社債の種類とそれぞれの特徴を解説

民間企業が資金調達の目的に資金を借り入れる目的で発行する社債は、企業が資金調達の目的に応じて様々な種類の社債が発行されます。

今回は、一般向けに発行される社債の種類とそれぞれの特徴を解説します。

社債とは?

社債とは、企業が資金調達の目的に資金を借入を行う際の借用証書に該当するもので、以下の記事で解説した債券を企業が発行したものを指します。

資産運用を行う際に、株式と債券をポートフォリオに組み入れることをよく勧められますが、債券とはいったいどの様な金融資産なのかいまいちわかりづらいの...

社債を購入するこは、対象の企業に対してお金を貸していることになります。そのため、借用証書には借入期間や支払い利息といった借入に関する約束事が記載されています。ただし、近年では電子化によって実物の社債が発行されるわけではなく、電子的に記録されることになります。

近年では、低金利状況の中、企業が支払う利息を抑えて資金調達ができることに加え、投資家としても少しでも良い利回りを求めて社債を購入するケースが増えています。

また、企業が資金調達を行う手段として株式を発行する方法もありますが、株式は資金と引き換えに受益権を付与するもに対して、社債は単純に資金を借りることで、金利をあわせて償還日までに返済する必要があります。

企業が、個人投資家から資金調達を行う手段として株式を発行することと社債を発行する2つの方法があります。この2つはいずれも資金調達を行う手段である...

今回解説する社債には、大きく分けて4つの種類が存在します。

普通社債(SB)

普通社債(SB)は、英語でStraightBondと呼ばれるもので、償還日までに借りた資金を金利と合わせて返済する一般的な社債です。

普通社債を発行した企業は、償還日までの間に毎月決められた金利を支払います。支払う金利については、借入期間や対象の企業の格付によって変わってきます。

債券の金利は、格付機関によってA~Cのアルファベットで信用度(ランク)を表しますが、一般的に信用度が高い、Aランクになればなるほど金利は低くなります。逆に、信用度ランクが低いCランクに近づけば利息は高い傾向にあります。

債券投資を行う場合、債券の発行体に対して決められた期日(償還日)までに利息の支払いと元本の返済ができるかをしっかりと見極めることが重要です。 ...

転換社債(CB)

転換社債は、債券を株式に転換できる社債のことで、英語ではChangeable Bondと呼ばれます。日本語では正式に「転換社債型新株予約権付社債」と言います。

社債の発行については、先程説明した普通社債と同様ですが、社債の額面ベースで1株あたりいくらで株式に転換できるといった条件が付帯しています。

例えば、1株あたり1000円で交換できる条件が付帯した転換社債を100万円で購入したと仮定すると、1株あたりの株価が1年後に倍の2,000円になった際に、株式に転換後売却すると100万円の利益が得られます。

一方で、株価が下落した場合については、株式に転換してしまうとその時点では損失となってしまいますが、社債として持ち続ければ、償還日までに金利と合わせて返還されますので、株価の下落リスクを背負うことはありません。

そのため、転換社債は株価の値上がりと債券としての安全性を両立した商品であると言えます。

ワラント債

ワラント債とは、通常の社債と合わせて一定の価格で対象の企業の株式を購入できる権利が付帯した社債です。

先程、説明した転換社債については、社債を購入した金額の範囲内で、あらかじめ決められた1株あたりの価格で株式に転換できるものですが、ワラント債は、あくまでも一定の金額で株式を購入できる権利のみが付随しており、株式を購入するには、社債とは別に、別途株式を購入する費用を用意する必要があります。

劣後債

劣後債とは、一般的な社債と比べて、弁済順位が低い社債のことです。弁済順位が低いため、対象の企業は破綻した場合など返済できない事情が生じた場合は、投資した金額が帰ってこないリスクが高い特徴を持っています。ただし、リスクが高い代わりに、支払われる金利を高く設定されています。

劣後債は、リスクが高い代わりに高い利回り望む場合の他、発行する企業にとっては劣後債で調達した資金の一部を自己資本に組み入れられる特徴があることから、自己資本を上乗せしたい場合などに発行するケースが多いです。

債券の購入におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が400万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日好きな時に債券や投資信託の申し込みが可能です!

債券の購入手数料は無料で、販売手数料が無料となるノーロードの投資信託の本数は1,282本(2018/03/20時点)と、低コストで運用できる銘柄が充実しています!

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/web

楽天証券は、楽天グループの証券会社で口座開設数は200万口座を突破し、SBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引できるほか、債券購入時の手数料無料です!

また、投資信託の購入も販売手数料が無料のノーロードファンドの取扱数も1,274本です!

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、マネックスグループのネット証券で、海外の個別株やETF、ETNの取扱いが豊富なのが特徴です。こちらも、債券の購入手数料は無料である他、ノーロードファンドの取扱数は683本(2018年4月9日時点)となっています!

また、海外のETFが充実しているため、海外の債券にも幅広く投資してみたいと考えている方にはお勧めできる証券会社です!

マネックス証券公式サイト

(著者)吉川隆道

関連記事

証券口座の一般口座と特定口座の違いは何か?口座の違いについて徹底解説

SBI証券で個人向け国債を購入する手順を徹底解説

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

債券と債権の違いは何か?それぞれの違いを解説

債券投資する前に確認したい信用格付の確認方法を解説