ビットコインを確実に無料でもらう方法を紹介!

2018年4月24日時点でビットコインの価格が1ビットコイン100万円台を回復しています。ビットコインを入手するには、日本円などでビットコインを購入するもしくは、ビットコインの取引を監視する「マイニング」の報酬としてビットコインを入手する方法がありますが、ビットコインを無料でもらう方法もあります。

ビットコインを買うのには抵抗あるが、無料でもらいたいと考えている方にビットコインをもらう方法を紹介します。

bitFlyerの「ビットコインをもらう」経由で買い物をする

https://bitflyer.jp/

ビットコインを購入せずに、無料でもらう方法として手軽な方法としては、仮想通貨取引所の「bitFlyer」の「ビットコインをもらう」コーナーを経由してお買い物をすることです。

「ビットコインをもうらう」を利用するにはあらかじめbitFlyerに口座開設が必要になります。口座開設後、ログインを行い、トップページの左メニューより「ビットコインをもうらう」をクリックします。

ビットコインをもらうでは、様々なインターネット通販やクレジットカード、インターネット、旅行の申し込みリンクが設置されており、このリンクを経由して各ネット通販を利用して買い物をするもしくはクレジットカードなどの金融商品を申し込むことでビットコインがもらえます。

利用できるネット通販は楽天市場やゾゾタウン、GU、オイシックスなどでの買い物ができます。各種サービスのお申込みについては、三井住友カード、じゃらん、HISなどお申込みが可能です。

ここに貼られているリンクを経由することで、bitFlyer側に広告収入が入ってくる仕組みになっていますが、この広告収入から得たを手数料の一部をビットコインとしてユーザーに還元するものです。

ポイントサイト貯めたポイントをビットコインに交換

ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに交換してbitFlyerの口座に振り込むことができます。対応しているポイントサイトと交換レートは以下の通りです。

ポイントサイト名 最小ポイント数 交換ビットコイン
Gポイント 1000ポイント 1000円相当
ネットマイル 2000マイル 1000円相当
Point Income 5000ポイント 500円相当
ちょびコイン 500ちょびコイン 500円相当
PointTown 10000ポイント 500円相当
PointON 1000ポン 500円相当
Point Exchange 500ポイント 500円相当
ちょびりっち 1000ちょびリッチ 1000円相当
PEX 5000ポイント 500円相当
モッピー 500ポイント 500円相当

また、ポイントサイト以外には、クレジットカードのライフカードで貯めたポイントがビットコインに交換することが可能です。

ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに交換する場合は、予めビットフライヤの口座開設が必要です。また、各ポイントサイトからビットコインに交換する場合は、bitFlyerの「アカウントID」を紐づける必要がありますので、交換前に確認した上で手続きを行いましょう。

bitFlyerに口座開設!

外国株の投資におすすめできる証券会社

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークを拠点に展開している投資銀行「サクソバンク」傘下の証券会社で、米国株が約6,000銘柄、欧州株が約2,400銘柄、中国本土と香港株合わせて約2,400銘柄と、ネット証券の中で米国株の取り扱いが豊富でかつ、国内の証券会社では取り扱いが少ない欧州株の取り扱いがあるのも特徴です。

売買手数料も米国株であれば約定代金の0.20%で最低手数料が5米ドル、上限が15米ドルと米国株を中心に取引を行う方であれば、大きくコストを抑えることが可能です。欧州株の売買手数料は約定代金の0.1%とこちらも低コストで売買可能となっています。

サクソバンク証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、米国株約3000銘柄を扱っており、ネット証券の中では最多となっています。成長が著しいAppleやMicrosoftなども1株から購入可能で手数料も最低0ドルから最大20ドルと気軽に米国市場へ投資が可能です。

少額投資非課税制度(NISA)でも米国株の購入が可能で、NISA口座であれば買付手数料が無料となります!

マネックス証券公式サイト

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

ネット証券で口座開設数が430口座突破したSBI証券でも米国株を取り扱っています。取扱銘柄数は1000銘柄以上で、こちらも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、上場とし信託(ETF)をNISA口座を利用すれば買付手数料が無料となります。

SBIグループの住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、日本円から米ドルに為替手数料が片道たったの4銭で利用できる他、外貨入出金サービスを利用することで同行の外貨預金口座から即時外貨を証券口座に無料で振替できます!

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券では約1000銘柄以上の米国株を取り扱っています。同社でも手数料は最低0ドルから最高20ドルで購入可能です。また、こちらもNISA口座での米国株の購入も可能で、上場投資信託(ETF)の場合、買付手数料が後日キャッシュバックされますので実質手数料は無料となります。

楽天証券公式サイト

関連記事

GMOコイン貸仮想通貨サービスを開始!年率5%の賃借料が受領可能

外貨預金とFXの違いは何か?主な5つの違いを解説

FXの取引をはじめる上で知っておきたい6つのリスクを紹介

人気上昇中の投資信託「ひふみ投信」とは?その特徴と運用成績を解説

仮想通貨取引所「bitFlyer」の口座開設方法を解説!