投資を始めるには不動産投資より株式投資がおすすめな理由

不動産投資のサブリース契約を巡るトラブルが相次いでいます。日銀のマイナス金利政策により低金利での借り入れができることや節税を目的として個人が不動産投資に乗り出す方が増えています。

不動産投資でも株式投資でも同様ですが、投資は簡単にお金が得られると思い込んで手を出すのは危険な行為です。ただ、これから投資を初めてみたいと考えている場合は、まずは株式投資からはじめるのが良いと考えています。その理由をお話します。

不動産投資とは?

はじめに断っておきますが、筆者はこれまで実物の不動産には投資したことはなく、不動産投資信託(REIT)を買ったことがある程度しかしたことはありません。そのため、実物の不動産の投資についての体験をベースにお話することはできませんが、不動産については、それなりの知識は保有しているつもりです。その知識とこれまでの経験を踏まえてお話をさせていただきます。

不動産に投資する方法として代表的なのが実物の建物や土地を購入することがあげられますが、不動産に投資する場合、必ずしも実物の不動産を購入する必要は...

不動産投資とは、土地や建物などの不動産を購入して、不動産の値上がり益を得る目的でお金を投じること(キャピタルゲイン)や、土地や建物を人に貸して固定収入(インカムゲイン)を得ることでリターンを得ることを言います。

株式や投資信託に例えると、株を購入して、購入時より株価が上がれば値上がり益が得られますし、企業が利益が得られれば配当金としてインカム収入が得られます。

今、問題となっているサブリース契約

近年ではニュース報道で個人の不動産投資における「サブリース契約」を巡る問題が取り上げられる機会が増えています。サブリース契約とは、アパートやマンションを不動産管理会社が一括して借り上げることで、入居者の有無を問わず、一定期間賃料の支払いを保証する契約です。

ただ、近年では入居者が十分に確保できずに、収益確保が難しくなり一方的に賃料を引き下げられる、賃料の支払いが滞るトラブルが増えています。

直近では、シェアハウスの「かぼちゃの馬車」を展開していたスマートデイズでは、入居者が十分確保できず所有者への賃料の支払いが滞ったことで、所有者のローンの返済が困難になったとの報道がありました。

スマートデイズの実態としてシェアハウスを大量に供給するために、融資資料を改ざんしたことで審査を通過しやすくしたとの疑惑も浮上しています。所有者の多くは、資産運用や副収入などを目的に投資として始めたサラリーマンが多いとされており、借入額も1億円を超えているとしています。

一般のサラリーマンが1億円以上の借金を抱えるのは、収入を考えると無理がある話で、スマートデイズが目先の利益だけを考えた爆走経営が裏目に出た格好となったといえます。

不動産投資の問題点

不動産は不動産業者と直接やり取りすることになりますので、投資家自身で信頼できる不動産業者や不動産そのものの価値や信頼性を見極める必要があります。

株式の場合は、証券会社が注文を取りまとめて、証券取引所を通じて売買を行います。それにより、証券取引所が予め定めた条件を満たした株式が流通できることや不正な取引を監視することで、我々投資家は安心して売買することができる環境が整っています。

不動産取引でも最低限のことは法律で規定されていますが、取引する不動産業者や不動産そのものの価値や質を担保する制度はなありません。そのため、知識不足で不動産投資を始めると、今回のサブリース契約の問題を含め、悪質な不動産業者の言いなりになり騙される、契約条件が不利になど可能性が高いと言えます。

株式は不動産とは異なり高額な資金の用意や借り入れが不要

近年では投資で、資産を増やしたい、副収入を得たいと考える方が増えていますが、はじめて投資を行うという場合、多額の資金を用意したり、借り入れが必要となる不動産ではなく、株式投資が最適であると考えています。

筆者は、これまで株式投資を長く行ってきたこともあり精通しているという側面もありますが、株式投資は、多額の資金を用意する必要もなく、借り入れをせずに自己資金ではじめることができます。

自己資金が少ない状態で多額の借金をすることは、株価の変動以上に大きなリスクを背負うことになります。従い、まずは使う予定がない余裕資金の範囲で株式で運用し少しづつ資産を増やしていく方向に持っていくことを目標に行うと良いでしょう。

不利な契約条件の押し付けや変更などのストレスが無い

不動産投資と一言で言っても、投資という側面より事業に近いと言えます。不動産は基本的に不動産業者と直接やり取りを行い進めていくことになりますので、ご自身の知識と交渉力がより求められます。

なんとなく副収入がほしい、節税したいといった理由だけであやふやな知識で不動産業者の言いなりになってしまうと、不動産業者から不利な条件を押し付けられる、途中で条件を無条件に変更するといったことも発生します。それをあとになって気づいて、不動産業者に問い合わせるも後々トラブルになりストレスがになってしまうこと考えられます。

株式投資の場合は、基本的には証券会社が定めた売買手数料に基づいて、証券取引所で成立した価格で取引が成立するのみですので、ノンストレスで投資をすることが可能です。

ちなみに、株式投資は買った後の価格変動がストレスになるという意見もありますが、株式投資は目先の評価額を気にしながら行うのではなく、あくまでも、将来の成長に期待して投資をするものです。事前の調査で財務状況が健全で今後の成長性が高い企業を見極めて行えば、後はチャートをチェックする必要は無いと考えています。対象企業の決算月に決算状況の確認や事業報告を確認して今後の投資の方向性を考えていくことが主な作業となります。

老後の安定資金を得たいと考えるのであれば不動産投資も併用も良い

株式投資がおすすめな理由について記載しましたが、筆者自身は不動産投資が悪いとは考えておらず、知識と資金力があれば株式投資の次に有用な投資手段であると考えています。不動産は、需要がある立地を選べば、株式投資とは異なり安定的な固定収入が得られるメリットがあります。

最初は株式投資を通じてある程度の資金を確保して、次のステップとしてその資金を担保にローンで借り入れを行い不動産投資をはじめると、更に効率的な運用が可能になります。更に、ローン返済が終われば、賃料のほぼ全てはご自身の収入になりますので、老後に備えた固定収入を得る手段として活用できるといえるでしょう。

(著者)吉川隆道

DMMが株取引サービス「DMM 株」をリリース!

DMMは株式売買サービス「DMM 株」を2018年4月4日からスタートしました。業界最水準の手数料設定の他、豊富な取引ツールで初心者から上級者まで納得できるサービスとなっています。

・現物取引の手数料は最低50円信用取引は80円均一の手数料設定!
・取引手数料に対して1%のポイント還元を実施!
・PCやスマホで取引できる高機能な取引ツールを用意!
・取引ツールは「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2つを用意!
・DMM FXとの資金振替が可能!

DMM 株に口座開設

関連記事

株式投資をする前に知っておきたい3つのリスクを紹介

米国発の貿易摩擦による株価と経済への影響とは?

IPOとは何か?新規株式公開の仕組みを徹底解説

株式投資を行う上で確認したい6つの経済指標と情報収集のポイント

株主総会とは何か?株を買う前に知っておきたい基礎知識を詳しく解説

株を買う時は収益力が高い企業を狙え!自己資本利益率(ROE)について解説