2018年5月より確定拠出年金(iDeCo)が一部改定、改定ポイントを解説

2018年5月より確定拠出年金(iDeCo)の制度が一部改定されます。運用する投資商品の選び方や転職や離職時における運用資産の移転方法についてルールが変更となっており、より使い勝手が向上しています。

今回は、2018年5月より改定されるポイントを解説します。

運用投資商品の上限数はリスクとリターンが異なる3本以上35本以下に

これまで、金融機関が顧客に対して提供する、確定拠出年金(iDeCo)で運用可能な投資商品は、3本以上(そのうち1本は元本保証型)となっており、その本数への上限数はありませんでしたが、改定後は、リスクとリターンが異なる3本以上35本以下に制限されます。

ただし、改定後についてはこれまで元本保証型の投資商品を最低1本用意する必要がありましたが、これが撤廃され、元本保証型の投資商品を用意する義務がなくなりました。

それにより、顧客に対して効率的な運用を提供することが可能となる他、運用本数を上限35本とすることで、これまで多すぎて何を選べばよいかわからないといった顧客の戸惑いを解消するメリットがあります。

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)サービスを詳しく見る

デフォルトの投資商品のルールを明確化

顧客が運用商品を指示をしなかった場合において、金融機関が独自の判断で運用の選定を行う、初期設定(デフォルト)の投資商品のルールも明確化されます。

企業型などでは、何かよくわからないが確定拠出年金制度への加入を促され、なんとなく加入したが、特に運用商品を設定していないケースでは、金融機関はデフォルトの投資商品として預貯金などの元本保証型の投資商品を設定していました。

ただ、預貯金などの元本保証型の投資商品であれば、これまでの銀行預金と変わらないことや低金利の状況の中で効率的な運用が期待できず、確定拠出年金に加入した意味がないということから、金融機関が顧客の属性などを判断した上で、対象の顧客に通知を行い株式や債券などを組み込んだ投資信託をデフォルトの投資商品として選定できるようになっています。



転職や離職時の運用資産をそのまま手続きなしで移管可能に

今回の改定で最も大きいのは、転職時や離職時における運用資産の移管が手続きなしで可能になったことです。

これまでは、転職などで退職した場合、加入している顧客が6ヶ月以内に手続きを行わなかった場合、自動的に国民年金基金連合会にこれまで運用してきた投資商品を現金化した上で移管されることになっていました。

改定後は、退職後6ヶ月以内に手続きをしなくても、転職先に確定拠出年金制度がある場合は、転職先の確定拠出年金や個人型確定拠出年金に運用商品はそのままで移管することが可能となりました。

中小事業主掛金納付制度の創設

今回の改定で、中小事業者向け(従業員数100人以下)に、従業員個人が加入する個人型確定拠出年金制度に対して、それぞれの従業員の掛け金に事業主が上乗せして拠出できる制度「中小事業主掛金納付制度」を創設します。

中小企業の一部では、退職金制度が無い企業も多いことや、中小企業団体が加入する厚生年金制度の解散などで、中小企業に務める従業員の老後資金の運用は制度として不十分な側面がありました。

今回の、中小事業主掛金納付制度を創設することで、中小企業につとめる従業員の老後資金のバックアップを強化します。



簡易型確定拠出年金制度の創設

従業員数が100人以下の中小企業向けに企業型確定拠出年金制度の設立手続きを簡素化した「簡易型確定拠出年金制度」を創設します。

中小企業において企業型確定拠出年金制度を導入することを検討した場合、様々な手続きに手間が発生することや運営時の負担が重いことから、人手が少ない中小企業での導入は難しい側面がありました。今回の改定で、設立条件をパッケージ化し、手続きを簡素化することで運営の負担を減らせるような制度設計となっています。

確定拠出年金(iDeCo)におすすめな金融機関

SBI証券

https://site0.sbisec.co.jp/marble/dc/

SBI証券の確定拠出年金は、運用できる運用商品として株式や債券、不動産といった資産を対象とした指数に連動するインデックスファンドの他、より多くの利回りが期待できるアクティブファンドといった35本の豊富なラインナップを用意しています。

また、運用商品をどれを選んでよいかわからない方に、ロボットアドバイザー「SBI-iDeCoロボ」を提供しており、質問内容に回答するだけで属性に合わせて最適な運用商品を提案してくれます!

加入時と運用時の手数料は、加入時に国民年金基金連合会に支払う2,777円、運用時に毎月支払う口座管理手数料は、SBI証券から請求される運営管理手数料は無料で国民年金基金連合会と事務委託金融機関へ支払う167円のみとなっており、低コストでの運用可能です!

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://dc.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券が提供する確定拠出年金は、国内外の株式と債券、不動産、バランス型投資信託といった合計35本の投資信託を取り揃えています。加入時と運用時のコストも安く、加入手数料は国民年金基金連合会からの2777円のみで、運用時に毎月支払う口座管理手数料はたった167円で運用できます!

楽天証券は、通常の証券口座と確定拠出年金口座と同一のIDで利用することが可能で手間が省けるほか、管理画面も使いやすいのが特徴です!

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://mst.monex.co.jp/mst/servlet/ITS/ideco/IDecoGuestTop

マネックス証券の確定拠出年金は、国内外の株式や債券、不動産などに投資する厳選した23本の投資信託から運用商品が選べます。また手数料は、加入時には国民年金基金連合会に支払う2,777円のみで、運用時は金融機関から請求する運営管理手数料が無料となっていますので、こちらも毎月支払う口座管理手数料としてはたった167円で運用できます!

更に、マネックス証券では確定拠出年金専用のロボットアドバイザーを提供しており、はじめの運用商品選びをご自身の属性などをAIを使って最適な運用プランを提案してくれますので、はじめての方でも安心して運用を開始できます!

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/ideco/

松井証券は、創業100年以上を誇る老舗の証券会社で、これまでは中小証券会社として長年展開をしていましたが、業界で初めてネット証券に参入をしています。運用商品は松井証券が厳選した12本の投資信託から選ぶことが出来ます。ラインナップは少ないですがどれも信託報酬が1%未満の低コストの投資信託を選んでおり、はじめての方でも迷うことなく目的にあった運用商品を見つけられます!また、運用時の口座管理手数料はたったの167円で毎月低コストでの運用が可能です!

松井証券公式サイト

関連記事

確定拠出年金(iDeCo)の配分変更とは何か?その概要とポイントを解説

確定拠出年金(iDeCo)で運用商品を選ぶ前に確認すべきポイント

確定拠出年金の拠出金を確定申告もしくは年末調整で申告する方法

確定拠出年金(iDeCo)を運用する際に必要となる手数料

確定拠出年金(iDeCo)のスイッチング(預け替え)と配分変更の違いは何か?

企業型確定拠出年金を運用中に転職した場合の手続き方法を解説