外貨預金とFXの違いは何か?主な5つの違いを解説

外貨に投資する手段として外貨預金と外国為替証拠金取引(FX)が一般的に知られています。外貨預金とFXは、外貨で運用するという点では共通していますが、運用の仕組みは全く異なるものです。今回は、外貨預金とFXの違いを解説します。

外貨預金とFXでは取り扱い金融機関が異なる

外貨預金とFXでは取り扱っている金融機関が異なります。外貨預金は主に銀行が取り扱っていますが、FXは証券会社やFX取引を専門としたFX取引業者が取り扱っています。

また、外貨預金は銀行の窓口でも利用できるのに対し、FXは主にインターネット上で取引を行います。そのため、外貨預金は原則銀行の営業時間内で利用できるのに対し、FXは為替が動いている土日を除いて24時間利用できます。

レバレッジが使えるかどうか

外貨預金とFXの違いとして代表的なのは、レバレッジを使った運用ができるかどうかです。

レバレッジとは、手元資金を担保とした「証拠金」に対して、借入金を利用することです。外貨預金の場合は、基本的に手元にある資金の範囲内でのみ外貨を購入することになりますが、FXの場合は手元資金が少なくても、レバレッジを利用して資金を借り入れることで、多額の資金を使った売買が可能になります。

例えば、レバレッジを10倍にした場合は100万円まで、レバレッジを25倍にした場合は250万円までの取引が可能です。2018年5月時点ではレバレッジは25倍まで設定ができます。

レバレッジを使うことで、少ない手元資金で効率よく運用ができるメリットがある反面、為替レートが予期せぬ方向に推移した場合、リスクも大きくなるデメリットがあります。ただ、FXも外貨預金同様にレバレッジを1倍と低くして運用できるFX取引業者も存在しますので、後ほど説明する為替手数料を抑えて金利を増やしたいという場合にはFXを活用した運用も一つの方法です。

また、レバレッジ以外にも、FXは外貨の購入だけではなく、株の空売りに該当する外貨を売ることからも取引を始めることができますので、円安だけではなく円高じにも収益を得ることが可能です。



為替手数料の違い

日本円から外貨を購入する場合、外貨預金やFXだけではなく、空港や街中にある両替屋でも為替手数料を徴収しています。ただ、外貨預金とFXでは徴収される為替手数料は大きな違いがあります。

銀行が提供している外貨預金の為替手数料は銀行によっても異なりますが、1米ドルあたり片道1円程度設定されています。2018年5月時点における三井住友銀行の外貨預金の為替手数料は片道1円に設定されています。一方で、FX取引業者であれば、銀行の為替手数料の10分の1程度の手数料水準で外貨の購入が可能になります。

例えば、SBIグループのSBI FXトレードであれば1米ドルあたり片道0.27銭に設定されています。

FXの取引は、銀行とは異なりインターネットで完結するため、コストを低く抑えられることが、手数料を安くできる秘訣であると言えます。



金利の受け取り方の違い

金利の受け取り方にも違いがあります。外貨預金とFXは、預け入れもしくは購入したした外貨を発行している中央銀行が設定した市場金利に基づいた金利を受け取ることができますが、その受け取れるタイミングが異なっています。

外貨預金の場合は、通常の銀行預金同様に満期日など決められた時期に金利が受け取れますが、FXの場合は金利の低い通貨から高い通貨を購入した場合において、その金利差益として「スワップポイント」を得ることができます。スワップポイントはポジションを持ってからその日数分付与されます。

一方で、スワップポイントは、金利が高い通貨から金利が低い通貨を購入した場合は、逆にその金利を支払う必要が生じてしまいますので注意が必要です。

スワップポイントの詳細については、以下の記事にて解説していますので合わせてご覧ください。

https://investment.takamichiyoshikawa.jp/2018/04/16/fx-sw/

資産が保護されているかの違い

銀行やFX取引業者が万が一破産した場合の顧客資産の取り扱いについても異なります。

銀行で日本円で預けた預金は、預金保険機構により元本と金利を含めて最大1,000万円までが保護されますが、銀行の外貨預金は預金保険制度の対象外となっています。

一方で、FXは預けている資金を信託保全しており、顧客の資産は企業の資産とは別に管理されていますので、万が一の場合にでも100%守られています。

そのため、外貨を安全に運用したいと考えた場合は、FXを通じて運用するのが望ましいと言えます。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

外国人投資家とは一体誰か?日本株を売買する際に知っておきたい情報

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

株式投資を始めるには何を勉強すればよいのか?

株式投資でリスクを最小限に抑えるためにすべき3つのポイント

株主提案権とは何か?株主の立場として知っておきたい内容とその事例

投資と投機の違いは何?投資と投機の考え方を解説