株式投資で成長企業を見つけるには、企業の決算情報やニュース、業界情報に着目!

株式投資において、個別銘柄を選ぶ上で対象企業の情報収集を行い、将来的に業績が拡大し株価が上昇するという根拠となる情報を仕入れる必要があります。

成長余地がある企業を見つけるにはどのように情報収集を行えばよいのでしょうか。今回は、成長企業を見つけるための情報収集のポイントを解説しました。

現在の株価とその状況

個別銘柄を選ぶ上では、はじめに現在の株価がいくらで推移しているのか、また、現在の株価が割安なのか割高なのかを判断し、今が買い時であるか、もう少し様子見をしたほうが良いのかを判断します。

株価は需給関係に応じて毎日変動していますが、株価は常に先々のことを織り込んだ上で推移していますので、注目度が高い銘柄は本来の企業価値より割高に推移していることも珍しくありません。

株価が本来の企業価値と比べて割安なのか割高なのかを判断する指標としては「株価収益率(PER)」と「株価純資産倍率(PBR)」の2つが用いられます。

PERは、現在の株価が1株あたりの利益に対して何倍まで買われているかを示しています。具体的に何倍であれば割高か割安かの基準はありませんが、日経平均全体のPERや業界全体のPERを比較して判断できます。2018年6月時点における日経平均のPERは13倍前後で推移しています。

PBRは、現在の株価が一株あたりの純資産に対して何倍まで買われているかを示しています。基本的に1倍を下回っていれば割安、1倍を上回っていれば割高と判断できます。

PERとPBRは日経会社情報や四季報で確認できる他、SBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券を活用することで最新のデータが確認できます。

PERとPBRについての詳細は以下の記事を合わせてご覧ください。

株式投資を行う際に、単純に株価の値動きをウォッチし、上がりそうであれば買い注文を入れ、下りそうであれば売り注文を入れるといった短期的な値動きに着...

企業の決算情報

現在の株価とその水準を確認した後は、対象の企業の決算情報を確認します。決算情報は株式投資を行う上での重要な情報源となり、企業の成績表とも揶揄されるほど企業の良し悪しを判断する材料となります。

決算情報は、企業のホームページのIRページにアクセスして「有価証券報告書」や「決算短信」が公開されていますので、これらの資料を活用して調べることができます。決算では売上や営業利益、経常利益、純利益の推移、来期の決算予想、財務状況などが記載されています。



決算短信は、四半期ごとに公開され、3ヶ月毎の経営状況が確認できます。また、期末になると1年間を通じた連結決算が公開されます。また、損益計算書や賃借対照表、その他説明も記載されており、対象の企業が置かれている経営状況を確認できます。

決算情報は、SBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券を活用することで最新のデータが確認できるほか、進捗率やアナリストのコメントなど細かい情報も合わせてチェックできます。

四半期ごとの決算や経営状況を確認して、純利益が予想を上回るか、下回るかを確認して過去と比較して予想を上回るかを確認するのがポイントであると言えます。

株式投資を始める場合、銘柄を選定するにあたり企業業績が良好であり、将来的にも利益を出し続ける企業に投資することが重要です。その手がかりを知るため...

企業や業界のニュース

企業の個別ニュースも投資を判断する重要な情報源となります。例えば、工場を新たに建設する、他社と資本提携を行う、他社と合併する、新たな事業を始めるといった、将来的に業績拡大が見込まれるニュースの他、企業の不祥事など、今後の企業経営にマイナスの影響が懸念されるニュースなどがあります。

企業が将来の業績拡大に向けてどういった投資を行っているのかを把握することで、今後の企業の方向性を掴み投資の判断に活用できます。一方で、不祥事などマイナスのニュースが発表されていた場合は、それによる業績に影響度や企業の対応などを見極める必要があります。場合によっては、投資の見送りや既に株式を保有している場合は、手放すといった決断も必要になります。

また、合わせて、同業他社の動きも合わせて知っておくことで、対象の企業の位置づけの他、同業他社の動向によって将来的に業績にどのように影響するのかを判断することができます。

企業や業界に関する情報収集は、日本経済新聞の企業欄や、関連紙である日経産業新聞を活用すると、個別企業の動向を幅広く知ることができます。さらに、特定の業界について詳しくまとめた専門サイトや専門誌などを活用するも一つの方法です。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

米国株に投資する際に確認したい「CAPEレシオ(シラーPER)」の指標概要を解説

外国人投資家の比率が多い銘柄は投資しても大丈夫?投資する上での利点と注意点を解説

株を買う時は収益力が高い企業を狙え!自己資本利益率(ROE)について解説

株式投資を行う上で確認したい6つの経済指標と情報収集のポイント

ポイントを発行した場合は負債に計上?上場企業のポイント発行における収益への影響

株で中長期で投資できる銘柄を選定する4つのポイント