こんな投資信託には要注意!購入前に避けるべき5つのポイント

投資信託はプロに投資の運用をお任せすることができる商品ですので、ご自身で運用状況を管理するこやポートフォリを最適化するといった作業が不要です。ただ、投資信託は運用会社にお任せすることができる一方で、本当の実態がわかりづらいデメリットやなんとなくおすすめされたものを買ってしまうということがあります。

今回は、投資信託を買う前に避けるべき運用商品の特徴を紹介します。

信託報酬が高い

投資信託で運用を始める場合、はじめにチェックすべきポイントとしては信託報酬と呼ばれる管理代行手数料です。

信託報酬は、運用のプロにお願いするための報酬となり、この費用が運用会社に入る収益となり運用者に給与が支払われます。ただし、この信託報酬が高ければ将来的に得られるリターンも低くなります。

例えば、信託報酬が年率1%と0.1%の2つの投資信託を10年間運用した場合、トータルで支払う信託報酬は前者が10%、後者が1%となり金額で考えると大きな差が発生していしまいます。

投資信託は、株式や債券、不動産(REIT)、コモディティなど、あらゆる資産に対して、複数の銘柄で構成された投資商品ですが、運用を完全にお任せしま...

販売手数料が発生する

販売手数料が発生する投資信託を購入するのもあまりおすすめできません。販売手数料は顧客に投資信託を販売する金融機関が独自に設定したものですが、運用会社が指定した一定の金額内で自由に設定できるものとなっています。

近年銀行を中心に投資信託の取り扱いが可能になりましたが、マイナス金利の影響で金利収入が少なくなる中、こうした投資信託の販売手数料で稼ごうとする銀行も増えているのが現状です。そのため、銀行の窓口で投資信託を相談すると大抵は販売手数料が高い投資信託が紹介されます。

販売手数料が無料の投資信託については、SBI証券楽天証券マネックス証券といったネット証券を利用することで気軽に購入できます。

毎月分配型の投資信託

特に年配の方に多いですが、毎月分配型の投資信託は、毎月定期的に分配金が支払われることで生活費の足しにできることから、人気が高いのが現状です。

毎月分配金が支払われるというメリットはありますが、これはあくまでも運用収益を分配しているのではなく、元本の一部を一部切り崩して分配しているものです。そのため、長期的な視点で考えると、資産が増えないため資産形成には不向きとなります。

また、毎月分配金を支払い続けると、元本が減り続けることにもなり、最終的には分配金を支払うのが難しくなり、分配金額が減るもしくは支払いが停止になることも考えられます。

運用パフォーマンスがよろしくない

投資信託は資産形成のために行うものですから、運用パフォーマンスがよろしくないものは選択すべきではないのは当然のことです。

必ず、投資信託が持つ送金額である総資産総額が増えていることと、基準価額の推移トータルリターンについてもしっかりと確認しておきます。

また、相場が不安定なときでも、変動にどれだけ耐えれるかなどについても、ご自身のリスク許容度に合わせて確認しておくと良いでしょう。

金融機関の方からおすすめされた投資信託

最後に、金融機関の方からおすすめされた投資信託は、全部とは言いませんが殆どが避けるべき投資信託であると言えます。

金融機関の方がおすすめする投資信託は、大抵は運用会社との関係から信託報酬が高いものや金融機関側の都合による販売手数料が大きく設定された投資信託であるパターンが多いです。

現状としてはおすすめされたものを投資した場合は、最終的に失敗となるパターンも多く、おすすめされたものはすでにおすすめでないと肝に銘じておく必要があります。

「投資で儲かった」という話を聞く一方で、「投資で大きな損を出した」、「投資は怖いものだから手を出してはいけない」という話をする人がいるなど、投資...

投資信託を選ぶ場合は、1.信託報酬の目安は1%以下であること2.販売手数料が無料であること3.毎月分配型ではないことの最低3つは要点として抑えておきましょう。

これらの要件を満たしている投資信託は、日経平均株価など特定の指数の値動きに合わせた運用をするインデックスファンドが有力となりますが、リスクをとってリターンを得たいという場合は、ひふみ投信といったアクティブファンドの中でも低コストの投資信託を探してみると良いでしょう。

投資信託は株式や債券といった資産や銘柄を複数組み合わせて運用する投資商品ですが、投資信託は大きく分けて「インデックスファンド」と「アクティブファ...

どうしても、金融機関の窓口で相談したい場合は、条件としてこの3つのポイントを満たしている投資信託を紹介してもらうように依頼してみると良いでしょう。

投資信託でおすすめしたい証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。

取り扱いの投資信託の数は2018年9月時点で2,634本とネット証券の中で最多である他、販売手数料が無料となるノーロードファンドの取り扱い数は 1,297本となっています!

さらに、貯金と同様に毎月100円からの積立投資も可能で、手元資金がなくても気軽に投資が始められます!

近年では、低金利状況が続いていることや将来に向けた向けた運用の重要性が叫ばれている中、株式や投資信託を活用した運用ニーズが高まっています。株式や...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。

取り扱いの投資信託は2018年9月時点で2630件と豊富なラインナップから選ぶことができます。更に、ノーロードファンドは1318本とネット証券の中では最多といなっています。さらに、毎月100円からの積み立て投資も可能です!

さらに、楽天ユーザーにはうれしい、投資信託の買い付けで楽天グループである強みを生かして、投資信託の積み立ての場合、販売手数料が発生した場合は楽天ポイントがポイントバックされます。また、楽天ポイントを使って投資信託を買い付けることもできますので、中々貯蓄ができない方でもポイントを有効活用して資産運用ができます!

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資を始めたいと考え証券会社への口座開設を検討している方も多いかと思います。証券会社の中でも楽天グループの...

楽天証券公式サイト

関連記事

投資信託の運用でコストを抑えるポイントを徹底解説

投資信託とは何か?投資信託の仕組みと特徴を徹底解説

不動産投資信託(REIT)とは何か?特徴と概要を解説

証券口座の一般口座と特定口座の違いは何か?口座の違いについて徹底解説

証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

ポイントを投資資金に充てる「ポイント投資」が話題に!概要と特徴を解説