原油価格の変動における株価への影響とは?

原油価格が高騰すると、ガソリン代が高くなり足元の日常生活に影響を受けます。そのため、経済全体としても影響も無視できず株価への影響も見られます。今回は、原油価格の変動が株価へどのように影響するのか解説します。

原油価格は需要と供給に基づいて変動する

原油価格は、需要と供給に応じて価格が変動しています。例えば、石油の需要が増えた場合は原油価格は上昇し、逆に、需要が減った場合は価格は下落します。

特に、北半球では冬場になると暖を確保するために、石油は必須な燃料となりますので、価格が上がりやすくなります。また、石油は中東を中心にで採られることから、中東情勢が悪化した場合も、石油の入手が困難となることが予想されることから価格が上がりやすくなります。

これまでの原油価格はジェットコースターのように乱高下していた

WTI Spot Price(アメリカ合衆国のエネルギー省のデータを元に筆者作成)

過去から現在までの原油価格を見てみると、ジェットコースターのように乱高下していることがわかります。過去10年間における最高値は、2008年7月に1バレル145ドルを記録しています。しかしながら、その後、米大手金融リーマン・ブラザーズの破綻によって世界中が大不況に陥る「リーマン・ショック」によって、2008年12月には原油価格は1バレル30ドル台まで急落しました。

その後は、徐々に価格は上昇し2010年に入ると、リーマン・ショックの影響が抜けきれない先進国に代わって、新興国の経済成長が注目されるようになったことから、原油価格が1バレル100ドルまで回復しました。ただ、その後は、持ち合いの状況が続き、2015年に入ると、米国のシェール革命によって中東への依存度が下がったことと、新興国経済の成長鈍化が叫ばれたことにより、1バレル20ドル台まで下落しました。

その後、徐々に価格は回復し、2018年5月時点では1バレル70ドル前後で推移していましたが、2020年に新型コロナウイルスによる感染症が世界中に拡大したことで、航空需要の減少などで石油需要が一気に減少したことで、一時マイナスに転じるなど大幅な下落に見舞われました。



原油価格が上昇すると原材料調達価格が上昇し株価の下落要因に

原油価格の上場における株価への影響ですが、基本的に原油価格の上昇は株価へのマイナス要因となることが多いです。原油価格が上昇した場合、原材料の調達価格が上昇することになりますので、我々が使っているガソリンや灯油など燃料価格や、プラスチック製品の商品価格にその影響が現れ、最終的にその上昇した価格を負担するのは、消費者となります。

価格が上昇したことで、消費者が消費を控えてしまうことにつながり、その行動が長期化することで経済成長を鈍化させてしまうことが考えられるわけです。

そのため、電気やガス、運輸、製造業といった幅広い業種の株価が下落することになります。特に、原油価格の上昇で下落する業種として有名なのはANAホールディングス(証券コード:9202)や日本航空(証券コード:9201)といった空輸株で、飛行機は原油をベースとしたジェット燃料を使っており、原油価格が上昇すると燃料の調達コストが高くなってしまい業績への影響が懸念されます。そのため、原油価格が上昇すると、多くの航空会社では、国際線において航空運賃とは別に、燃料コストを利用者に上乗せして請求する「燃油サーチャージ料」を徴収します。



石油関連など原油を調達している企業の株価は逆に上昇する

原油価格が上昇すると、株価への下落要因となりますが、逆に石油などのエネルギーを再販している企業の株価は上昇します。

我々が身近にあるガソリンスタンドを経営している、JXホールディングス(証券コード:5020)といったエネルギー関連の企業の株価は、原油価格が上昇した場合、上昇分を上乗せして再販できるため、多くの収益が期待できます。また、資源を取り扱っている三菱商事(証券コード:8058)といった商社株も原油価格が上昇すると、その分収益が多くなることに期待できるため、株価が上昇します。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

ポイントを発行した場合は負債に計上?上場企業のポイント発行における収益への影響

円高になると日本株は何故下がる?為替と株価の関係を解説

株主優待が届かない時に確認しておきたいポイントと対処方法を解説

長期投資において評価損が出た場合は損切りすべきか?

株主優待制度導入企業の収益性は低い?優待の原資は何かを徹底解説

決算で株価はどう動く?企業決算から投資のヒントを得るポイントを解説