投資のようにある程度まとまった資金を投じる場合に比べると、投資を通じて経済貢献の目的は低くなり、金額的にも貢献度はどうしても低くなります。



資産運用は基本的にリスクは低い

資産運用は、基本的にご自身が既に持っている資産を安全に守りながら増やしていく行為になりますので、投資とは異なり低リスクであることが大前提です。

そのため、資産運用を行うにあたり、預貯金や株式、債券など複数の金融資産を組み合わせて適切なポートフォリオを構成することが重要です。複数の資産に分散することで、例え株式が暴落した場合でも、他の金融資産と組み合わせているため暴落による影響は少なくて済みます。

投資の場合は、資産運用とは異なり、まとまった資金を投じるというスタンスでありますので、その分ハイリスクハイリターンとなります。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

株価が暴落した時、どの様な対応すればよいのか?

株式投資で資金を失わないためのリスク分散方法を解説

投資と投機の違いは何?投資と投機の考え方を解説

株式投資をする前に知っておきたい投資で得られる3つの金銭的な利益

株式投資はいくらから始められる?投資する上で最適な投資額を解説