世界で人気が高いバンガードETFとは?人気の秘訣と特徴を解説

上場投資信託(ETF)は、特定の指数に連動した値動きを行い、証券取引所を通じて売買できる投資信託ですが、その中でも世界中の個人投資家から指示を集めている運用会社「バンガード」があります。

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏も推奨するなど、投資のプロ認めるETFですが、その人気の秘訣とは何があるのでしょうか。

今回はバンガードETFが支持されている理由と特徴を解説します。

バンガードETFとは?

バンガードETFとは、米国の投資会社バンガードが運用している上場投資信託(ETF)です。投資情報サイトモーニングスターによると、2014年12月末時点において公募型のインデックスファンドシェアは世界で1位を獲得しています。運用総資産額は約5兆米ドル規模となっており、投資家数は世界に2,000万人以上です。

日本では、SBI証券楽天証券などネット証券の外国口座を通じて購入することができます。日本で購入できるバンガードETFは2018年5月時点で67本のETFが購入できます。

バンガードのETFは、主に米国を中心とした海外の証券取引所に上場しているETFとなりますので、取引する場合は、後述している証券会社で外国口座を開設する必要があります。また、取引の際には、あらかじめ日本円を米ドルなどの現地通貨に換えた上で購入することになります。

ETFの投資商品そのものについての詳細は、以下の記事で詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。

普段耳にする「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」といった指数は、平均的な株価の値動きや全体的な株価の値動きを把握するのに役立ちますが...

バンガードETFの人気の秘訣:低コストでの運用が可能

バンガードETFが世界中の投資家から人気を集めている理由としては、低コストでの運用が可能である点です。

ETFは、もともと指数に連動することから、銘柄の選定や調査といった作業が殆ど必要ありませんので、その分コストを抑えることができますが、バンガードETFの場合は、一般的なETFよりも更にコストを抑えているのが特徴です。ここで言うコストとは、一般的に運用会社に支払う運用代行費用に該当する「信託報酬」のことです。

同社のホームページによると、米国籍のETFの平均経費率(コスト)は、0.62%としていますが、バンガードETFの平均経費率は0.11%としており、一般的なETFと比べて約0.5%程のコストが抑えられることがわかります。

コストを単純に数値で見ると、わずかな差に見えますが、これを長期的に運用した場合、コストの差が大きくなってしまいます。そのため、効率的な運用を行うには低コストなETFを選定することが重要です。

バンガードETFの人気の秘訣:バンガードに共同出資で間接的に株主になれる

バンガードETFが一般的なETFと比べて、コストを抑えられる仕組みとしては、共同出資によって間接的にバンガードの株主になれことにあります。

わかりやすいイメージで例えると、生協や共済に近いといえます。通常の株式会社は、顧客がサービスや商品を購入し、その収益を外部の投資家に配当で還元することになりますが、顧客と投資家が同一であり、顧客がそれぞれ共同で運営者に出資することで、外部の投資家に利益を分配する必要性がなくなります。

バンガードETFの人気の秘訣:世界中の株式や債券に投資可能

バンガードETFは、様々なETFのラインナップから選べ、先進国や新興国など世界中の株式や債券に幅広く、低コストで世界に幅広く分散した投資ができるのが特徴です。

バンガードは、日本国内では67本のETFが購入可能ですが、その中でも国内の個人投資家の間で人気が高いETFとして「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」があります。SBI証券が2014年に発表した海外ETFのランキングでは1位を獲得しています。

同ETFは、英国の経済紙ファイナンシャル・タイムズが算出している「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」指数に連動したETFで、先進国と新興国をあわせて世界47カ国の大型、中型、小型株の約8,000銘柄に幅広く分散した投資できます。2018年5月時点で経費率は0.10%となっており、非常に低コストで運用が可能です。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の詳細については、以下の目論見書をご覧ください。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)目論見書

上場投資信託(ETF)投資におすすめな証券会社
サクソバンク証券 SBI証券 楽天証券 マネックス証券
ETF銘柄数 米国:約1000銘柄
欧州:約1700銘柄
香港:約70銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
国内:221銘柄
外国:約300銘柄
売買手数料 米国:0.025%
欧州:0.1%
香港:0.25%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
韓国:0.9%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
国内:50円~
米国:0.45%
中国:0.26%
無料ETF 9銘柄 9銘柄 27銘柄

上場投資信託(ETF)を活用して投資する場合、ETFの取扱銘柄数と売買手数料のやすさを考慮して選ぶことが重要です。

サクソバンク証券

サクソバンク証券はデンマークの投資銀行サクソバンク傘下の証券会社で外国株式の取り扱いに強みがあります。同社は海外市場に上場しているETFを約2700銘柄取り扱っています。米国市場に上場しているETFであれば、売買手数料は0.025%と安価に売買できます。

サクソバンク証券公式サイト

SBI証券

SBI証券では、東京証券取引所に上場しているETFに加え、外国市場に上場しているETF約300銘柄を扱っています。売買手数料は国内は5万円までは50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社といった対象の9銘柄のETFを活用することで買付手数料無料で利用できます。

SBI証券公式サイト

楽天証券

楽天証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国、シンガポール市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は国内であれば5万円まで50円で取引できる他、米国のバンガード社やブラックロック社、ゴールドマンサックスアセットマネジメント社が運用している合計9社のETFが無料で買付できます。

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券では、東京証券取引所に加え、米国と中国市場に上場しているETFを約300銘柄以上扱っています。売買手数料は10万円以下は100円、米国市場は約定代金の0.45%、中国市場は約定代金の0.25%で取引できます。外国ETFのウィズダムツリー社が提供しているETF、27銘柄を対象に無料で売買が可能となっています。

マネックス証券公式サイト

関連記事

過去10年で4倍に上昇!ナスダック指数に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較

世界経済は成長を続けるのか?将来の見通しと手軽に世界に分散投資する方法

上場投資証券(ETN)とは何か?概要と特徴について解説

投資信託を取引する上で発生するコスト(手数料)とは?

投資信託とは何か?投資信託の仕組みと特徴を徹底解説

ダウ平均株価(NYダウ)に連動する上場投資信託(ETF)を徹底比較