人はなぜ投資で資産を増やせないのか?その要因を解説

投資で資産を増やすことは一見簡単そうに聞こえますが、多くの場合、投資を始めても資産を増やせない人も多いのも事実です。ただ、資産を増やせない人には行動パターンが共通していていることがあげられます。

今回は、人はなぜ投資で資産を増やせないのかその要因を考えてみたいと思います。

投資で儲かってもその金額を消費もしくは浪費してしまう

投資で資産を増やせない理由の一つとして、多いパターンとしては投資で儲かっても、その儲かったお金を消費もしくは浪費してしまうことにあります。

人間は生きている限り数多くの欲望があり、「儲かったらよりよい車を買いたい」といったことを考えてしまい、せっかく儲かっても目先の欲望に負けてしまい、お金を使ってしまう傾向があります。

もちろん、投資の目的は人それぞれではありますので、何かを買う目的で運用するのは問題ありませんが、資産運用でお金を増やしたいと考えて投資をするのであれば、儲かったお金は次の投資に活用することが重要であると言えます。

良く例え話で聞かれることとしては、卵を生む鶏1匹飼っておりその卵を売って商売をしていたと考えた場合、卵を売って得た利益を、すべてご自身の消費に使うとそのお金はなくなってしまいます。

ただし、利益を蓄えてそのお金でもう一匹鶏を購入することで、卵を生む鶏は2匹に増えます。そうすることで単純に考えるとこれまで売っていた卵の量も2倍に増えることとなり、収益も倍に増えることとなります。このようにして資産を増やすことができます。

評価額が下落している側面で売ってしまう

投資を行う上で、目先の評価額に惑わされてしまい冷静な判断ができずに不適切なタイミングで売却してしまうといったことも資産を増やせない要因の一つであると言えます。

行動ファイナンス理論によれば、人はお金のことでは冷静な判断ができなくなり、何かしらの理由で評価額が下がってしまうと、これ以上下がってしまうのではないかと考えてしまい売却してしまったことで、次の上昇タイミングにおける恩恵が受けられず、損失確定で資産を減らしてしまうパターンです。

そのため、投資先については事前にしっかりと情報収集した上で、収益が継続して稼げるのかをしっかり把握し、多少評価額が下がっても、ご自身の投資にはしっかりと自身を持つことが重要です。

株式投資を行う時に、一番心配なこととして株価が暴落することです。その時に、適切に対応できるかが投資家としての成功の道であると言えます。今回は、株...

評価損が拡大している側面で塩漬けにしてしまう

もう一つのパターンとしては、評価損が拡大している側面で、損失を認めたくないがために、塩漬けにしてしまうパターンです。

先程は、評価損が出た状態において、先程のパターンはあくまでも投資先の経営状況などが良好で、あくまでも市場全体の動向で下落し評価損が出ていることですが、企業の経営状況の悪化や不祥事などで株価が下落した場合は話は別となります。

企業に起因する要因で株価が下落し続けている場合は、塩漬けにしても大きく上昇して利益が得られる可能性は、筆者の経験上低いと考えています。(配当で評価損を補える可能性もあるが、配当の支払いが止まる可能性も高い)そのため、企業要因で株価が下落して評価損がてた状態であれば、早急に損切りを行い撤退することで、次の投資で挽回すべきであると考えています。

株式投資は、株価が購入したときよりも上昇すれば利益が得られますが、逆に、株価が購入時より下がれば、元本割れを起こしてしまう可能性もあります。今回...

損失が出た状態で売ることが多い

投資をしたものの、損切りの頻度が多く、結果的に資金を減らしているパターンも資産を増やせない要因です。

損切りが多い方は、目先の株価の値動きだけで取引を行っている、投資先の企業の経営状況や事業内容についてよく理解していないという方が多いです。

筆者も株式やFXの短期的なトレードを行うこともありますが、短期的な相場の値動きを予想するのは相当難しいと言えます。そのため、短期的な収益を目的とした取引の場合、予想を反してしまうと損切りせざる得ず、それが積み重なると結果として資金を減らし、何のために取引を行ったのかよくわからなくなってしまいます。

そのため、中長期運用と短期取引は組み合わせおき、長期投資では投資先の事業内容や経営状況をしっかりと把握し長期的に収益があげられる企業を選定することが重要で、長期投資で利益を大きく増やすイメージで行うと良いと考えています。

将来の資産形成に向けて株式投資を行う場合、中長期で投資できる銘柄を見つけることが重要です。今回は株式投資を中長期で行う上で銘柄を選ぶポイントを紹...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

株式投資を始めるには何を勉強すればよいのか?

株式投資する前に知っておきたい、決算書に書かれている5つの利益を解説

株式投資を行う場合における3つの利点を解説

株価が暴落した時、どの様な対応すればよいのか?

外国人投資家とは一体誰か?日本株を売買する際に知っておきたい情報

株とFXは何が違う?2つの特徴を徹底比較して紹介!