債券と債権の違いは何か?それぞれの違いを解説

債券投資とは、発行体に対してお金を貸すことでその利息収入から利回りを狙う投資です。たまに経済新聞などを見ていると、たまに「債権」というキーワードを目にすることがあります。

債券と債権は両者とも発音は同じですが、それぞれが持つ意味は少し異なっています。今回はこの2つの違いを詳しく解説します。

債券とはお金を貸したことを証明する借用証書

債券の仕組み(筆者作成)

債券とは、国や地方自治体、民間企業などがお金を借りる目的で発行する借用証書のことです。

国や地方自治体、民間企業などはお金を借りる場合は、単純にお金をかりるだけではなく、いくらお金を借りて、借りたお金はいつまでに返す必要があるのか(償還日)、利息はいくら支払うのかといった情報が詳しく記載されており、しっかりとお金を借りたと行く証拠を残しています。

そのため、投資家側からすると債券は、お金を貸していることを証拠として残しておくための有価証券と考えておくと良いでしょう。

ただ、近年では証券業務が電子化したことで、以前のように債券を購入した場合、その借用証書は紙で発行されず、全て電子的な記録により残されています。そのため、債券を購入しても実物の債券は手元には届きませんので債券の条件などは証券会社の窓口もしくはネット証券のマイページ上で確認できるようになっています。

債券についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

資産運用を行う際に、株式と債券をポートフォリオに組み入れることをよく勧められますが、債券とはいったいどの様な金融資産なのかいまいちわかりづらいの...

債権とはお金を返してもらう権利のこと

債権とは、先程の有価証券の債券とは異なり、お金を第三者に貸した場合において、そのお金を回収できる権利のことを言います。

これは投資として債券を購入している場合は、発行体からお金を回収する権利はあります。また、投資以外の場合は、銀行が企業の設備投資資金や個人の住宅ローン資金向けにお金を貸した場合は、銀行は企業や個人からお金を回収できる権利があります。また、身近なことでは、消費者がクレジットカードを使ってお買い物をした場合、クレジットカード会社は、その決済金額を回収できる権利があります。このようにお金を貸した相手からお金を回収できる権利を持っている人や組織を「債権者」と言います。

一方で、お金を第三者から借りている場合、そのお金を返す義務が生じます。その義務を債務と言います。我々の生活上でもクレジットカードでお買い物をした場合や、住宅ローンを銀行から借りた場合は、債務を背負うことになるわけです。このように、お金を借りてその返済義務を背負っている人や組織を「債務者」と言います。

債券投資におすすめしたい金融機関

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が400万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日好きな時に債券の申し込みが可能です!

債券の購入手数料は無料で、余計なコストを気にすることなく投資ができます!

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/web

楽天証券は、楽天グループの証券会社で口座開設数は200万口座を突破し、SBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引できるほか、債券購入時の手数料無料です!

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、マネックスグループのネット証券で、海外の個別株やETF、ETNの取扱いが豊富なのが特徴です。こちらも、債券の購入手数料は無料です!

また、海外の投資商品の取り扱いも豊富で、海外の債券にも幅広く投資してみたいと考えている方にはお勧めできる証券会社です!

マネックス証券公式サイト

(著者)吉川隆道

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が10万円から20万ではたったの97円、20万円から50万でも180円となっています。そのため、1回あたりの投資額が多い方におすすめです。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

ETFとFXの2つが自動売買できる「自動売買セレクト」の魅力を紹介

FXのスワップポイントとは何?トレード以外で稼ぐ方法を解説

仮想通貨はどうやって買える?買い方をわかりやすく解説

為替レートはなぜ変動するのか?変動する理由を詳しく解説

債券投資する前に確認したい信用格付の確認方法を解説

FXの「くりっく365」とは何か?概要と特徴を徹底解説