株式投資を始めるには何を勉強すればよいのか?

これから株式投資を始めてみたいと考えている方から多く聞かれる質問として、株式投資を始めるに当たり何を勉強すればよいのかをよく聞かれます。多くの場合、チャートの見方など何かしら難しい勉強が必要なのかと思っている方が多いのが現状です。今回は、株式投資を始めるにあたり何を勉強すべきかを考えてみます。

株式投資を始めるにあたり特に勉強は必要無い

株式投資を始める場合、損失を出すのが心配となり多くの初心者ではチャートの見方など、どちらかといえばテクニカル分析を中心とした勉強をする傾向が見られます。

もちろん、短期的な売買を行いたいのであれば勉強しても構わないのですが、長期投資の場合ある程度のトレンドを把握した上で、適切なタイミングで取引することは重要ですが、テクニカル分析を行っても、突発的な事情が発生するなどして、予想を反することも多くあり、ご自身が予想したとおりに相場は動かないものです。

そのため、長期投資ではチャートの分析云々は株式投資を始めた後でも問題なく、むしろ、ご自身のお金を動かしていれば嫌でも株価の動向は自然とわかってくるものです。

実際にご自身のお金を投じてみて経験を積むことが手っ取り早い

投資だけでははありませんが、勉強したからと言って物事が全てうまく行くわけではなく、実際にご自身の手や頭を使って実際に行う「経験」を積み重ねることが手っ取り早い勉強方法であると考えています。

例えば、英語の勉強でも同じですが、日本人の多くが英語を勉強しているにも係わらず英語が話せない人が多いのは、英語を話すような環境が無いのも理由の一つです。(もちろん日本の英語教育の問題もありますが)

投資をはじめようか迷っている場合は、まずは証券会社の口座開設から初めて見ると良いでしょう。SBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券を活用することで、インターネットで24時間いつでも好きなときに口座開設ができます。また、口座の維持も無料でありますので気軽に利用できます。

証券会社の詳しい手数料水準などについては以下の記事で詳しくまとめていますので、口座開設を検討されている方は合わせてご覧いただければ幸いです。

株式投資を始める上では、目的に合わせて最適な手数料プランを選び、手数料を抑えて取引することが重要です。今回は、ネット証券5社の現物取引と信用取引...

投資先の企業について勉強することが第一優先

株式投資を始める上で勉強は不要であるというだけであれば、何かと物足りないと感じる方も多いため、一つだけ勉強すべきことをお伝えすると、ご自身が今から投資したい思う企業について勉強すべきであると言えます。

株式投資は単純にチャートの値動きを追っかけるマネーゲームではなく、あくまでも企業の一部を購入する行為に他なりません。何かしらの商品やサービスを購入する場合、その商品やサービスについて理解した上で購入するのと同様です。

そのため、企業についてしっかりと勉強を行い、将来的に成長性が高い事業を行っているかをしっかりと見極めた上で投資を決断します。投資先の企業については、最低限、何をやっている企業なのかと社長の名前は覚えておく必要があります。

最初は、ご自身が普段利用している商品やサービスを提供している企業の株を少額で購入してみて、株価の値動きなどを観察しどのような要因で株価が動きやすいのかを研究します。さらに、企業から毎年決算資料が送られてきますので、それらに目を通し売上や利益の推移、経営状況についても目を通し、決算短信、財務諸表、賃借対照表の見方を少しづつ理解していくと良いでしょう。

これらが少しづつ理解を進めば、次の投資を行う上で、株価が実態に対して適切なのか、経営状況はどうなのかといった部分を踏み込んだ上で投資をしていくと良いと考えます。

株式投資を行うに当たり、しっかりと稼ぎを得ている企業に投資することが重要ですが、それを判断できる指数として「自己資本利益率(ROE)」があります...
株式投資で銘柄を選定するにあたり業績が良好であり、利益を出し続ける企業に投資することが重要です。その手がかりを知るためには上場企業が公開している...
株式投資で長期的に利益を得るには、現在の株価に対して適正であるかを判断する必要があります。今回は、株式投資を行うにあたり重要な投資尺度である株価...

ちなみに、筆者は投資の中で一番時間を費やしていることとしては、投資先の企業に関する勉強です。単純に決算書類や財務諸表などの経営状況だけではなく、実際に企業に足を運び経営者やIR担当者と話す、職場見学を行う、実際に商品やサービスを試すなどして、投資先の情報収集や投資後の企業活動の様子を見ています。

個別企業の業績や将来的な動向については、証券会社においてもわかりやすくまとめてあり参考にできる他、アナリストなど専門家のコメントも閲覧できます。SBI証券楽天証券マネックス証券などネット証券を活用することで、口座開設後24時間いつでも好きなときに閲覧できます。口座開設は無料ではじめに口座開設から行うと良いでしょう。



株式投資を始めるには必ず余裕資金で行うこと

株式投資を始めるに当たり、特段難しい勉強は不要で、まずは始めて見ることが先手であるとお伝えしましたが、始める場合は必ず余裕資金(当分使う予定がなく、いざというときに無くなっても良いお金)を活用します。

初心者でありがちなのは、手元資金をすべて投資に投じてしまい、評価額が下がり損失が発生したことで手がつけられなくなることです。当然、目先に必要となる生活費や結婚資金、住宅購入資金を投資に投じるべきではないのは言うまでもありません。

経験は大事ですが、最低でも余裕資金を使うことだけは必ず守っていただきたいと思います。株式投資のリスクコントロールについては以下の記事でも詳しく記載していますので合わせてご覧ください。

株式投資は、株価が購入したときよりも上昇すれば利益が得られますが、逆に、株価が購入時より下がれば、元本割れを起こしてしまう可能性もあります。今回...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

株主提案権とは何か?株主の立場として知っておきたい内容とその事例

人はなぜ投資に失敗するのか?その3つの要因をわかりやすく解説!

株価が暴落した時、どの様な対応すればよいのか?

株式会社は権利に応じた10種類の株式が発行可能、各株式の種類を詳しく解説

株式と社債の違いは何か?2つの違いを徹底解説

人はなぜ投資で資産を増やせないのか?その要因を解説