仮想通貨取引所「bitFlyer」の口座開設方法を解説!

仮想通貨を入手するためには、2018年3月27日の記事で紹介した通り、現金で仮想通貨そのものを購入するか、仮想通貨の取引を監視して承認作業を行うマイニングによりビットコインで報酬を得る2つの方法があります。ただ、手っ取り早く仮想通貨を手にしたいと考えて場合、仮想通貨の取引所に口座開設を行った後に購入する方法が一般的です。

今回は、仮想通貨取引所「bitFlyer」の口座開設手順を紹介します。

近年、話題となっている仮想通貨ですが、なんとなく興味はあるが、どうやって購入できるのかいまいちわからないと考えている方は多いのではないでしょうか...

アカウントの作成

bitFlyerに口座開設を行うにあたり、はじめにアカウントを作成する必要があります。

https://bitflyer.jp/

bitFlyerのトップページより、「個人のお客様」もしくは「法人のお客様」のどちらかを選択し、メールアドレスとログイン時に必要となる任意のパスワードを入力し、「アカウント作成」ボタンをクリックします。

また、既にFacebookアカウントやYahoo!アカウント、Googleアカウントをお持ちの場合は、紐づけることで既存のアカウントを使ったログインも可能になります。

アカウント作成後、先程入力したメールアドレス宛に登録画面のURLを記載したメールが届きますので、本文中のURLをクリックし、登録画面を開きます。

個人情報を記入後、本人確認書類を提出する

https://bitflyer.jp/

登録画面を開き、氏名や性別、生年月日、住所、電話番号などの必要事項を記入します。すべての項目の記入が完了後「登録情報を確認する」ボタンをクリックし、内容に相違が無ければ次に進みます。

https://bitflyer.jp/

次に、本人確認書類を提出します。本人確認書類は運転免許証の他、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、健康保険証、年金手帳、福祉手帳、印鑑登録証明書、住民票(写し)が利用可能です。事前に画像データ(JPEG形式もしくはPNG形式)で撮影しアップロードを行います。

https://bitflyer.jp/

最後に、外国の重要な公人であるか否かの選択と、職業の選択、取引目的を入力します。すべての項目の入力が完了後「入力する」ボタンをクリックして次に進みます。

銀行口座を登録する

https://bitflyer.jp/

bitFlyerの口座に入金する際に利用する銀行口座を登録します。ご自身が取引している金融機関の銀行名と支店名、口座番号、口座名義を入力します。

これで、口座開設の手続きは一通り完了です。あとは、実際に口座に日本円を入金して仮想通貨を購入するのみです。bitFlyerの口座への入金手続きの方法については別途改めて記事にして解説します。

bitFlyerの口座開設はこちら!

ビットコインは「DMM Bitcoin」がおすすめ!

https://bitcoin.dmm.com/

DMMは2018年1月より新規に仮想通貨取引所に参入し、「DMM Bitcoin」としてサービスを開始しました!同社は仮想通貨登録業者として「関東財務局長00010号」を取得しており、金融庁が規定した水準をクリアしており安心して取引が可能です。

・仮想通貨14通貨を取り扱い!
・初心者から上級者まで使いやすい取引ツールを用意!
・7通貨でレバレッジを利用して効率的な取引を実現!
・指値注文や逆指値注文、OCO、IFD、IFOといった多彩な注文方法に対応!
・日本円の入出金手数料が無料で低コストでの取引を実現!
・コールドストレージでオフライン保管で万が一でも安心
・自社資産と顧客の資産を分別して管理

DMM Bitcoinに口座開設!

関連記事

仮想通貨の取引を健全にするために解決すべき4つの問題点

仮想通貨で利益が得た場合の税金は?税金の仕組みについて解説

仮想通貨から日本円の入出金手数料に注意!各取引所の手数料を比較

ビットコインを代表する仮想通貨とは何か?通貨の仕組みについて徹底解説

要注意最悪逮捕も!仮想通貨の運用収益で脱税が出来ない理由

仮想通貨のモバイルウォレットとは何か?特徴とメリットデメリットを解説