株式の売買頻度が高い方におすすめ!岩井コスモ証券の特徴と概要を解説

株式投資を始めるにはご自身の投資ニーズにあった証券会社を利用することが大切です。今回は、株式の売買頻度が高い方におすすめしたい証券会社として岩井コスモ証券の特徴と概要を解説します。

株式投資のヘビーユーザーから支持された証券会社

岩井コスモ証券は、普段あまり聞き慣れない証券会社というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、同社は中堅の証券会社ではあるものの、長年の実績も多く、株式投資をヘビーにされている方から支持されている証券会社です。

取り扱いは国内の個別株の他、米国株式、中国株式、ベトナム株式、投資信託、債券、FX(くりっく365)、CFDと幅広い投資商品を取り扱っています。

また、新規公開株(IPO)の取扱実績もあり、年間約20銘柄の実績を誇っています。

同社の強みは、売買頻度が高い方向けに最適な手数料プランを用意していることで、アクティブコース(1日定額制)やマンスリーコース(1ヶ月定額制)と運用のニーズに合わせてプランを選択することができます。

岩井コスモ証券公式サイト

投資運用ニーズに合わせて3つのプランから選べる

岩井コスモ証券は、株式投資の運用ニーズにあわせて手数料形態を3つのプランから選択できるようになっています。

アクティブコース(1日定額制)

約定代金 岩井コスモ証券 SBI証券 楽天証券
10万円 80円 0円 0円
20万円 160円 0円 0円
30万円 240円 0円 0円
40万円 320円 0円 0円
50万円 440円 0円 0円
60万円 480円 0円 0円
70万円 560円 0円 0円
80万円 640円 0円 0円
90万円 720円 0円 0円
100万円 800円 0円 0円
200万円 1600円 1162円 2000円
100万円毎 800円加算 400円加算 3000円加算

アクティブコース(1日定額制)の手数料(税抜)

アクティブコースは、デイトレードを行う場合に最適な料金プランで、一日に何度も売買を行う場合に使いやすい料金プランであると言えます。現物取引の他、信用取引でも以下同様の手数料で利用できます。

ネット証券のSBI証券(アクティブプラン)と楽天証券(いちにち定額コース)の手数料を比較した場合、約定代金を問わずSBI証券が安いといえますが、50万円以上となれば、楽天証券と比べて岩井コスモ証券の手数料がお得になります。

さらに、同一日に同一銘柄を複数回売買した場合は、アクティブコースの手数料から日計り取引時の片道手数料が無料となります。

マンスリーコース(1ヶ月定額制)

コース 1ヶ月間の取引回数 定額手数料 対象取引
50回 50回まで 1万円 現物・信用
100回 100回まで 2万円 現物・信用
250回 250回まで 3万円 信用
500回 500回 4万円 信用
1,000回 1,000回まで 5万円 信用

マンスリーコース(1ヶ月定額)手数料(税抜)

マンスリーコースは、はじめに1ヶ月分の取引手数料を支払うことで、規定回数まで取引ができる料金プランです。現物取引と信用取引は共通で、50回と100回の他、信用取引限定で250回、1000回の5種類を用意しています。

回数が50回増える毎に定額料が1万円増えます。現物取引では100回までですが、信用の場合は1ヶ月で1,000回まで利用可能です。

マンスリーコースは運用資金が大きい方に最適な料金プランで、規定回数無いであれば金額と問わず定額の料金で収まりますので、低コストでの運用が可能となります。

スタンダードコース

スタンダードコースは、長期投資など売買頻度が少ない方に最適な料金プランです。

約定代金 岩井コスモ証券 SBI証券 楽天証券
10万円 1,000円 50円 50円
20万円 1,000円 90円 90円
30万円 1,000円 105円 105円
50万円 1,000円 250円 250円
100万円 1,000円 487円 487円
300万円 1,000円 921円 921円
500万円 1,000円 921円 921円
1,000万円 1,500円 921円 921円
1,500万円 2,000円 921円 921円

現物取引(スタンダートコース)の手数料(税抜)

現物取引の手数料は約定代金が500万円以下であれば1,000円で利用可能です。しかしながら、現物を主に取引する場合はSBI証券や楽天証券を利用したほうが手数料は抑えられそうです。

約定代金 岩井コスモ証券 SBI証券 楽天証券
10万円以下 80円 90円 90円
10万円超50万円以下 400円 135円~180円 135円~180円
50万円超100万円以下 800円 350円 350円
100万円超500万円以下 1,000円 350円 350円
500万円超 1500円 350円 350円

信用取引(スタンダートコース)の手数料(税抜)

信用取引は、10万円以下であれば80円で取引ができます。一方で、10万円以上であれば400円からの手数料が発生します。10万円以下であれば岩井コスモ証券が安くなります。

長期投資などで売買頻度が低い場合は、SBI証券のスタンダードプランや楽天証券の超割コースが売買手数料を低く抑えられます。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、インターネット証券大手のSBI証券の概要と特徴...
投資を始める上で証券会社への口座開設が必要です。今回は、証券会社の口座開設をご検討されている方に、楽天グループの楽天証券の概要と特徴を解説します...

IPOの取り扱い件数が年間20件以上と豊富

岩井コスモ証券は、IPOの取り扱い件数も年間20件以上と取扱実績も豊富なのが特徴です。IPOへのい投資はネット証券に集中しがちですが、岩井コスモ証券は地味に取り扱い実績も多く、利用者も少ないため、IPO投資を行いたい方にも利用しやすい証券会社であると言えます。

ただ、IPOは当選しなければ投資はできませんが、他社でありがちなこれまでの投資実績などを考慮した抽選ではなく、配分予定数量に対して10%で、一口座につき一抽選の平等に抽選が行われます。

過去5年間の取り扱い実績を見ると、2017年度は28件、2016年度は25件、2015年度は44件、2014年度は25件となっています。すべてのIPOとの内、約半数以上のIPOを取り扱っています。

株式投資で投資頻度が高い方におすすめ!

https://www.iwaicosmo.net/

岩井コスモ証券は、アクティブコースやマンスリーコースを利用することで、売買時に発生する手数料を安く抑えられ、ネット証券と比べても、その差は大きくデイトレーダーを中心に売買頻度が高いヘビー投資家に支持されている理由となっています。

そのため、デイトレードなどで1日に何度も売買を行う方や売買金額が大きく月に何度も売買を行う方には最適な証券会社といえます。

また、アナリストにより情報力も評判が高く、マーケットの最新情報をはじめ今後の投資戦略を考える場合においても、利用しやすい証券会社です。

岩井コスモ証券に口座開設

関連記事

米国株投資を検討している方におすすめ!マネックス証券の特徴と概要を徹底解説

外国株に投資を検討されている方へ、サクソバンク証券の口座開設手順を解説

街中の証券会社とネット証券の違いは何か?

証券会社が倒産した場合は預け入れ資産はどうなるのか?

日本株が1株から投資可能!単元未満株取引サービスを比較

ネット証券で人気が高い!SBI証券の概要と特徴を解説