株式投資はいくらから始められる?はじめての投資する際の最適な投資額を解説

株式投資と聞くを予めまとまった資金が必要となりますが、一般的なイメージとしては100万円以上の資金が必要なのではないかといったイメージを持つ方も多いです。

株式投資は銘柄によっては少額でも投資が始めることができますが、今回ははじめて株式投資を行う方に最適な投資額はいくらなのかを解説します。

2018年10月1日より売買単位が100株単位に統一

日本の証券取引所で株式を売買する際、あらかじめ決められた売買単位で取引を行う必要がありました。この一つの売買単位を1単元と呼びますが、この1単元あたりの株式数は1000株もしくは100株単位となっていました。

日本企業は昔は1000株単位が多く、株式を売買するのに多くの資金が必要になっていたことから株式投資は多くの資金が必要であるというイメージが根強い要因となっていますが、2018年10月1日より売買単位は100株に統一され、多くの資金がなくても株式投資を始められるようになりました。

東京証券取引所に上場する株式が2018年10月1日までに株式の売買単位を100株単位に統一されます。 これまで、企業によって売買できる1単...

例えば、1株あたりの株価が2000円であった場合、100株購入すると20万円が必要になります。一方で、これが1000株単位であれば最低でも200万円が必要となります。

今回100株に統一することで、投資家にとってわかりやすくなるほか、個人投資家にとっても取引がしやすくなると言えます。政府も個人の資産形成を後押しする目的として少額投資非課税制度(NISA)といった制度を整備していますが、株式を売買する環境もそれらのニーズに合わせて変わっていく必要があると言えます。

株式投資は銘柄にもよるが5万円以下でも始められる

本題の株式投資はいったいいくらから始められるのかについてですが、これは銘柄によって異なります。銘柄によって1株あたりの株価は異なっていますが、銘柄によっては5万円以下で購入できる銘柄もありますので、必ずしも多くの資金を用意する必要もなく、少額からでも初心者が株式投資をはじめることはできると言えます。

例えば、大型書店の丸善の持株会社「丸善CHIホールディングス(3159)」は2018年10月1日時点の終値は1株あたり378円となっています。100株購入すると37,800円から購入できます。(銘柄を推奨しているわけではない)

株式の購入金額についてはSBI証券楽天証券マネックス証券といったネット証券を活用することですぐに調べることができます。

理想は100万円程度で始めると良い

株式投資は5万円以下からも始められますが、ある程度株式投資で利回りを求めるのであれば、はじめに100万円程度の資金を貯めておき、この100万円を原資にはじめると良いと言えます。

次章でも解説していますが、投資資金が100万円あれば複数の銘柄に分散して投資することもできます。1つの銘柄に資金をつぎ込んだ場合、株価の値動きが1つの銘柄に依存してしまうことになります。そのため、万が一、大きく値下がりした場合のショックが大きくなります。ただ、複数の銘柄に分散していればそのショックを軽減することが可能です。



100万円を5銘柄程度に分散し1銘柄につき20万円程度で運用

株式投資を始める場合は、100万円程度の資金を貯めた上ではじめることが良いと考えていますが、前章でも述べたとおり、この100万円を一つの銘柄に投じるのではなく、複数の銘柄に分散して投資することをおすすめします。

株は、銘柄にもよりますが先程の5万円で買えるケースは少ないですが、1銘柄あたり概ね20万円から30万円程度で購入できます。1銘柄あたりの投資金額もある程度ありますので、適度に利回りも期待しつつリスクも分散しやすいと言えます。

100万円あれば、20万円を5銘柄に分散して投資することが可能です。さらに、時期を分散して購入することもできます。株式投資をはじめて行った場合、適切なタイミングの判断が難しいため、ほぼ9割株価が下がり大なり小なり評価損が発生すると考えて良いでしょう。そのため、購入タイミングを分散することで、極端な値下がりリスクの軽減や平均的な投資額を保つ効果が期待できると言えます。

購入タイミングを見極めるためにも日経新聞の他、SBI証券楽天証券マネックス証券では無料でマーケット情報を配信しておりますので、取引以外にも活用してみるのもおすすめです。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が10万円から20万ではたったの97円、20万円から50万でも180円となっています。そのため、1回あたりの投資額が多い方におすすめです。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

株を購入する前に知っておきたい、3つの注文方法を解説!

2018年9月期の日本上場企業の中間配当額が過去最高の4.9兆円に!企業の株主還...

長期投資において評価損が出た場合は損切りすべきか?

株主優待とは?確実に優待を受け取るために確認すべき4つのポイントを解説

人はなぜ投資に失敗するのか?その3つの要因をわかりやすく解説!

円高になると日本株は何故下がる?為替と株価の関係を解説