株式の売買単位が2018年10月までに100株単位に統一

東京証券取引所に上場する株式が2018年10月1日までに株式の売買単位を100株単位に統一されます。

これまで、企業によって売買できる1単元あたりの株式数が異なっており、銘柄によっては多額の投資資金が必要になるなど株式投資のハードルが高い要因となっていました。100株への統一で投資家層の拡大に期待できそうです。

東京証券取引所に上場している9割が1単元あたり100株

東京証券取引所に上場する場合、株式の売買単位として1単元あたりの株式数があらかじめ決められていますが、これは企業によって異なっており、最低1株から最大2000株まで8種類に設定されていました。ただ、多くの企業では1000株単位で設定されていることが一般的となっていました。

ただ、近年では持ち合い株の解消などで、売買単位を低くすることで機関投資家や個人投資家など投資家層の裾野を広げる必要性が迫られていることから、1単元あたりの株式数を100株に設定する企業が増えています。

東京証券取引所によると、2018年6月時点において、東京証券取引所に上場している9割が1単元あたりの株式数は100株に設定されているとしていますが、全銘柄の内、役150社が1単元あたりの株式数が1000株になっているとしています。

米国のニューヨーク証券取引所では1株単位で売買可能

海外に目を向けると、1単元あたりの株式数を設定されていない場合も多く、設定されていたとしても1単元あたりの株式数は銘柄が異なっても統一されています。

米国のニューヨーク証券取引所に上場している企業は、1単元あたりの株式数の設定はなく、1株単位で気軽に売買できる仕組みが構築されています。そのため、多額の資金を用意することなく、気軽に株式を売買することができます。国内からはマネックス証券が米国株を3,000銘柄以上取り扱っており、1株単位で売買が可能となっています。

マネックス証券に外国株式口座を開設する

株式売買の敷居を下げ投資家層の裾野を拡大

東京証券取引所では、株式の購入に必要となる資金の目安として5万円から50万円が望ましいとしています。これまで多くの企業が1000株単位となっていたことから、50万円を超える資金を用意する必要があるなど、個人が株式投資を行う場合において敷居が高い要因となっていました。

近年では、企業の株式の持ち合いが解消されつつある中で、銀行預金の低金利状況が続いている状況や、物価上昇などを背景に個人においても投資の重要性が意識されている中で、売買単位を引き下げることで、東京証券取引所や企業としても、個人株主や機関投資家を獲得し、投資家層の裾野を広げていきたい狙いがありそうです。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が10万円から20万ではたったの97円、20万円から50万でも180円となっています。そのため、1回あたりの投資額が多い方におすすめです。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

日経平均株価2万2,000円迫り高値圏で警戒、2019年4月8日の週の株式相場概...

国内の証券会社を通じて保有している米国株は、株主総会の出席や議決権の行使はできる...

株式投資を始めるための投資資金を確保する方法を解説

確定申告で外国株の外国税額控除申請方法を解説

株式投資で退場しないために確認しておきたい行動戦略を紹介

外国株で得た配当金に対して外国税額控除の適用は可能か?