少額投資非課税口座(NISA)は証券会社と銀行どちらが良いのか?

年間120万円の投資で得た売却益と分配金が最長5年間非課税となる少額投資非課税制度(NISA)を利用するには、証券会社もしくは銀行にNISA専用の口座を開設した上で利用する必要があります。

ただし、証券会社と銀行では取り扱っている投資商品は異なっているため、あらかじめ両者の違いを理解した上で、ご自身の運用ニーズにあった金融機関を選ぶ必要があります。

今回は、NISAを利用するには証券会社と銀行どちらが良いのかを考えてみます。

証券会社と銀行の違い

証券会社と銀行のどちらにNISA口座をするかについては、同じ金融機関でも両者の違いを明確にした上で口座開設を検討する必要があります。

証券会社は有価証券の取次ぎを行う

これまで投資を行ってこなかった方の多くが馴染みはあまり無いと思いますが、証券会社とは有価証券の取次ぎや引受けを行う金融機関のことです。

有価証券とは、株式や債券、投資信託などのことで、このような有価証券を購入するには証券会社を通じて購入する必要があります。例えば、株式を購入するとなった場合、顧客の注文内容に応じて証券会社が証券取引所と個人に間に入って売買を取次ぎます。株式の売買は証券取引所が一括して行っており、複数の証券会社の売買注文を一括して仲介しています。

普段経済のニュースでよく「証券取引所」という言葉を耳にしますが、具体的に何をしているのか気になります。今回は、証券取引所とは何をしているところな...

株式や債券、投資信託の詳細は以下の記事で解説していますので、必要に応じてご覧いただければと思います。

将来の資産運用の手段として新たに株式投資を検討している場合、はじめに「株」とは何か知ることが重要です。今回は、新たに株式投資を始めたいと考えてい...

https://investment.takamichiyoshikawa.jp/2018/01/02/about-bond/

複数の資産や銘柄に分散投資できる投資商品として「投資信託」があります。確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAでも投資信託の運用が可能です。...

銀行はお金を貸すところ

投資を行っていなくても、日常生活の資金を預ける場合、日常的に銀行を利用しているかと思いますが、銀行は企業などお金を必要としている人にお金を貸す金融機関です。

よく勘違いされやすいのが、我々が持っているお金を大切に保管してくれる所ではなく、正式には個人や法人から預かったお金を手元に、お金を必要としている企業などにお金を貸しています。

銀行は企業にお金を貸すことで、金利収入を得ますが、我々個人から預かったお金を手元に企業にお金を貸しているため、個人に対しても利息として金利を支払う必要がありますが、銀行は企業から支払われた金利と、個人に支払う金利の差(利ざや)で収益を得ています。

銀行は、基本的にはお金を貸す所であるため、株式や債券といった有価証券の取り扱いはできませんが、1998年12月より銀行でも投資信託のみ取り扱いが解禁されたことで、顧客のお金を預かるだけではなく運用も合わせて支援するなどお金のトータルサービスを提供できるようになりました。

ただ、近年では2014年2月から日銀の黒田総裁が発動したマイナス金利政策の影響で、銀行の収益は厳しくなっており、投資信託などの販売による手数料収入で稼ぐ傾向が強まっています。

証券会社と銀行では取り扱っている投資商品が違う

証券会社と銀行では、前章の説明でおわかりいただいたとおり、取り扱っている投資商品が異なります。

証券会社

証券会社は株式や債券、投資信託など多彩な投資商品を取り扱っています。株式については基本的には証券取引所で売買を仲介する販売形態を採用しているため、証券会社によって取扱銘柄が大きく異なることはありませんが、債券や投資信託の取り扱いについては、証券会社によってさらにばらつきがあるのが現状です。

近年ではインターネットの普及でSBI証券楽天証券マネックス証券といったネット証券の活用が増加しています。また、ネット証券は実店舗を構えている証券会社と比べてサービス展開にコストが抑えられるため、株取引の手数料が安いことや、債券の販売、投資信託の取扱数が多い特徴があります。

例えば、SBI証券では2018年10月時点での投資信託の取り扱い数は2674本、楽天証券が2646本となっています。

銀行

銀行は、基本的にはお金を貸すことが本業となり、投資信託の販売は顧客の運用ニーズに答えるための付加的なサービスである副業であることなどから、銀行が売りたい投資信託のみを取り扱っており、銀行にもよりますがその本数もそんなに多いとは言えません。

近年では、銀行も低金利で収益が厳しくなる中、投資信託の販売手数料で稼ごうとする銀行が増えており、顧客に手数料が高い投資信託を勧める傾向があります。

手数料が高いことは、将来的に得られる利益も手数料が多く差し引かれることとなり、運用パフォーマンスを落とす要因となります。

株式や投資信託など幅広く低コストに投資したいのであれば証券会社がおすすめ

NISAでは証券会社と銀行のどちらが良いかと聞かれると、筆者としては証券会社をおすすめします。証券会社であれば株式や投資信託といったNISAで投資できる投資商品の取り扱いや投資の選択肢が多いことや、コストを抑えた運用が可能になることにあります。

特に、ネット証券を使うことで、NISAでの株の売買手数料が無料になるほか、投資信託の取り扱い数うも多いことに加え、販売手数料が掛からないノーロードファンドの取り扱いも充実しています。ノーロードファンドであれば、SBI証券は2018年10月時点で1335本、楽天証券が1337本、マネックス証券は723本、松井証券はブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

NISAにおすすめな証券会社
SBI証券 楽天証券 マネックス証券 松井証券 SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)
国内上場証券 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT 株式、ETF、ETN、REIT
国内取引手数料 無料 無料 無料 無料 55円~
外国上場証券 9カ国の株式、ETF、ETN、REIT 米国、中国、アセアンの株式、ETF 米国と中国の株式とETF 取り扱い無し 取り扱い無し
外国取引手数料 ETFのみ買付手数料無料 ETFのみ買付手数料を現金還元 買い付け時のみ手数料無料 取り扱い無し 取り扱い無し
NISA対象投資信託 2,600本以上 2,500本以上 1,100本以上 1,200本以上 2本
つみたてNISA対象 169本 170本 150本 155本 1本

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が国内最多を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託では販売手数料が無いノーロードファンドは2600本以上取り扱っており、投資信託でコツコツ積み立て運用したい方にもおすすめです。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、投資信託で販売手数料が発生しないノーロードの投資信託は2600本以上取り扱っています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

https://info.monex.co.jp/nisa/index.html

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は全銘柄が対象で1200本以上取り扱っています。

マネックス証券は、国内の株式や投資信託の他、米国株や中国株といった外国市場に積極的に投資したいと考えている方におすすめできる証券会社です。今回は...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き1400本以上がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、100年以上の実績を誇る老舗証券会社の松井証券...

松井証券公式サイト

関連記事

少額投資非課税制度(NISA)が利用できるネット証券を徹底比較

ロボアドのウェルスナビがNISAに対応!サービスの特徴を解説

少額投資非課税制度(NISA)で長期投資に不向きな株式銘柄の特徴とは?

NISA口座で運用中の株式や投資信託は他の金融機関に移管できる?

株式投資を始める場合、NISA口座と特定口座はどちらを選択して運用すべきか?

少額投資非課税制度(NISA)が2024年に改定!制度改定概要のポイントを解説