株式投資で退場しないために確認しておきたい行動戦略を紹介

2018年は株価が不安定な相場となり運用も厳しいものとなりました。ただし、このような厳しい運用環境でも投資を続けていくにはご自身が定めたルールを守り続けていくことが重要です。今回は、不安定な相場環境においても投資しつづけられるためのポイントをお伝えします。

投資目的を明確にし保有か売却の判断を行うこと

保有株において株価が下落局面が続く状況に出くわすことはよくあります。その場合多くの方は株価が下がったまま保有株を持ち続けてしまう方は多いものです。下がってもまたいつか戻ることを祈り続けてしまい、気がつけば評価額が大幅に減少するもしくは損失が拡大してしまい手の打ちようがなくなることも考えられます。

後述していますが、下落局面において慌てて保有株をすべて売却する、何もできずそのまま株価の下落を眺める、逆に、下落局面で買い増しを行う3つの行動パターンが取られる傾向にあります。持ち続けるか売却するかの判断としては、ご自身がなぜこの銘柄に投資したのかをしっかりと明確にすることです。その目的が達成できるのかできないのかを判断することです。

投資のノウハウを提供している書籍やサイトでは下落局面では、「平均移動線が25日を下回った場合は売却しろ」といったアドバイスも見かけますが、あくまでもその人のやり方であり、すべての方がそのやり方が適切であるとは筆者は考えていません。

今後の事業の成長を期待してて投資しているのであれば業績の悪化では保有数を減らすことも選択肢の一つです。逆に全体的な経営状況は良くても相場状況が悪化して下落を続けているのであればそのまま保有する判断もできます。

配当金や株主優待を受領する目的で投資しているのであれば、株価が下落しても配当金や株主優待が継続して行われるのであればそのまま保有しても良いでしょう。もちろん、経営状況など総合的に判断して今後の減配の可能性や優待内容の変更には注意が必要です。

短中期的な値上がり益を求めて投資しているのであれば、下落局面になれば、値上がり益が期待できなくなりますので損失が発生する前などに売却する判断はできます。

下がっている銘柄をすべて売却しないこと

株式相場で相場全体において下落トレンドにおいて、そのまま下がり続けてしまうのではないかと心配になり、保有している株式をすべて売却してしまうという行動を起こしてしまう人は多いです。

ただ、その後下落相場が終了して上昇した場合、すべての株式を売却しているため上昇トレンドに乗れなくなってしまい、株式投資で利益が得られなくなってしまいます。

そのため、下落トレンドにおいても、すべての保有銘柄を売却するのではなく、個別銘柄の状況などを確認し、一部を保有するなどして、上昇タイミングが来た場合においてもそのチャンスを逃さないようにすることが重要です。



手当たり次第に買い増しを行わないこと

株式相場全体が下落トレンドや暴落した場合、バーゲンセールと考え手当たり次第に買い増しを行う方も居ます。もちろん、その後上手いタイミングで上昇トレンドに切り替われば良いですが、そのままズルズルと下がり続けてしまった場合、損失が拡大することになります。

そのため、株を安く変えるからと言って手当たり次第に買い増しをするのではなく、個別企業の業績はもちろん、適切なタイミングを見計らって買い増しすべきかどうかを判断することが重要です。

株式投資はリスク許容度に応じて利益確定のルールを定めておくこと

株式投資で失敗して退場しないためにも、株式投資に充てる投資資金はご自身のリスク許容度に応じて決めることが重要です。直近で使う資金はもちろん、近い将来使う予定がある資金では株式投資を行わないこと、何か合ったときになくなっても良い資金で投資をおこなうことが重要です。

株式投資では投資金額が大きくなればなるほど価格変動におけるリスクは高まります。もちろん、市場ど動向を正確に判断して適切な取引タイミングで投資できればよいですが、これはなかなか難しいのが現状です。ご自身の総資産額と照らし合わせて多少の価格変動でも問題がない金額で投資を行います。

また、利益確定のタイミングと損切りのタイミングはしっかりと決めておきそのルールに従って投資を行うことも重要です。

株式投資は、株価が購入したときよりも上昇すれば利益が得られますが、逆に、株価が購入時より下がってしまえば、元本割れを起こしてしまいます。株式投資...
株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

景気低迷時の投資方法「ディフェンシブ銘柄」で資産を守る

株はどのタイミングで売るべきか?売却で後悔しないための考え方

株価が暴落した時、どの様な対応すればよいのか?

株式を積み立てて購入する「累投(るいとう)」の特徴をわかりやすく解説

株を購入する前に知っておきたい、3つの注文方法を解説!

株の売買高(出来高)が少ない銘柄は買いか?その利点と注意点を解説