株主総会とは何か?株式投資家の視点における総会の概要を解説

上場企業の株を持っていると株主総会の招集通知が届くことがあります。そもそも、株主総会とは何をしている会議なのかと疑問に思われている方も多いかと思います。今回は、投資家の視点にたって株主総会とはどういった会議なのかを解説します。

株式会社の今後の方向性を決めるための重要な会議

株主総会とは、株式を発行している企業が、今後の経営に対する方向性を決めるための重要な会議です。

株式会社は企業経営をしていくために、株式を発行することで、その株式と引き換えに資金を提供することで株主になります。株主になると企業の経営権と受益権が得られます。

企業が今後の経営において、何かしらの決定事項を決める場合は、企業が勝手に決めて事をすすめるのではなく、最終的に株主総会を開催して、株主の同意を得た上で行うことになります。

株主総会は上場企業だけではなく、非上場企業、中小企業でも規模の違いはありますが、必ず毎年1回は開催されています。



定時株主総会と臨時株主総会

株主総会には、主に定時株主総会と臨時株主総会の2つがあります。

定時株主総会

定時株主総会は、毎年度が終了後、年に1回定期的に開催されれる株主総会です。日本の企業は毎年3月決算を採用している企業が多く、3月以降に株主総会を開催する企業が多いです。

株主総会は、株式会社が任意で開催するものではなく会社法によって毎年開催することが義務付けられており、決算を終えて3ヶ月以内に開催する必要があります。そのため、日本の企業では6月に株主総会を開催する企業が多くなるのも理由の一つです。

ただ、複数の企業の株式を保有していると、株主総会の日が重なってしまうことも珍しくなく、可能な限り分散した開催が望まれます。

臨時株主総会

一方で、臨時株主総会は、株式会社が緊急で何かしらの決議事項が生じた場合など必要に応じて開催される株主総会です。例えば、吸収合併といった、突発的に生じた決定事項に対して、株主にその趣旨を説明し同意を得てもらいます。

日本電信電話株式会社の株主総会招集通知と議決権行使書(筆者撮影)

株主総会を開催する場合、開催日の2週間前までに招集通知が郵送されます。そこに同梱されている案内と議決権行使書を開催日当日に持参して参加を行います。



株主総会における決議事項

株主総会では、今後の経営における決議事項を決めるものですが、大まかに説明すると「企業の役員の選任や解任」、「余剰金の配当額」、「役員報酬」、「吸収合併」、「事業譲渡」、「解散」があります。

毎年1回開催される定時株主総会では、「企業の役員の選任や解任」と「余剰金の配当額」、「役員報酬」が主な決議事項となります。

一方で、臨時株主総会では、「企業の吸収合併」、「事業譲渡」、「解散」といった決議事項である場合が多いです。

決議事項は、資本多数で決まり、保有している株式数が多ければ多いほどその影響力は強まります。これまでの、日本の企業では、株式の持ち合いが多いこともあり、株主総会において企業の思惑通りに決議事項が採決されることが多かったですが、近年では、外国人投資家の進出や物言う株主(アクティビスト)が台頭し、コーポレート・ガバナンスの向上を求めて、役員の選任や解任、余剰金の配当額、役員報酬などに対して賛否基準が厳しくなりつあります。



議決権の行使方法

議決権を行使する場合、当日株主総会に出席して行使を行います。ただ、当日、他のスケジュールと重なって参加できない、遠方のため参加が難しいこともあります。参加ができない場合は、「郵送による書面による投票」、「インターネットを使った電子投票」、「代理人による行使」が可能です。

郵送で行使する場合は、招集通知に同梱されている議決権行使書に賛否を記入して返送を行います。インターネットの場合は、議決権行使書または開催案内に記載されている指定のURLにアクセスして投票を行います。

代理人による行使の場合は、対象の企業の株主である者を代理人に指定して株主総会当日に行使します。株主でない家族や知人に代理で行使することはできませんので注意が必要です。ただ、企業によっては代理人による行使を受け付けていない場合もあります。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

ナスダック総合指数とは何か?指数概要を徹底解説

株価純資産倍率(PBR)とは何か?株価の適正を判断する指標を解説

自己資本利益率(ROE)とは何か?投資する前に確認したい経営指標を解説

配当利回りとは何か?投資額と配当額の割合を確認する方法を解説

空売りとは何か?その仕組みと概要をわかりやすく解説

中国を代表する株価指数「上海総合指数」の概要を解説