仮想通貨のモバイルウォレットとは何か?特徴とメリットデメリットを解説

仮想通貨を保管管理を行う場合、多くの方は「DMM Bitcoin」といった仮想通貨取引所を利用されている方が多いかと思います。ただ、2018年1月に仮想通貨取引所からの不正流出事件を受けて、手持ちの仮想通貨を取引所以外に保管管理する方法が注目されています。

その方法の一つとしてスマートフォンで仮想通貨の保管管理が可能な「モバイルウォレット」があります。今回は、モバイルウォレットの特徴とメリット・デメリットを解説します。

モバイルウォレットとは?

モバイルウォレットとは、仮想通貨の保管管理を手持ちのスマートフォンに専用のアプリケーション(アプリ)をインストールして行えるウォレットです。

手持ちのスマートフォンに専用のアプリをインストールして、そのアプリに仮想通貨を送金することで、仮想通貨のデータがスマートフォンに保管されることになります。

イメージとしては、銀行にあずけている預金を引き出して、ご自身のお財布にお金を移して手元で管理するイメージに近いと言えます。

モバイルウォレットは各サービスを提供している事業者よりAppStoreやGoogle Playからダウンロードして使うことができます。

仮想通貨取引所とモバイルウォレットの違い

これまで、保有している仮想通貨の保管は、「DMM Bitcoin」といった仮想通貨取引所が提供しているウェブウォレットに保管している方が多いのが現状です。

仮想通貨取引所は、仮想通貨の保管管理の他、仮想通貨の売買や決済とった取引が可能です。ただ、保管している仮想通貨は、仮想通貨取引所が、暗号化する際に必要となる秘密鍵を保持しており、安全性については仮想通貨取引所に委ねられています。

一方で、モバイルウォレットの場合は、仮想通貨の売買はできずあくまでも手持ちの仮想通貨を保管管理することに特化しています。ただし、後ほど紹介するモバイルウォレット「Ginco」では、2019年を目処に日本円などの法定通貨から仮想通貨を購入できるように準備をすすめていることを明らかにしています。

モバイルウォレットは、取引や保管時に暗号化する際に必要となる秘密鍵をご自身で管理することになりますので、ご自身が責任を持って管理することになります。

モバイルウォレットのメリット

モバイルウォレットのメリットとしては、保有している仮想通貨をご自身の手元でいつでも管理できることに加え、ご自身の責任で管理できるため、取引所のセキュリティリスクを抑えることができることにあります。

ご自身の手元で管理ができる

モバイルウォレットは、ご自身のスマートフォンに専用アプリをインストールして使います。そのため、仮想通貨のデータそのものは、スマートフォン上に保管されることなりますので、ご自身の手元でいつでも管理できます。

仮想通貨取引所のセキュリティリスクを抑えられる

モバイルウォレットは、仮想通貨取引所とは異なり、秘密鍵をご自身で管理することになりますので、ご自身のみが秘密鍵を知ることができます。そのため、管理をしっかりとしていれば、安全性を担保できます。

万が一、仮想通貨取引所で秘密鍵が漏洩した場合、預け入れを行っている仮想通貨が流出してしまうリスクも考えられますが、ご自身で管理しておくことで、こういったリスクを抑えられると言えます。

モバイルウォレットのデメリット

モバイルウォレットのデメリットは、仮想通貨のデータそのものはアプリをインストールした対象のスマートフォンのみとなりますので、他の端末からアクセスしてつかうことが出来ません。また、スマートフォンの紛失などが発生した場合は、仮想通貨そのものを失ってしまうリスクも考えられます。

アプリをインストールした対象のスマートフォンでしか使えない

モバイルウォレットは、仮想通貨取引所とは異なり、第三者のサーバー上に仮想通貨データを保管しているわけではなく、あくまでも。ご自身のスマートフォン上に保管していることになりますので、専用アプリをインストールした対象のスマートフォン以外のタブレット端末やパソコンといった異なる端末からアクセスして使うことはできません。

紛失したら仮想通貨を失ってしまうこともある

専用アプリをインストールしたスマートフォンを紛失したり盗難にあった場合は、仮想通貨そのものをすべて失ってしまうリスクがあります。これは、財布を紛失することと同様と考えておいても良いでしょう。

ただ、実物のお財布とは異なり、モバイルウォレットは万が一に備えてバックアップが行えるようになっていますので必ず、バックアップの設定が必要です。また、スマートフォンを第三者に操作されて勝手に仮想通貨を使われないようにするために、スマートフォンにパスコードロックなどの認証機能を付加することをおすすめします。

日本語対応のモバイルウォレット

https://ginco.io/

モバイルウォレットは、数多くのウォレットが出回っていますが、多くが海外で開発されているため日本語への対応状況が不十分なものが多いのが現状です。

日本語で活用できるウォレットとして、株式会社Gincoが開発しているモバイルウォレット「Ginco」があります。こちらは日本国内の仮想通貨ベンチャー企業が開発したモバイルウォレットで、2018年7月時点でBitcoinとEthereumを始め14通貨と豊富な通貨に対応しています。

2018年1月時点ではApple製のスマートフォン「iPhone」のみの対応ですが、GoogleのAndroid OSを搭載したスマートフォンへの対応も明らかにしています。

公式サイトはこちら!

(著者)吉川隆道

ビットコインは「DMM Bitcoin」がおすすめ!

https://bitcoin.dmm.com/

DMMは2018年1月より新規に仮想通貨取引所に参入し、「DMM Bitcoin」としてサービスを開始しました!同社は仮想通貨登録業者として「関東財務局長00010号」を取得しており、金融庁が規定した水準をクリアしており安心して取引が可能です。

・仮想通貨14通貨を取り扱い!
・初心者から上級者まで使いやすい取引ツールを用意!
・7通貨でレバレッジを利用して効率的な取引を実現!
・指値注文や逆指値注文、OCO、IFD、IFOといった多彩な注文方法に対応!
・日本円の入出金手数料が無料で低コストでの取引を実現!
・コールドストレージでオフライン保管で万が一でも安心
・自社資産と顧客の資産を分別して管理

DMM Bitcoinに口座開設!

関連記事

仮想通貨から日本円の入出金手数料に注意!各取引所の手数料を比較

GMOコイン貸仮想通貨サービスを開始!年率5%の賃借料が受領可能

仮想通貨の取引を健全にするために解決すべき4つの問題点

仮想通貨を売買する前に確認しておきたい注意すべきこと3つ

仮想通貨はどうやって買える?買い方をわかりやすく解説

仮想通貨で利益が得た場合の税金は?税金の仕組みについて解説