貯蓄が苦手な人に最適?お買い物しながら投資できる「おつり投資」

投資を始めるには、ある程度まとまった資金が必要になることも多いですが、その資金を貯めるための貯蓄がなかなか出来ない方も多いかと思います。そのような方に最適な投資サービスとして、普段のお買い物で発生したお釣りの金額を投資に充てるサービス「おつり投資」が登場しています。

普段のお買い物をしながら投資ができる

おつり投資は、日常のお買い物をしながら投資できるサービスです。投資するための資金を貯めるにはお買い物による支出を抑えて、手元に残る現金を確保することが重要になりますが、若い方であれば多くの支出があるなかなかなか貯蓄が出来ない方も多いのが現状です。

この様な方に、投資を始める前に500円や1,000円といった切りが良い金額を決めておき、普段のお買い物で支払った金額を差し引いて発生した端数を投資資金に充てることで確実な資産形成をサポートします。

予め決めた金額から買い物金額を差し引いた端数を投資する

おつり投資の仕組みとしては、投資する前にあらかじめ決めておいた金額に対して、買い物をした金額を差し引いて生じた端数を投資に充てるものです。

例えば、投資する前に1,000円と金額を決めた場合、実際に820円の買い物をすると、1,000円から820円を差し引いた180円を投資資金として充当します。

家計簿アプリと連携してそのデータを元におつりを決める

おつり投資を利用するには、おつり投資サービスが提携している家計簿アプリを連携させる必要があります。

おつり投資サービスについては後述していますが、ウェルスナビの「マメタス」であれば、家計簿アプリとして「MoneyTree」を、「トラノコ」であれば、先程の「MoneyTree」の他、「マネーフォワード」もしくは「Zaim」、トラノコが自社で提供している「トラノコおつり捕捉サービス」のいずれか一つから選べます。

これらの家計簿アプリのデータから、おつり投資に充てたい対象の買い物データを選択するだけで自動的に投資が行えます。

毎月1回おつりの合計金額が登録済みの銀行口座から引き落とされ投資

家計簿アプリのデータより投資に充てたい対象のお買い物データを選択後、後はコンピューター側でそのデータを集計して、毎月1回そのおつりの合計金額が、あらかじめ登録している銀行口座から引き落としされます。

その後は、自動的におつり投資サービス側が運用している上場投資信託(ETF)にて運が行われます。運用状況についてはおつり投資サービス各社のアプリ上で確認することができます。

普段耳にする「日経平均株価」や「東証株価指数(TOPIX)」といった指数は、平均的な株価の値動きや全体的な株価の値動きを把握するのに役立ちますが...

おつり投資サービス提供している金融機関

2018年7月時点でおつり投資サービスを提供している金融機関は、ロボアドサービスを提供しているウェルスナビ株式会社の「マメタス」、TORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供している「トラノコ」があります。

マメタス

https://www.wealthnavi.com/mametas

マメタスは、ロボアドで有名なウェルスナビ株式会社が提供しているおつり投資サービスです。マメタスを利用するにあたり、あらかじめ「Wealth Navi」もしくは住信SBIネット銀行と提携している「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の口座開設が必要になります。

家計簿アプリ「MoneyTree」のデータと連携後、おつりを計算する金額は100円もしくは500円、1,000円の3つの金額から選び、その金額の端数を投資に充てます。

おつりの合計は毎月26日で、WealthNaviのロボアドサービスで運用している海外ETFを活用して運用を行います。運用手数料は運用金額にもよりますが年1%の手数料が必要です。

WealthNavi公式サイト

トラノコ

https://toranoko.com/

トラノコは、TORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供しているおつり投資サービスです。トラノコでは連携可能な家計簿アプリとして「MoneyTree」の他、「マネーフォワード」、「Zaim」、トラノコ独自で提供している「トラノコおつり捕捉サービス」の中から、いずれか一つを選んで連携できます。

おつりの特徴としては100円もしくは500円、1,000円の3つの金額から選べます。さらに、トラノコの特徴としては、おつり金額5円から1円刻みと細かい金額でも投資ができることにあります。

トラノコは月額300円の利用料金が発生しますので、あらかじめ留意しておく必要があります。ただ、初回3ヶ月は無料となっています。おつりの合計金額の引き落とし日は毎月6日で月額料金300円と合算して引き落としとなります。

運用はTORANOTEC投信投資顧問株式会社が選定した国内、海外のETFで運用を行います。リスク許容度に応じて、安定重視の小トラ、バランス重視の中トラ、リターン重視の「大トラ」の3種類から選べます。運用手数料は年0.3%です。

トラノコ公式サイト

関連記事

おつり投資サービス「マメタス」と「トラノコ」を徹底比較

ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「楽ラップ」を徹底比較

ロボアド「ウェルスナビ」のメリットとデメリットを解説

ロボアドを始める際の理想的な初期投資額はいくらから?

ロボアドとは何か?話題のロボットアドバイザー(ロボアド)をわかりやすく解説!

おつり投資「マメタス」のサービス概要と特徴を徹底解説