おつり投資サービス「トラノコ」のサービス概要を徹底解説

普段のお買い物をした金額の端数を使ったおつり投資が話題となっていますなかなか貯蓄ができない方でも資産形成を後押ししてくれるサービスとして期待が高まっています。前回の記事では、ウェルスナビが提供している「マメタス」を紹介しました。

今回は、TORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供しているおつり投資サービス「トラノコ」についてサービス概要と特徴を解説します。

おつり投資はお買い物の金額を差し引いた端数を投資するサービス

おつり投資は、あらかじめ決めておいた金額から実際にお買い物をした金額を差し引いた端数をつかって運用を行うサービスです。

あらかじめ100円や500円、1,000円などの金額を決めており、実際にお買い物をした金額を差し引いて生じた端数を「おつり」とします。実際にお買い物をした際に支払った金額は、家計簿アプリと連携しておき、家計簿データを活用します。

例えば、あらかじめ1,000円と決めており、800円のお買い物をした場合、1,000円から800円を差し引くと「おつり」として200円が発生します。この200円を投資資金として活用します。

今回のトラノコは100円と500円、1,000円の3つの金額をおつりを計算する金額として選ぶことができます。

トラノコ公式サイトはこちら!

マネーフォワードなど各種家計簿アプリと連携可能

https://moneytree.jp/

トラノコでおつり投資を始めるには、家計簿アプリとあらかじめ連携しておく必要があります。

トラノコと連携できる家計簿アプリは、トラノコ自身が提供している「トラノコおつり捕捉サービス」の他、「マネーフォワード」、「MoneyTree」、「Zaim」のいずれか一つを選んで連携を行います。

お買い物をした金額を家計簿アプリに記録するだけで、自動的にトラノコと連携して、おつりの計算が可能になります。家計簿アプリに家計簿を記録する場合は、手入力での記録も可能ですが、クレジットカードや銀行口座などとも連携できますので、支払いが行われデータがクレジットカードや銀行口座に反映された時点で家計簿アプリ側に自動で反映してくれますので、大きな手間を省いて家計簿を記録できるのもメリットです。

おつりとして投資に充当する場合は、トラノコ側で自動的に取得した家計簿データの中から、実際に運用に回すおつりとして計算したい家計簿データを選択することができます。そのため、家計簿のデータすべてが投資対象のデータとして活用されるわけではありませんので、日々の投資金額はご自身でコントロールすることができます。

おつりの合計金額が毎月6日に手数料300円と合わせて引き落とし

トラノコでは、毎月6日に同サービスの利用手数料300円と合わせて、おつりの合計金額が、していした銀行口座より引き落としされた後に、運用を行います。

ウェルスナビのマメタスは、利用手数料は無料でしたが、トラノコの場合は毎月300円の手数料が発生しますのであらかじめ留意しておく必要があります。ただ、初回3ヶ月は無料期間となっていますので、気軽に試すことは可能です。

運用は世界中の株式や債券、不動産を組み入れたETFを活用

引き落とされたおつりは、同社が運用しているトラノコファンドを通じて、世界中の株式や債券、不動産などを組み入れた上場投資信託(ETF)で運用を行います。

ETFは、株式や債券、不動産など特定の資産に対する指数に連動するように銘柄を組み入れて株式市場で売買される投資商品で、指数に連動することから運用上の手間とコストが省けることから、低コストでの運用が可能である特徴があります。

トラノコファンドでは、米バンガード社やブラックロック社のETFを中心に以下のETFで運用を行っています。

株式 ■米国株式
大型株:VANGUARD S&P 500 ETF(VOO)
中型株:VANGUARD MID-CAP ETF(VO)

■欧州株式
DEUTSCHE X-TRACKERS MSCI EUR(DBEU)
ISHARES MSCI EUROPE(IMEU)

■新興国株式
VANGUARD FTSE EMERGING MARKE(VWO)

■先進国・新興国小型株
VANGUARD FTSE ALL WO X-US SC(VSS)

■日本株式
TOPIX連動型上場投資信託(1306)

債券 ■米国国債・社債・モーゲージ債
ISHARES CORE U.S. AGGREGATE(AGG)

■国債・投資適格社債・投資適格国際債券
VANGUARD INTERMEDIATE-TERM B(BIV)

■物価連動国債
ISHARES TIPS BOND ETF(TIP)

■社債
VANGUARD S/T CORP BOND ETF(VCSH)

■新興国債券
ISHARES JP MORGAN USD EMERGING MARKETS BOND ETF(EMB)

■債券(米ドル建て除く)
VANGUARD TOTAL INTL BOND ETF(BNDX)

不動産 ■海外REIT(米国)
VANGUARD REIT ETF(VNQ)

■J-REIT
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)

商品 ■金(ゴールド)
SPDR GOLD SHARES(GLD)

■エネルギー、農産物、貴金属、非鉄金属
ISHARES S&P GSCI COMMODITY I(GSG)

 

リスク許容度に応じて3つのファンドから選択可能

https://toranoko.com/

トラノコファンドでは、リスク許容度に応じて「大トラ」と「中トラ」、「小トラ」の3つのファンドから選択することができます。

大トラ

大トラは、リスク許容度が一番高いファンドで、資産構成の半分以上が株式を中心としたポートフォリオになっています。株式は経済の成長に合わせて大きなリターンが期待できる半面、リスクも大きいのが特徴で、労働収入が確保できる若い方に最適であると言えます。

中トラ

中トラは、リスク許容度が中程度のファンドで、株式と債券をバランスよく組み入れたポートフォリオとなっています。大きなリスクは取れないが、効率的な運用を行いたいと考えている方に最適であると言えます。例えば、教育ローンや住宅ローンなどの返済といった生活にお金が多く発生する世代におすすめと言えます。

小トラ

小トラは、リスク許容度が一番低いファンドで、債券を中心としたポートフォリオとなっています。債券であるため、株式とは異なり、価格変動のリスクが抑えられますが、リターンは限定的となります。

トラノコ公式サイトはこちら!

関連記事

「ウェルスナビ」の口座開設方法を徹底解説

投資信託とは何か?投資信託の仕組みと特徴を徹底解説

こんな投資信託には要注意!購入前に避けるべき5つのポイント

投資信託のインデックスファンドとアクティブファンドの違いは何か?

投資信託を取引する上で発生するコスト(手数料)とは?

ポイントを投資資金に充てる「ポイント投資」が話題に!概要と特徴を解説