1,000円から株が買える「ONE TAP BUY」の3つの特徴を紹介

これまで投資を始めるのにまとまった資金が必要でしたが、近年では少額から投資を始めることができるサービスが多く登場しています。

その中でもユニークなサービスとしてたったの1,000円から株が購入できる「ONE TAP BUY」というサービスが話題となっています。今回は、ONE TAP BUYの概要と3つの特徴を紹介します。

スマートフォンで厳選した銘柄から気軽に取引できる!

https://www.onetapbuy.co.jp/

ONE TAP BUYは、お手持ちのスマートフォンを利用して、少額から株が購入できるサービスです。スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、自分が気になっている銘柄を選択するだけで少額で売買することができます。

これまで、株を購入する場合、ある程度まとまった資金を用意して、投資先の銘柄に関する情報を調べた上で購入するといったことが一般的でしたが、これまで株を購入したことがない方でも気軽に売買できるように、株式数ではなく1,000円からと金額指定で購入することが出来ます。

また、売買可能な銘柄はONE TAP BUYが厳選した銘柄から取引できますので、事前に銘柄に関する情報を調べることもなく、気軽に取引できる特徴があります。

2018年8月時点では、Appleといった米国株と、トヨタ自動車といった日本株の取引が可能で、個別株以外にも日経平均株価などの指数に連動する上場投資信託(ETF)の取引も可能です。取扱銘柄の詳細については以下の公式サイトをご覧ください。

ONE TAP BUY公式サイト

株式数ではなく1,000円単位で取引ができる!

ONE TAP BUYの大きな特徴としては、株式数ではなく1,000円単位と金額指定で取引が行える点です。

通常、株を購入する場合、株式数を指定して購入する必要がありました。そのため、株式数に合わせて投資資金を用意する必要がありましたが、ONE TAP BUYを利用することで、たったの1,000円からと金額指定で取引が行えます。

例えば、ゲーム機器の開発と販売を行っている任天堂(証券コード:7974)の株を購入したいと考えた場合、2018年8月24日時点で1株37,870円となっています。ただ、1単元(100株)を購入しようとすると、378万7,000円となり、投資初心者だけではなく個人でも買いづらい金額となってしまいます。

そこで、ONE TAP BUYを活用すれば、数百万の金額を用意することもなく、手持ちの投資資金が少なくても、予算に合わせて取引が実現できます。

ONE TAP BUYの取引手数料は月間の取引額に合わせて2つから選択可能

ONE TAP BUYの取引手数料としては、投資目的に合わせて取引ごとに手数料が発生する「都度プラン」と、取引回数が多く手数料が気になる方に手数料を定額にした「定額プラン」の2つを用意しています。月間の取引手数料20万円を超えるか超えないかで2つの料金プランを使い分けることが出来ます。

月額980円の定額プランなら何回取引しても追加手数料なし!

定額プランは、月額980円(税込1,058円)で、取引を何度行っても追加手数料が発生せず定額で取引が何度もできるプランです。そのため、取引が多い方に最適なプランとなります。ただし、米国株を購入する場合、為替手数料として1米ドルあたり35銭が必要になりますので、あらかじめ留意しておく必要があります。

特に、定額プランでは、先程の任天堂のように1単元あたりの金額が数百万する銘柄であれば、一般的な証券会社で取引するのと比べると手数料が抑えられるといえます。1単元が数百万の銘柄を購入する場合、取引手数料として証券会社にもよりますが1回につき1,000円以上となる場合が多いですが、ONE TAP BUYを活用することで、数百万の取引を何度行っても980円で収まります。

そのため、月間の取引額が20万円(20万円で取引手数料は1,000円)を超える場合は、定額プランより取引手数料が高くなりますので、定額プランを選択することをおすすめします。

少額から取引したい方におすすめな最低5円からの都度プラン

都度プランは、取引ごとに手数料を支払うもので、米国株と日本株のどいちらにおいても、リアルタイムの株価(取引が行われている時間帯における株価)に対してスプレッドとして0.5%が加減されます。1,000円で株を購入する場合、発生する最低手数料としては5円となります

ただし、米国株の場合、米国株式市場が閉場している場合の手数料は株価に対して0.7%が加減されます。また、米国株は米ドルで株式を購入することになりますので、1米ドルあたり35銭の為替手数料が加減されますので、あらかじめ留意しておく必要があります。

都度プランは月間の取引金額が20万円以下の場合は、都度プランを選択することをおすすめします。

ONE TAP BUY公式サイト

関連記事

IPOとは何か?新規株式公開の仕組みを徹底解説

株式投資でリスクを最小限に抑えるためにすべき3つのポイント

長期金利とは何か?概要と株価との関係性についてわかりやすく解説

株とFXは何が違う?2つの特徴を徹底比較して紹介!

株式投資管理は「myTrade(マイトレード)」がおすすめ!アプリの特徴を解説

人はなぜ投資で資産を増やせないのか?その要因を解説