ソフトバンク株式会社がIPOを実施!公開日は2018年12月19日

ソフトバンクグループ(9984)の通信子会社であるソフトバンク株式会社(9434)がIPO(新規株式公開)を実施することを明らかにしており、12日に条件などの詳細内容が明らかとなりました。

ソフトバンク株式会社のIPOの条件や概要をまとめました。

ソフトバンク株式会社IPOを実施!

ソフトバンクグループの通信子会社であるソフトバンク株式会社は2018年12月19日に東京証券取引所にIPO(新規株式公開)を行うに当たり、2018年11月12日に概要を明らかにしました。

IPOは以下の記事で詳しく概要を記載していますが、これまで非上場企業が証券取引所に株式を新規に上場させることで、上場前に公募期間である「ブックビルディング」で申し込むことで、予約に近い形で株式を購入することができます。

近年、新規に株式を証券取引所に上場する企業が増えています。2017年12月30日付けの日本経済新聞の記事によれば「2017年は東京証券取引所など...

同社はこれまでソフトバンクグループ株式会社(9984)で東京証券取引所に上場していますが、こちらは通信事業を含む、ヤフー株式会社や英国の半導体設計大手アーム・ホールディングスなどグループ各社の持株会社となります。今回は、ソフトバンクグループの内、通信事業に特化して事業展開を行っているソフトバンク株式会社が上場することになります。そのため、親子上場という形になります。

ソフトバンク株式会社の普通株式を1,427,287,400株を売り出す予定です。

ブックビルディングの詳細

ソフトバンク株式会社のIPOにおける仮条件の決定日は2018年11月30日を予定しており、ブックビルディング期間は2018年12月3日から2018年12月7日で、その期間にソフトバンク株式会社の株式を購入したい方は、同社のIPOの取り扱いがある証券会社に申し込む必要があります。ブックビルディング期間における申し込み状況に応じて公開価格を決定を行い、公開価格は2018年12月10日に正式に価格が決まる予定となっています。

申込み株式数は100株単位となっており、正式に購入の申込みを行う場合は公開価格が決定後の2018年12月11日から2018年12月14日までの期間内に申し込みを行います。

ブックビルディングは、申込者数が多い場合、証券会社の基準に応じて抽選が行われ抽選に当選する必要があります。抽選漏れとなった場合は、購入の申し込みはできませんので注意が必要です。

ソフトバンク株式会社の経営状況

ソフトバンク株式会社の過去3年間の売上高と営業利益、純利益の推移は以下の通りです。

売上高は2016年3月期は34,106億円、2017年3月期は34,831億円、2018年3が付きは35,470億円と増収を記録しています。その内、本業で稼いだ利益である営業利益はそれぞれ、6,440億円、6,787億円、6,419億円、最後に手元に残る純利益はそれぞれ3,995億円、4,412億円、4,127億円となっています。

株主還元は純利益に対して配当性向85%を目安

株主還元策としては、中間配当および期末配当の年2回を実施し、純利益に対して連結配当性向85%を目安に実施していくとしています。

上場後初の配当支払いとなる2019年3月期については、連結配当性向である85%の2分の1を目安として期末配当金額を決定する方針であるとしており、高い株主還元と同時に成長投資の両立を行っていくとしています。

IPO投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。IPOの取り扱い数もネット証券ではNo.1で2018年3月期は79件のIPOのの内、75社を取り扱いました!

また、証券会社の中では唯一少額投資非課税制度(NISA)口座でもIPO投資が可能なのも大きな魅力で、あわせての売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

IPO投資で抽選を行う際、ではこれまでの証券会社では取引実績などが優先的となっていましたが、マネックス証券では取引数や保有資金が少なくても誰でも公平に抽選条件となるため、より多くの方にIPO投資できるチャンスが広がります!

マネックス証券公式サイト

岩井コスモ証券

http://www.iwaicosmo.co.jp/

岩井コスモ証券は、IPOの取り扱い件数も年間20件以上と取扱実績も豊富で、ネット証券と比べると参加者が少ないことからIPOが比較的参加しやすいメリットがあります。また、抽選となった場合は、これまでの取引実績ではなく、配分予定数量に対して10%で、一口座につき一抽選の平等に抽選が行われるのも大きな特徴です。

岩井コスモ証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は100年以上の実績を持つ老舗証券会社で、IPOの取り扱い実績も豊富にあります。IPO当選時の手数料は無料で少額投資非課税制度(NISA)の他、ジュニアNISA口座、未成年口座で購入申込が可能なのも特徴です。NISAやジュニアNISAを活用すれば売却時の手数料も無料になりますので、手数料なしでIPOで大きな利益が狙えるのも嬉しいポイントです!

松井証券公式サイト

関連記事

株主総会の招集通知が来ないときの対処方法

株式投資で損失が出た時に確認したい損益通算と繰越控除について解説

株主優待が届かない時に確認しておきたいポイントと対処方法を解説

米国のハイテク株が下落している本当の理由と今後の先行き

円高になると日本株は何故下がる?為替と株価の関係を解説

米国経済の景気減速は始まったのか?2019年の米国株取引戦略