米国発の貿易摩擦による株価と経済への影響とは?

トランプ大統領による鉄鋼・アルミニウムへの追加関税を実施することを明らかにしたことで、世界におて貿易摩擦の懸念が高まっています。それに伴って、経済への悪影響を懸念して多くの投資家が株式市場から資金を流出する動きが加速しており軒並み株価が下落しています。

今回は、貿易摩擦の発生により世界経済や株価にどのような影響が生じるのか解説しました。

貿易摩擦とは?

貿易摩擦とは、貿易相手国との輸出入において、特定の商品などが海外から輸入されたことで、国内で同商品を製造・生産している産業界の地位が低下してしまい、企業の倒産や失業が増えるなど、貿易相手国との競争力の差が広がることで経済への悪影響を及ぼし、両国との間に摩擦が生じることです。

自国で生産していた商品が、海外から輸入することによって価格は大幅に下がった場合、消費者は自然と価格が安い方を選ぶため、輸入品の売れ行きが高くなる一方、自国で生産した同商品の売れ行きが鈍くなり、自国内における産業の低下へと繋がります。

日本も過去に米国と激しい貿易摩擦が生じたことがあります。日本の電化製品や自動車が大量に米国へ輸入されたことで、米国内に日本製の電化製品や自動車が出回り、自国の商品の売れ行きが鈍くなりました。そのため、米国政府は日本政府に対して、日本の輸出木魚に対して自主規制の実施を求めた経緯があります。

貿易摩擦の発端は鉄鋼・アルミニウム輸入の追加関税

今回、世界に貿易摩擦の懸念が広がっている背景としては、米国のトランプ大統領が2018年3月に鉄鋼・アルミニウムの輸入に関して、最大25%の追加関税をかける措置を明らかにしたことがきっかけです。

トランプ大統領は、「アメリカ・ファースト」を掲げ、自国産業の発展と雇用を増やすことを第一に考えています。そのため、安価な輸入品を減らすことで自国の産業の発展を優先したい事情があります。

また、米国の貿易赤字が続いていることも嫌気をさしており、追加関税を発動した要因としても考えられます。2018年2月6日付の日本経済新聞の記事によると、2017年度における米国の貿易赤字は7962億ドル(約86兆8千億円)としており、9年ぶりの高水準であると報じています。



対中国との貿易赤字拡大で貿易戦争が激化

今回の貿易摩擦において、対中国との貿易戦争が激化しています。先程の貿易赤字額7962億ドルの内、約半分の3752億ドルが対中国との取引を占めていることから、対中国との貿易赤字を削減するために、中国に対して、鉄鋼やアルミニウム、知的財産侵害への制裁措置を検討していると強硬姿勢を表明しています。

トランプ大統領としては、中国側は不公正な貿易慣行を是正する意思がないことに不満を持っていることもあり、今後は幅広い製品に対して追加関税がかけられる可能性もあります。

また、それに対して中国側も対抗措置を実施することを表明しており、農産物などの米産品に対して、同額に25%の追加関税をかける方針を明らかにしています。ただ、中国は米国からの輸入は1300億ドル程度と少ないことから質を重視した対抗措置を行うとしています。

企業業績や個人消費の低迷つながり世界経済に悪影響

米国を発端とした貿易摩擦ですが、鉄鋼・アルミニウムは自動車や航空機、電子部品など、あらゆる製品に使われていることから、追加関税が行われば、これらの原材料の入手が難しくなり、価格が高騰することで企業業績や個人消費の低迷に繋がる懸念があります。

また、更に今後追加関税の対象商品が広がることで、この影響が多岐に及び、企業業績や個人消費が低迷すると、世界経済にとって悪影響となります。

貿易摩擦を懸念して世界各国の株価も下落

2018年以降のNYダウ株価推移(筆者作成)

貿易摩擦に対する懸念から株式市場は敏感に反応しており、アジアを始め世界各国の株価が下落傾向になっています。

米国の株式指数NYダウは2018年6月21日の時点で8日連続して下落しており、11日の2万5322ドル31セントをピークに、21日の終値は2万4461ドル7セントで取引終了となっています。今年に入って株価が一番高かった2018年1月26日以来、約8%の下落となっています。

米国の標的となっている中国の株価は26日以来で約18%のマイナス、韓国が8%、トルコが21%、フィリピンが22%の下落幅を記録しています。

ただ、日本の株式市場においては、為替レートが対米ドルで109円から110円前後で推移するなど円安傾向に回復していることが下支えとなり、26日以来4.7%のマイナスにとどまっています。

近年ではトランプ大統領における、突発的な発言や発動に市場が振り回されており、今回の貿易摩擦の懸念から株式市場から資金が流出しており、相場観の方向性が見えない状況となっています。今後も引き続き、貿易摩擦が繰り広げられると不安定な株式相場は続いていくものと言えそうです。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

株式投資と不動産投資はどっちが良いか?株式投資がおすすめの理由

トランプ大統領がメキシコに追加関税5%示唆で大幅下落!2019年5月27日の週の...

2018年9月期の日本上場企業の中間配当額が過去最高の4.9兆円に!企業の株主還...

株式相場に春は訪れているのか?2019年2月の相場観

日経平均株価が2万円丁度付近まで下落!2019年の日本株投資戦略

日本株は長期投資に向かないのか?日本株式市場の問題点