ロボアド検討中の方必見!「THEO(テオ)」と「楽ラップ」を徹底比較

近年ではロボットが自動で投資の運用を行うロボットアドバイザー(ロボアド)の人気が向上しています。現在ではウェルスナビTHEO(テオ)の他、楽天証券の楽ラップの3つのサービスがロボアドの主要サービスとなっています。

今回は、ロボアドでの運用を検討中の方に「THEO(テオ)」と「楽ラップ」の2つのサービスを比較して紹介します。

ロボットアドバイザー(ロボアド)とは?

ロボットアドバイザーとは、冒頭でも簡単にご説明しましたが、人工知能(AI)によるロボットを活用して自動で投資の運用を行うサービスです。

口座開設時に簡単な質問に回答するだけで、運用者のリスク許容度を洗い出し最適なポートフォリを提案する他、そのリスク許容度に応じて、運用中もポートフォリオを自動で最適化してくれます。

これまでの投資での運用は、専門的な知識とある程度の時間が必要になりますが、知識と時間が限られている方でも、ロボットに運用を任せることで資産形成をサポートします。

国内では、ウェルスナビ株式会社が提供している「ウェルスナビ」と今回紹介する、お金のデザインの「THEO(テオ)」、楽天証券の「楽ラップ」があります。

ウェルスナビについては以下の記事で概要を解説していますので合わせてご覧ください。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボット(人工知能)が自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイ...

また、ウェルスナビとTHEO(テオ)、楽ラップの比較についても以下の記事をご参照いただければ幸いです。

投資の運用をロボットを活用して、ポートフォリオの最適化などを自動的に行える「ロボアドが話題となっています。その代表的なサービスとして「ウェルスナ...
近年では人工知能(AI)を活用して投資を自動的に行うロボアドが話題となっています。その中で、最近テレビCMなどでも耳にする機会が増えた「ウェルス...

THEO(テオ)と楽ラップの比較一覧

THEO(テオ) 楽ラップ
初期投資額 1万円 10万円
積立投資 1万円以上、1000円単位 1万円以上、1円単位
手数料(年率) 1% 1%前後
質問数 5問 16問
投資対象 先進国株・新興国株・先進国国債・投資適格債券・ハイイールド債・バンクローン・コモディティ・不動産 国内株式・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・不動産
銘柄数 ETF30~40銘柄 投資信託15銘柄
分配金 再投資 再投資
入金方法 銀行振込・クイック入金 銀行振込・リアルタイム入金・ブリッジ入金(楽天銀行)
リバランスタイミング 毎月もしくは入出金が行われた時 四半期に一度
運用パターン 231パターンから投資者の目的に合わせて運用 5通りのリスク許容度に基づいて運用
本人確認書類 ・マイナンバーカード
・運転免許証
・マイナンバーカード
・運転免許証
自動税金最適化 非対応 非対応
出金可能額 10万円未満出金不可 全額出金可能
出金までの期間 最短4営業日 原則10日以内

※2018年9月時点での情報を元に筆者作成

THEO(テオ)

https://theo.blue/

THEO(テオ)は、お金のデザインが運営しているロボアドサービスで、大きな特徴としては初期投資額がたったの1万円から始められることです。そのため、まとまった投資資金が確保できない方でも気軽に始めやすいといえます。さらに、運用後も1万円以上1,000円単位で積み立てができます。

これまで紹介してきたウェルスナビや今回比較対象の楽ラップに比べると、組み入れているETFの銘柄数が多いことに加え、運用目的別に231通りと、多くの運用パターンを用意しているのも特徴となっています。ただ、銘柄数が多い分銘柄の入れ替えが毎月と回数が多く、必要以上に課税されるなどコストが発生しやすい部分には注意が必要です。

長期投資だけではなく、目先の目的と短中期資金を運用したい方にも最適なサービスであると言えそうです。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資の運用をロボットにお任せできる「ロボットアドバイザー(ロボアド)」に注目が集まっています。ロボアドによ...

THEO(テオ)に口座開設

楽ラップ

https://wrap.rakuten-sec.co.jp/

楽ラップは楽天証券が独自で開発したロボアドサービスです。初期投資額は10万円から始めることができます。運用後も毎月1万円以上1円単位で積み立てが可能です。

組み入れている投資信託の銘柄数は15銘柄で、運用開始時に16問の質問に回答してリスク許容度を洗い出します。ウェルスナビとTHEO(テオ)に比べると質問数が多いですが、日常の消費生活における行動パターンなどから細かくリスク許容度を洗い出しており、運用者一人ひとりに見合ったリスク許容度が正確に判定され、運用できるのが大きな特徴となります。

手数料形態としては固定報酬型と成功報酬併用型の2つを用意しています。若干手数料形態は分かりづらい部分がありますが、トータルで見ると年率1%前後で運用可能となっています。楽天証券によると運用益が2%を超える場合は固定報酬型の方がコストが抑えられるとしています。

近年では、投資の重要性が叫ばれる中、投資の運用をロボット(人工知能)が自動的に運用する「ロボットアドバイザー(ロボアド)」が話題となっています。...

楽ラップは楽天証券のサービスになりますので、はじめに楽天証券への口座開設が必要になります。口座開設は無料となっており、時間を開けて運用を開始しても一切お金は必要ありませんので気軽に始めることができるかと思います。

楽天証券に口座開設

関連記事

ウェルスナビやTHEOが倒産したら、運用資産は保障されるのか?

ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」を徹底比較

ウェルスナビやTHEO(テオ)などのロボアドは相続手続きはできる?

dポイントで投資が可能に!THEO+docomoの概要と特徴を解説

ウェルスナビとWealthNavi for SBI証券の違いは何か?3つの違いを...

貯蓄が苦手な人に最適?お買い物しながら投資できる「おつり投資」