マネックス証券の確定拠出年金(iDeCo)の特徴と概要を徹底解説

2017年1月より確定拠出年金制度が改定されたことで加入対象者が広がりました。この機会に確定拠出年金の加入を検討している方も多いかと思いますが、はじめに金融機関に確定拠出年金の口座を解説する必要があります。そこで、今回はマネックス証券が提供している確定拠出年金サービスを紹介します。

マネックス証券公式サイト

確定拠出年金(iDeCo)とは?

確定拠出年金(iDeCo)は、これまでの年金制度に対して上乗せして老後の資金を運用を行う制度です。

日本の年金制度は3段階制になっており、第1段階として国民年金(基礎年金)、第2段階として厚生年金、国民年金基金、第3段階として確定拠出年金、確定給付年金、厚生年金基金となっています。

今回、新たに確定拠出年金(iDeCo)に加入した場合はこの第3段階の年金に加入することになります。

毎月の拠出額は最低5,000円から1,000円単位となっており、職業によって上限額がことなります。自営業者で国民年金基金に加入していない方であれば最大6万8,000円まで拠出できます。

確定拠出年金の運用は現預金ではなく、投資信託と呼ばれる株式や債券などの複数の資産や銘柄を組み合わせた投資商品で運用を行いますので、将来的に受け取れる金額は運用成績によって異なります。また、投資信託はご自身で選択することになりますので、運用手数料などを事前に調べた上で選ぶことが重要です。

マネックス証券iDeCo公式サイト

2017年1月より老後の資金を運用する確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が広がりました。普段耳にするニュースなどで年金不安が聞かれる中、老後...

運用管理手数料が無料!口座管理手数料は毎月たったの167円!

マネックス証券の特徴は、運用管理手数料が無料で利用可能で、毎月支払う手数料としては口座管理手数料は毎月たったの167円となっています。

確定拠出年金は、運用時に口座管理手数料を支払う必要がありますが、その内訳として、国民年金基金連合会に支払う分が103円、事務委託金融機関に支払う分が64円、ご自身が取引している金融機関に、任意に設定された運用管理手数料を支払う必要があります。

マネックス証券に支払う運用管理手数料が無料でありますので、国民年金基金連合会と事務委託金融機関に支払う口座管理手数料合計167円のみの支払いとなります。

運用管理手数料は、毎月支払うことになりますので長期で運用するとその金額も大きいものになります。そのため、運用管理手数料が無料で最低限の口座管理手数料のみで完結できる金融機関を選ぶことがポイントであると言えます。

既存の公的年金に上乗せして老後資金を運用する確定拠出年金(iDeCo)は、2017年1月より加入者が拡大し、国民年金に加入していれば誰でも加入し...

取扱銘柄数は低コストの23銘柄から選択可能

マネックス証券で取り扱っている確定拠出年金(iDeCo)で運用する銘柄数は2018年10月時点で23銘柄となっています。

国内株式を対象に投資する投資信託が7銘柄、国内債券が1銘柄、国内REIT(不動産)が2銘柄、海外株式に投資する運用商品が6銘柄、海外債権が3銘柄、海外REITが1銘柄、コモディティ(金)が1銘柄、バランス型の投資信託が3銘柄となっています。

また、現預金で運用したい方向けに元本保証型の定期預金が1本選択可能です。

マネックス証券が選定している運用商品は、後ほど解説する提案型のロボアドで診断が可能で、この提案したプランにおける運用コスト(信託報酬)は0.15%となっており、低コストでの運用も可能となっています。

運用可能な商品についてはマネックス証券ホームページをご覧ください。

サポートが充実しており、顧客満足度は94.5%!

マネックス証券 の確定拠出年金(iDeCo)は、これまでの運用経験が無い方でも安心して運用できるようにサポートが充実しているもの特徴です。

ロボットアドバイザーで運用ポートフォリオを提案

確定拠出年金で始めて運用を始めようとしても、どの銘柄を選べば良いかわからない方は多いかと思いますが、同社では確定拠出年金(iDeCo)で運用する銘柄を、ロボットアドバイザーを活用して提案を行います。

ロボットアドバイザーでは5問の質問に回答することで、運用者のリスク許容度を洗い出して、それに見合った運用銘柄を提案します。そのため、はじめての方でも運用銘柄の選定に迷うことはありません。

ただし、ロボットアドバイザーでの運用はできませんので注意が必要です。

土曜日も電話窓口が利用可能

マネックス証券では、iDeCoに関する問い合わせ窓口として電話サポートも用意しています。通常の証券会社であれば基本的に平日のみの受付となることが多いですが、働いていて平日に問い合わせが難しい方にも嬉しい土曜日も利用可能となっています。平日は9時から20時、土曜日は9時から17時の間で利用可能です。

顧客満足度が94.5%

マネックス証券の確定拠出年金(iDeCo)は、顧客満足度が94.5%と大変高く、多くの方が満足して利用していることがわかります。

運用管理手数料が無料で口座管理手数料が167円で利用できる点や運用商品のラインナップが低コストであることが満足度が高い要因となっており、投資経験が無い方でも安心して利用できるサービスを提供していることが評価されていると言えそうです。

マネックス証券の確定拠出年金(iDeCo)の口座開設は以下の公式サイトよりお手続きいただけます。

マネックス証券iDeCo公式サイト

関連記事

確定拠出年金の拠出金を確定申告もしくは年末調整で申告する方法

老後資金2,000万円不足問題、老後に向けてより多くの生活資金を準備する方法

確定拠出年金(iDeCo)で運用商品を選ぶ前に確認すべきポイント

確定拠出年金(iDeCo)の個人型と企業型は何が違う?2つの違いを徹底比較

確定拠出年金(iDeCo)を運用する際に必要となる手数料

ネット証券4社の確定拠出年金(iDeCo)の手数料と取扱銘柄数を徹底比較