少額投資非課税制度(NISA)を活用した投資で金融機関の選び方を解説

年間120万円の投資に対して最長5年間売却益と配当金が非課税となる少額投資非課税制度(NISA)を活用して投資を行う際、必ず証券会社もしくは銀行に口座開設を行う必要があります。

NISAでは複数の金融機関に口座を持つことはできないため、あらかじめご自身の投資ニーズにあった金融機関に口座を解説する必要があります。

今回は、NISAを活用して投資を行うにあたり、金融機関を選ぶポイントをお伝えします。

少額投資非課税制度(NISA)とは?

少額投資非課税制度(NISA)とは、年間120万円(5年間最大で600万円)の投資に対して、最長5年間売却益と配当金が非課税となる税優遇制度です。英国の個人貯蓄口座(ISA)をモデルとして導入した制度で2014年1月より開始しました。

対象の投資商品は国内外の個別株の他、投資信託、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)、国内外の不動産投資信託(REIT)、新株予約権付社債となっています。株式や投資信託の売却で売却益が得られた場合、通常であれば20.315%が課税されますが、NISAを利用することでそれが非課税となります。

対象は日本国内に在住する20歳以上で、口座は1人1口座です。NISAは個別株や投資信託を任意のタイミングで売買できる通常のNISAと子供向けに投資枠を小さくした「ジュニアNISA」、投資信託の積み立てに特化した「つみたてNISA」の3種類があります。

今回は通常のNISAを対象に金融機関を選ぶポイントをお伝えします。

NISA口座の活用で株式やETF・ETNの売買が無料で行えること

個別株やETF、ETNをNISAで運用したい場合は、NISA口座を活用することで売買手数料が無料で活用できるかを確認しておきます。

SBI証券楽天証券マネックス証券といったネット証券ではNISA口座を活用することで、株式やETF、ETNの売買が無料で利用できます。また、ネット証券以外でもNISA口座であれば売買が無料で利用できる証券会社も増えています。

NISAは税優遇制度として税金を抑えることが可能ですが、売買手数料などのコストが発生してしまうと、せっかく利益が得られても、手元に残る金額が減ってしまい資産形成の足かせとなってしまいます。

また、株式やETF、ETNを運用する場合は、必ず証券会社にNISA口座を開設することが重要です。銀行でもNISA口座の開設ができますが、銀行では個別株やETF、ETNの取り扱いはありませんので注意が必要です。

NISAで投資信託で運用する場合はノーロードファンドの取り扱いが多い金融機関を選ぶこと

NISAを使って、投資信託を活用して運用を行いたいと考えている方は、販売手数料が無料となる「ノーロードファンド」の取り扱いが多い金融機関にNISA口座を開設することをおすすめします。

投資信託は、金融機関ごとに販売手数料が設定されているものが多いですが、投資信託についてもコストが多く発生すると、将来的な資産形成の足かせとなります。そのため、NISAを使って運用する場合は必ずノーロードファンドを選ぶようにしましょう。

ただし、ノーロードファンドは販売手数料が聴取できないため、積極的に取り扱いたくない金融機関も多く、特に銀行などに相談すると販売手数料がガッツリと徴収できる投資信託を販売する傾向があります。

ノーロードファンドを選ぶのであれば、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券といったネット証券の活用をするとノーロードファンドの取り扱いも多いです。

ネットバンクで手数料無料で即時入金できること

NISAを使って投資を始める場合、証券口座に現金を入金する必要があります。あまり意識しないポイントですが、多くの証券会社では銀行口座から入金時に振込手数料が発生することや、地方銀行などであれば振込手続きが必要になるケースも多いです。

そのため、ネットバンクで手数料無料で即時入金ができる証券会社であるかも確認しておくことが重要です。SBI証券楽天証券マネックス証券は、住信SBIネット銀行や楽天銀行、ジャパンネット銀行といったネット銀行の他、三井住友銀行、三菱UFJ銀行といった都市銀行のネットバンクとあらかじめ連携することで手数料無料で即時入金が可能になります。

ただし、地方銀行のみをご利用の方は、証券会社が指定する銀行口座に振り込みの手続きが必要な上に、振込手数料が発生するため、NISA口座で投資を行うには、住信SBIネット銀行や楽天銀行に投資用の銀行口座を開設し、ネット証券と連携することをおすすめします。

住信SBIネット銀行は筆者も利用していますが、同行のSBIハイブリット預金を利用することで、銀行預金残高がSBI証券の買付余力に反映され、入金手続きといった手間を省くことができます。

また、住信SBIネット銀行は地方銀行を利用されている方でも嬉しいサービスとして「定額入金サービス」で、住信SBIネット銀行が自動的に、指定した銀行口座から指定金額を手数料無料で振り替えてくれるサービスを提供しており、地方銀行から住信SBIネット銀行に手数料無料で口座に資金を移動することが可能です。

NISAにおすすめな証券会社
SBI証券 楽天証券 マネックス証券 松井証券 SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT
国内取引手数料 無料 無料 無料 無料 55円~
外国上場証券 9カ国の株式、ETF、ETN、REIT 米国、中国、アセアンの株式、ETF 米国と中国の株式とETF 取り扱い無し 取り扱い無し
外国取引手数料 ETFのみ買付手数料無料 ETFのみ買付手数料を現金還元 買い付け時のみ手数料無料 取り扱い無し 取り扱い無し
NISA対象投資信託 2,600本以上 2,500本以上 1,100本以上 1,200本以上 2本
つみたてNISA対象 169本 170本 150本 155本 1本

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が国内最多を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託では販売手数料が無いノーロードファンドは2600本以上取り扱っており、投資信託でコツコツ積み立て運用したい方にもおすすめです。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、投資信託で販売手数料が発生しないノーロードの投資信託は2600本以上取り扱っています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://info.monex.co.jp/nisa/index.html

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は全銘柄が対象で1200本以上取り扱っています。

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き1400本以上がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、100年以上の実績を誇る老舗証券会社の松井証券...

松井証券公式サイト

関連記事

少額投資非課税制度(NISA)が一部改定、海外転勤でも出国後5年間まで帰国後も非...

つみたてNISAいつ始めても非課税20年間に!2019年11月の制度改定詳細

少額投資非課税口座(NISA)は証券会社と銀行どちらが良いのか?

ジュニアNISAが2023年に終了、終了後の運用方法と制度変更点を解説

子供の将来の教育資金はどうする?ジュニアNISAでの運用がおすすめ!

つみたてNISAと確定拠出年金(iDeCo)はどちらで運用すべきか?