債券投資する前に確認したい信用格付の確認方法を解説

債券投資を行う場合、債券の発行体に対して決められた期日(償還日)までに利息の支払いと元本の返済ができるかをしっかりと見極めることが重要です。

そこで投資に値するかを確認する材料として第三者の格付機関がランク付けした「信用格付」が有力な情報となります。今回は債券投資を行うに当たり、信用格付の確認方法を解説します。

債券の信用度は財政の安定性を元に評価

債券の信用度は、債券を発行する発行体の財政状況を元に、第三者の格付機関が調査したデータを元に、客観的に信用度をA~Dのアルファベットを用いて評価を行います。

債券は、株式とは異なり、あくまでも投資家からお金を借りるために発行したもので、借入の条件などを記載した借用証書に該当するものです。発行体は、債券と引き換えて資金を借りることができますが、決められた償還日までに利息の支払いと元本の返済を行います。

そのため、債券を購入するということは、お金を貸すことになりますので、お金を貸す相手がしっかりと返済能力があるかを見極める必要があります。

返済能力があるかを調査する格付機関として、世界で有名なのはスタンダード&プアーズ(S&P)、ムーディーズがあります。日本国内の格付機関としては、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)があります。

格付機関によって格付ランクの評価方法は概ね共通していますが、その信用度を示す表記方法は若干異なる場合があります。ただ、格付の評価内容について大きなばらつきがあるわけではありません。

資産運用を行う際に、株式と債券をポートフォリオに組み入れることをよく勧められますが、債券とはいったいどの様な金融資産なのかいまいちわかりづらいの...

信用格付ランクの評価方法

債券投資を行う前に確認すべき信用格付ランクは、冒頭でも説明しましたがA~Dのアルファベットで表記します。表記方法は格付機関によって多少異なる場合もありますが、どの格付機関も共通して言えるのは、アルファベットがAに近ければ近いほど信用度が高く、Cに近づけば近いほど信用度は低くなります。

今回は格付投資情報センター(R&I)の信用度のランク付の定義を例に説明します。個別の格付機関のランク付けについては割愛します。

格付ランク 概要
AAA(トリプルエー) 信用度が最も高く、多くの優れた要素がある
AA(ダブルエー) 信用度は極めて高く、優れた要素がある
A(エー) 信用度は高く、部分的に優れた要素がある
BBB(トリプルビー) 信用度は十分であるが、将来環境が大きく変化した場合、注意すべき要素がある
BB(ダブルビー) 信用度は問題ないが、将来環境が大きく変化した場合、十分に注意すべき要素がある
B(ビー) 信用力に問題あり、絶えず注意すべき要素がある
CCC(トリプルシー) 債務不履行に陥っている、または、その懸念が強い。債券の回収が十分に見込めない可能性がある
CC(ダブルシー) 債務不履行に陥っている、または、その懸念が極めて強い。債権回収がある程度しか見込めない可能性がる
C(シー) 債務不履行に陥っており、債券回収の見込みも殆ど無い。

 

格付機関によっては、アルファベットに「+(プラス)」もしくは「-(マイナス)」を付加することで、対象のランクの中でも上位に位置するのか、下位に位置するのかを表記する場合があります。

例えば「AA+」であれば、AAAに近い「AA」となり、逆に「AA- 」であれば、Aに近い「AA」と判断できます。

信用力が高ければ利回りは低く、低ければ利回りは高い

債券投資を行う上で、投資した以上のリターンを得る手段としては、発行体が支払うお金のレンタル料に該当する利息があります。

債券の利回りは信用力によって異なっており、一般的に信用力が高ければ高いほど利回りは低く、逆に、信用力が低ければ低いほど利回りは高くなります。

信用力が高い債券は、債券回収が十分に見込めることから多くの方が安心して買えますが、信用力が低い債券は、リスクが高いため誰も買おうとはしません。そのため、利回りを高くしなければ購入する人が現れないため、利回りをあえて高くしているわけです。

BBB以上は「投資適格格付け」、「BB」以下は投機的格付け

信用力が高ければ利回りは低い一方、信用力が低ければ利回りが高くなりますが、その境界となるのが「BBB」と「BB」になります。

BBB以上であれば、信用度は十分でありますので、利回りが少なくても長期的に投資をすることが可能であるため「投資的確格付けと呼ばれます。

一方で、BB以下は信用度が不十分でありますが、利回りが高いため、短期的な投資によって利回りを確保することが中心となりますので「投機的格付けと位置づけられます。

最終的な投資判断は投資家自身で行う

信用格付は、あくまでも債務不履行のリスクを客観的に示すものであり、信用格付が高い債券に投資をしなさいということを示しているものではありません。最終的には債券投資を行う上で、リスクに対してどれだけのリターンを得たいかを投資家自身が判断することが重要です。

また、信用格付は100%の信用度を示したものではありませんので、例え信用度が高くても債務不履行に陥るリスクはありますので、あらかじめ留意しておく必要があります。また、財務状況の変化によって常に格付が変化することもありますので、投資期間中はその変化を定期的に確認しておくと良いでしょう。

(著者)吉川隆道

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が10万円から20万ではたったの97円、20万円から50万でも180円となっています。そのため、1回あたりの投資額が多い方におすすめです。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

ETFとFXの2つが自動売買できる「自動売買セレクト」の魅力を紹介

外貨預金とFXの違いは何か?主な5つの違いを解説

買い物で貯めたポイントを無駄なく運用に!ポイント投資の概要と特徴を解説

投資信託を取引する上で発生するコスト(手数料)とは?

こんな投資信託には要注意!購入前に避けるべき5つのポイント

人気上昇中の投資信託「ひふみ投信」とは?その特徴と運用成績を解説