JPX日経インデックス400とは何か?指数の概要について徹底解説

株式市場では市場全体の値動きを客観的に把握するために日経平均株価に代表される各種指数が設定されています。国内で新しい指数として2013年8月に設定された「JPX日経インデックス400(JPX日経400)」は、経営効率と資本効率が良い400銘柄を組み入れた指数で、株式投資での資産形成を後押しする有力な指数として注目を集めています。

JPX日経インデックス400とは

JPX日経インデックス400(JPX日経400)とは、東京証券取引所の株式取引所を運営している日本取引所グループと、日本経済新聞社が共同で開発した指数です。指数の算出は2014年1月6日より開始されました。

東京証券取引所に上場している銘柄数は3400銘柄以上ありますが、その内、自己資本利益率(ROE)の値が高く経営効率と資本効率が高い企業を400銘柄を組み入れた指数です。

経営が優れており、投資家への還元が積極的に行われている企業を選別することで、国内においても個人マネーを筆頭に貯蓄から投資へ資金を振り向けてもらうべく、資産形成を確実にサポートする目的で設定されました。

日経算出の指数として日経平均株価がありますが、こちらは225銘柄に対して平均値動きを示す指標となっており、経営効率や資本効率とは関係なく組み込まれています。

株式投資を行う方ににとって、日本の株式相場を判断する指数として「日経平均株価」があります。普段のニュースでもよく耳にすることから、株式投資を行っ...

JPX日経インデックス400が設定された背景

JPX日経インデックス400が設定された背景としては、2012年に安倍内閣が発足し経済成長を加速させる戦略を進める中、長年低迷していた株価の底上げと経済の活性化を図る狙いがあります。

日本の企業は、上場企業であっても株主を第一に考える企業が少なく、経営効率や資金効率が悪いことが指摘されていました。稼いだ資金を溜め込み、次への成長に向けた投資が消極的になるなど、企業成長が乏しくなり株価が低迷する要因ともなっていました。

近年では、外国人投資家の進出で日本企業に対しても、経営効率に関する圧力が強まっていることに加え、経済を活性化させるために資金循環を活性化させる上で、上場企業に対して経営効率の向上への意識を振り向けることに加え、これまで貯蓄として貯め込まれていた個人マネーを投資に振り向けることで資金循環をより活性化を行う必要があります。

また、同指数が設定された2014年には、年間120万円の投資で得た利益に対する課税を最長5年間非課税となる少額投資非課税制度(NISA)もスタートしており、個人に対する資産形成が着実にできる環境を提供することも重要となります。

そこで、経営効率や資本効率が良い企業を組み込んだJPX日経インデックス400を設定することで、企業への経営効率意識の向上と、個人が着実に資産形成を行えるための環境づくりであると言えます。

近年では、政府が個人マネーを投資に振り向け経済成長を後押しするためにも、「貯蓄から投資へ」というキーワードの元、様々な制度を整えています。 ...

JPX日経インデックス400の銘柄選定基準

JPX日経インデックス400は、東京証券取引所に上場している銘柄の中から、経営効率と資本効率が良い企業を400銘柄組み入れます。対象の市場は東証一部と東証二部、マザーズ、JASDAQとなります。

銘柄の選定基準としては、上場して3年未満の銘柄や財務状況が債務超過である銘柄、3年連続して営業赤字を出している銘柄、最終赤字を出している銘柄ははじめの段階で除外されます。

次に、直近3年間における売買代金と時価総額を踏まえて上位1000銘柄を候補として算出し、その中から、資本効率を示す「自己資本利益率(ROE)」と「営業利益」、「時価総額」の3つを材料に400銘柄に絞り込みます。

その他にも、社外取締役が2人以上確保出来ていることや英文での決算資料開示の有無、国際会計基準(IFRS)採用なども点数として加味されます。

株を買う時は、株価が値上がりすることと、企業が事業活動を通じて収益を確保することで配当として還元してもらえることを期待して購入するかと思いますが...

毎年8月最終営業日に銘柄を入れ替え

JPX日経インデックス400は、2013年8月30日を基準として10,000と計算され、2014年1月6日から算出を開始しています。その後、定期的に銘柄の入れ替えが行われており、毎年1回8月の最終営業日に入れ替えが行われます。

銘柄の入れ替え時には8月に入った5営業日に組み入れが行われる銘柄の公表が行われます。これまで入れ替わった銘柄数は2014年には31銘柄、2015年には43銘柄、2016年には34銘柄が入れ替わっています。

JPX日経インデックス400の推移

JPX日経インデックス400推移(筆者作成)

JPX日経インデックス400の推移は、2014年1月に算出を開始して移行、ほぼ右肩上がりで推移しています。2015年7月に起きたチャイナ・ショックにより2016年半ばまで下落局面となりましたが、2016年後半になると株価は回復し、2018年1月の時点で最高値となる16,937.63ポイントを記録しました。

その後は、2018年2月に米国の利上げに関する株式相場への懸念を発端にNYダウが下落し、その後はトランプ大統領による貿易摩擦など世界経済成長の足かせの懸念となる材料が続出していることで、JPX日経インデックス400についても小幅に下落となっています。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が400万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!さらに、NISA口座を活用することで株の売買手数料は無料!

また、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

(著者)吉川隆道

DMMが株取引サービス「DMM 株」をリリース!

DMMは株式売買サービス「DMM 株」を2018年4月4日からスタートしました。業界最水準の手数料設定の他、豊富な取引ツールで初心者から上級者まで納得できるサービスとなっています。

・現物取引の手数料は最低50円信用取引は80円均一の手数料設定!
・取引手数料に対して1%のポイント還元を実施!
・PCやスマホで取引できる高機能な取引ツールを用意!
・取引ツールは「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2つを用意!
・DMM FXとの資金振替が可能!

DMM 株に口座開設

関連記事

NYダウとは何か?指数の概要について徹底解説

株式投資を始めるための投資資金を確保する方法を解説

株式投資はいくらから始められる?はじめての投資する際の最適な投資額を解説

証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

自社株買いとは何か?株価にプラスになる要因を解説

景気低迷時の投資方法「ディフェンシブ銘柄」で資産を守る