ETFがさらに買いやすく!東証がマーケットメイク制度を導入へ

東京証券取引所は2018年7月2日より上場投資信託(ETF)の売買制度として「マーケットメイク制度」を導入することを明らかにしています。

これまでETFを売買する際、証券取引所を通じて売買する必要がありましたが、マーケットメイク方式を導入することにより、ETFの流動性が高くなり、多くのETFが売買しやすくなると言えそうです。

これまでのETFは証券取引所を通じたオークション方式を採用

上場投資信託(ETF)は、これまで当サイトで何度か取り上げていますが、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)の値動きに連動した投資商品で、証券取引所を通じて個別株を同様に取引ができます。

普段耳にする「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」といった指数は、平均的な株価の値動きや全体的な株価の値動きを把握するのに役立ちますが...

上場投資信託も一般の投資信託と同様に専任の運用会社が運用を行い、連動する対象の指数にわせて現物株を保有します。運用会社は、それらを一つの投資信託として上場させることで、投資者は証券会社などを通じて売買することができます。ただ、これまでのETFの取引は証券取引所を通じて取引を行う「オークション方式」となっていました。

オークション方式の仕組み(筆者作成)

オークション方式では、価格優先の原則と時間優先の原則の2つの原則に基づいて取引が成立し、値段を指定して購入する指値注文に比べ値段を指定せずに購入する成行注文のほうが優先して約定します。

また、証券取引所を通じて取引をするため、原則として午前9時から昼休みを挟んで午後3時までの間に売買が可能となっており、PTSなどを除くと取引ができる時間は限られていました。

証券取引所の仕組みやオークション方式の詳細については以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

普段経済のニュースでよく「証券取引所」という言葉を耳にしますが、具体的に何をしているのか気になります。今回は、証券取引所とは何をしているところな...

マーケットメイク制度で証券取引所以外からETFの購入が可能

今回、東京証券取引所で導入が進められているマーケットメイク制度は、マーケットメーカーとよばれるETF予め保有している業者から投資家が直接ETFの売買が可能になります。

FXのマーケットメイク制度の仕組み(筆者作成)

マーケットメイク制度は、2018年4月5日の記事で詳しく解説していますが、既に外国為替証拠金取引(FX)や仮想通貨取引所などで採用されており、FX業者が通貨を在庫としてあらかじめ保有しておき、本来の相場に合わせて手数料を上乗せして、投資家に対して売買サービスを提供します。

今回のETFでも業者がETFを東京証券取引所が仕入れて、手数料を上乗せした形で投資家に売買サービスを提供することになります。

普段、投資という言葉を聞いて株やFXを真っ先に思い浮かべる方も多く、この2つを混合して考えている方も多いですが、この2つは投資でも全く異なる特徴...

ETFの流動性が高まるメリットがあり

ETFの売買にマーケットメイク制度を導入することによるメリットとして、ETFの売買の流動性が高まることにあります。

東京証券取引所には数多くのETFが上場していますが、知名度があるETFであれば流動性はそれなりにありますが、知名度が少ないETFは流動性が乏しい銘柄もあります。流動性が乏しいことで、購入したい値段で買えない、もしくは、売りたい値段で売れないという問題がおきます。

株でもETFでも同様ですが、株を買う場合は、あらかじめ買いたい値段で誰かが売却する必要がありますが、流動性が低い場合、買い注文を出しても、その値段で誰も売却しなければ取引はいつまでも成立しません。そのため、予想以上に高い値段で買わなければならないことになる、もしくは、安い値段で売却せざる得なくなるなります。

ETFは、指数に連動するため、一般的な投資信託とは異なり低コストでの運用が可能な投資商品ですが、流動性が低くなることで低コストのメリットがなくなってしまうことになります。そのため、東京証券取引所では、マーケットメイク制度を導入することでマーケットメーカーにETFの売買を増やしてもらうことで流動性を高め、コストメリットを高める狙いがあります。

本来の株価に手数料が上乗せされる

マーケットメイク制度は、売買手数料という形で売買時の手数料を徴収するわけではなく、ETFの本来株価に上乗せします。そのため売買時の価格には「スプレッド」と呼ばれる価格差が発生します。そのため、マーケットメーカーが設定するスプレッドによっては投資家に対して不利となる可能性もあります。

FXでも同様ですが、できるだけ、収益を上げていきたいと考えた場合は、各マーケットメーカーが設定したスプレッドをよく比較した上で、取引するマーケットメーカーを決めること重要となります。

マーケットメーカー第1号は野村證券

東証がマーケットメイク制度を今年の7月に開始するのに伴い、マーケットメーカーを募集しています。既に、4月より野村證券がマーケットメーカーの第1号として申請しています。

今後も、ネット証券などを中心にマーケットメーカーに参入申請する証券会社は増えていきそうです。

上場投資信託(ETF)投資におすすめな証券会社
サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
ETF銘柄数 米国:約1000銘柄
欧州:約1700銘柄
香港:約70銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
売買手数料 米国:0.025%
欧州:0.1%
香港:0.25%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
韓国:0.9%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
無料ETF 9銘柄 9銘柄 27銘柄

上場投資信託(ETF)を活用して投資する場合、ETFの取扱銘柄数と売買手数料のやすさを考慮して選ぶことが重要です。

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークの投資銀行サクソバンク傘下の証券会社で外国株式の取り扱いに強みがあります。同社は海外市場に上場しているETFを約2700銘柄取り扱っています。米国市場に上場しているETFであれば、売買手数料は0.025%と安価に売買できます。

サクソバンク証券公式サイト

SBI証券

SBI証券では、東京証券取引所に上場しているETFに加え、外国市場に上場しているETF約300銘柄を扱っています。売買手数料は国内は5万円までは50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社といった対象の9銘柄のETFを活用することで買付手数料無料で利用できます。

SBI証券公式サイト

楽天証券

楽天証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国、シンガポール市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は国内であれば5万円まで50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社、ゴールドマンサックスアセットマネジメント社が運用している合計9社のETFが無料で買付できます。

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は10万円以下は100円、米国市場は約定代金の0.45%、中国市場は約定代金の0.25%で取引できます。外国ETFのウィズダムツリー社が提供しているETF、27銘柄を対象に無料で売買が可能となっています。

マネックス証券公式サイト

関連記事

過去10年で株価3倍!長期資産形成が期待できるS&P500に連動する上場投資信託...

投資信託の運用でコストを抑えるポイントを徹底解説

上場投資証券(ETN)とは何か?概要と特徴について解説

上場投資信託(ETF)と上場投資証券(ETN)の違いは何か?

ダウ平均株価(NYダウ)に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較

日経平均株価が下落局面でも利益が狙えるインバース型ETFを比較