FXの「くりっく365」とは何か?概要と特徴を徹底解説

外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合、FX取引業者と直接取り引きを行う「店頭FX」と取引所を通じて取引を行う「取引所FX」の2つがあります。

くりっく365は主に取引所FXの愛称で、取引所を通じたFX取引のことを言います。今回はくりっく365の概要と特徴を解説します。

くりっく365は取引所FXの愛称

くりっく365とは、株式会社東京金融取引所が提供している取引所FXの愛称です。通常のFX取引のイメージとしては、金融機関やFX取引業者と直接取り引きを行うイメージがありますが、FXの取引でも、株式の取引同様に取引所を通じて売買することができます。

取引所を通じてFX取引を行うことは、どの金融機関やFX取引業者を利用しても透明性があり、かつ公正な取引ができるメリットがあります。

東京金融取引所によると、2015年時点においてくりっく365の口座開設数は70万口座、証拠金預託額は4,800億円を突破しているとしています。

くりっく365が誕生した背景

日本国内でFXの取引が始まったのは1998年で、外国為替および外国貿易法が改正されたことで、証券会社や先物取引業者がFX取引サービスをスタートさせました。東京金融取引所によるとFX取引業者はピーク時には400社以上存在していたとしています。

当時はITバブルのさなかで、各家庭に高速インターネット接続サービス「ブロードバンド」の普及もあり、個人がインターネットを通じてFX取引ができるようになりました。

ただ、当時はFX取引に関する法律の他、監督体制など健全な取引を行うに当たり整備が不十分であったことから、悪質なFX取引業者が出現し、悪質な勧誘や顧客が預けた証拠金が返還されないといったトラブルが相次ぎました。

そこで2005年に、FXおよびFX取引業者を規制・監督するための改正金融先物取引法が施行されたことで、個人投資家が安心してFX取引を行える環境を整備するための取引所を通じて透明性かつ公正な取引を実現すべく「くりっく365」がスタートしました。

また、近年では店頭FXを提供しているFX取引業者に対しても、投資家から預かっている証拠金の信託保全やレバレッジ規制(2018年8月時点では最大25倍)など法整備が進んでいることから、悪質な取引業者はほぼ姿を消し、現在は証券会社系列のFX取引業者を中心に60社程度となっています。

透明性のある価格と取引数量を提示

くりっく365の特徴としては、透明性かつ公正な取引ができることですが、その仕組として、外国為替市場において複数の金融機関(マーケットメーカー)から価格提供を受けており、その中から最も投資家にとって有利な価格をFX取引業者を通じて提供しています。

通常の店頭取引の場合、FX取引業者によって売買時の価格が異なることがありましたが、くりっく365を活用することで、最も有利な価格を取引所が提示し、FX取引業者を通じて投資家に提示するため、どこのFX取引業者を利用しても取引価格がバラバラでるということがなく公正な取引が可能になります。

また、取引時にどれくらいの量が取引されているのかを数値で表しており、流動性を確認した上で取引が可能です。

受け取るスワップポイントと支払うスワップポイントは同額

異なる2カ国間の通貨の金利差益であるスワップポイントが受け取る際のスワップポイントと支払う際のスワップポイントが同額に設定されているのも大きな特徴です。

スワップポイントは、異なる2カ国間の通貨で金利差が発生した場合、金利の差がプラスであればスワップポイントを受け取ることができます。例えば、低金利通貨から高金利通貨を購入した場合はその金利差が差益として得られます。金利0.5%の通貨から2%の通貨を購入した場合、差し引いた1.5%の金利差が得られます。一方で、その逆となれば、金利差を支払う必要があります。

外国為替証拠金取引(FX)は、FXは為替変動だけではなく、為替の売買注文を出して利益確定を行ってない状態である「ポジション」を保有しているだけで...

ただし、多くの店頭FXでは、受け取るスワップポイントと支払うスワップポイントが異なっており、投資家が支払うスワップポイントが高く設定されている場合があります。

くりっく365ではこういった不公平感を解消するために、受け取る側と支払う側で同額のスワップポイントを提供しています。

投資家から預かった資金は東京金融取引所が保全!

くりっく365では、投資家から預かった資金(証拠金)は、クリック365の取引所を運営している東京金融取引所が、自社の資産とは別に信託保全を行い、別に管理を行います。

そのため、FX取引業者を通じてクリック365の取引を行う場合、万が一、FX取引業者が破綻しても、東京金融取引所が保全していますので、顧客の資金は守られることになりますので、安心して取引ができます。

くりっく365に参加するFX取引業者の財務体質を定期的に監視

くりっく365は、FX取引業者を通じて取引ができますが、クリック365への参加を認めているのは、資本金や純資産額、自己資本規制比率が東京金融取引所が定めた要件を満たした取引業者のみとなっています。

また、参加後も定期的に財務体質を監査を行い、健全な取引ができるように環境を常に保っており、どの業者を選んでも安心して取引ができます。

くりっく365は委託手数料が発生する場合がある

くりっく365は、FX取引業者を通じて取引する際に、取引手数料に該当する委託手数料が発生します。東京金融取引所は、取引所の健全な運営を継続するために、FX取引業者に対して手数料を徴収しています。また、FX取引業者が支払う手数料分を投資家に対しても徴収しているFX取引業者があります。

ただ、2013年に10月より取引振興策を導入したことで、取引手数料は無料で取引できるようになりましたが、取引内容などによっては手数料が発生することもありますので、FX取引業者の手数料設定をしっかりと確認しておくことが重要です。

手数料はFX取引業者によって異なりますが、片道あたり数十円から数百円を負担することが一般的です。店頭FXでは取引時の手数料は無料のところが多いことを考えると、手数料は割高に感じてしまうのがデメリットです。

くりっく365の取引におすすめな金融機関

FXブロードネット

https://www.fxbroadnet.com/

FXブロードネットは株式会社FXブロードネットが提供する取引所FXです。取引手数料が無料である他、取引所FXの自動売買システム「シストレ365」を提供しています。

シストレ365では、業界では初めてとなる成果報酬型の利用料を設定しており、利益が出た場合のみ利用料を利益の金額に応じて支払う仕組みを採用し、損失が出た場合は利用料は無料となります!

FXブロードネット公式サイト

GMOクリック証券

https://www.click-sec.com

GMOクリック証券は、GMOインターネット系列のネット証券です。取引所FXくりっく365の取引シェアが5年連続してNo.1 を獲得しています。

取引時の手数料が無料である他、iPhoneやAndroidなど各種スマートフォンでの高機能な取引ツールを用意しています。表示のカスタマイズの他、チャート上から直接取り引きが可能となっており、いつでもチャンスを逃すことなく迅速な取引が可能です。

GMOクリック証券公式サイト!

日産証券


http://www.nissan-sec.co.jp/
日産証券は、株式・商品先物取引・外国為替証拠金取引を専門に提供している証券会社で、取引所FXのくりっく365の他、株式の差金決済取引(CFD)であるくりっく株365を提供しています。

くりっく365の取引手数料は無料となっている他、FXの他にくりっく株365の取引を併用したいと考えている方におすすめです。一つのIDでくりっく365とくりっく株365の取引が可能です。

日産証券公式サイト

関連記事

ETFとFXの2つが自動売買できる「自動売買セレクト」の魅力を紹介

SBI FXトレードが積立FXでスプレッド縮小キャンペーンを実施中!

FXで使える5つの注文方法を徹底解説

FXで1,000円から外貨の積み立てができる!積立FXを紹介

株とFXは何が違う?2つの特徴を徹底比較して紹介!

外貨預金とFXの違いは何か?主な5つの違いを解説