ウェルスナビやTHEOが倒産したら運用資産は保障されるのか?

ロボアドを運用している最中に、万が一、ロボアド事業者が潰れた場合、運用している資産がどのように保障されているのか気になるところです。今回は、ロボアド事業者が潰れた場合どうなるのか解説します。

ロボアド事業者は万が一に備えた運営体制を構築

ロボアドは、ロボットを活用してリスク許容度を判定し運用ポートフォリオを提案と自動運用を行ってくれます。そのため、ご自身で運用ポートフォリオを見直して、銘柄を入れ替えるといった作業が不要となり、投資に関する高度な知識がなくても、誰でも気軽に運用が可能になります。

そのため、ロボアドの口座開設して入金を済ませると、放置していても勝手に運用を行いますので、ご自身で運用していることを意識する必要はありません。

完全にお任せできるメリットはありますが、万が一、ロボアド事業者の経営が悪化して倒産という事態になった場合は、運用をお任せすることは出来なくなってしまいます。

しかしながら、ウェルスナビTHEOでは、万が一の事態が発生した場合を考えて対策が取られています。


顧客の資産を分別して管理されている

ウェルスナビTHEOでは、顧客から預かった資金は、自社の資金とは別に管理されており、万が一、経営が悪化した場合でも、顧客の資産は守られています。そのため、万が一、法人が解散した場合でも、運用中の資産は市場にて売却され現金として返金されます。

ウェルスナビやTHEO(テオ)も含め、証券会社には金融商品取引法で、自社の資産とは別に管理するように規定されており、この規定をしっかりと遵守した上でサービスを提供する必要があります。

2018年時点ではロボアドは新しいサービスのため、ロボアド事業者が倒産した事例はありませんが、証券会社では過去に山一證券が倒産しています。その際、顧客から預かった資産については、金融商品取引法に基づいて返還されています。

証券会社が倒産した場合についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

株式や投資信託などで資産運用を行う場合、証券会社など金融機関を通じて運用を行います。一方で、運用中に証券会社が倒産した場合はどうなるのか気になり...

日本投資者保護基金により1,000万円まで保証

ロボアド事業者や証券会社は、顧客に取引サービスを提供するにあたり、必ず日本投資者保護基金に加入する必要があります。日本投資者保護基金は、証券会社の経営が悪化し、どうしても顧客の資金も返還できないという事態に備えて、顧客1人あたり最大1,000万円までの保障を行っています。

そのため、ロボアドで運用していたが、経営状況が悪化し返還が困難になった場合においても、最悪日本投資者保護基金より1,000万円まで保障されます。

ロボアド事業者を含む証券会社で顧客の資金と別に管理していることに加え、日本投資者保護基金に加入することで二重のセーフティーネットが構築されています。

日本投資者保護基金で保障されるのは、株式と債券、上場投資信託(ETF)、投資信託、現金となりますが、ロボアドは上場投資信託(ETF)であるため保障の対象となります。


ロボアドは万が一でも安心して運用可能

ロボアドを活用して、運用を完全にお任せできるのは魅力だが、潰れた場合どうなるのか心配されていた方も多いかともいますが、説明したとおり、顧客資産は分別して管理していることと日本投資者保護基金への加入により二重に守られており、安心して運用できるといえます。

近年では仮想通貨が不正流出したといった問題がでましたが、ロボアドは伝統的な有価証券を活用しており、金融商品取引法において守られていますので、下手な仮想通貨でリスクを背負うよりも、ロボアドで健全な運用を行い将来に備えるほうが、ベストな選択肢であると言えます。

おすすめロボアドサービス

ウェルスナビ

出典:ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビ初期投資額10万円から始められるロボアドサービスです。毎月1万円以上1円単位で積立投資もできますので余裕資金が少ない方でも気軽に資産形成が始められます。

約6問の質問に回答するだけでリスク許容度を判定し、それに合わせて自動運用を行いますので、特別な作業は不要になるほか、税金の繰り延べができる自動税金最適化機能(DeTAX)により無駄な税金の支払いが削減できるのも特徴です。

運用手数料も運用残高が3,000万円未満であれば年率1%、3,000万円超は年率0.5%(現金部分を除く、税別)で運用できます。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式サイト

THEO+docomo

出典:THEO+docomo公式サイト

THEO+docomoは初期投資額1万円から始められるロボアドサービスで、運用後も毎月1万円以上1000円単位で積立投資も可能です。

予め回答した5問程度の質問でリスク許容度を判定し、ETF30から40本でリスク許容度に応じてきめ細かな運用が可能です。

手数料については運用残高に応じて段階的に引き下げる手数料形態を導入しており、0.65%~1%で運用可能です。10万円以上で開始すると0.9%の手数料で運用可能で、ロボアドの中では手数料を抑えて運用できると言えます。

また、運用に応じて毎月ドコモのdポイントが付与されるのも大きな特徴です。100万円を1年間運用した場合、年間で付与されるポイント数は1800ポイントになります!

ロボットを活用して自動運用が可能なロボアドのTHEOは、NTTドコモと提携してドコモ利用者向けの運用サービスとして「THEO+docomo」を提...

THEO+docomo公式サイト

FOLIO ROBO PRO

出典:FOLIO ROBO PRO公式サイト

FOLIO ROBO PROは、テーマ投資を提供しているFOLIOが金融機関向けに人工知能(AI)技術を提供しているAlpacaJapanと共同開発をして提供しているロボアドです。

高度な人工知能(AI)技術を活用することで、40種類以上の市場データを活用し、市場動向を先読みすることで、数年という短期間でも利益追求ができるとともに、市場の急変による損失を軽減することが期待できる新たなロボアドです。

運用は他のロボアドと同様に株式や債券価格に連動する上場投資信託(ETF)活用し約8銘柄で運用を行います。初期投資額は10万円からで、運用手数料は年率1%(税抜)で運用することができます。一方で、積立投資には対応していませんので、ご自身で追加投資が必要になります。

テーマ投資を提供しているFOLIOから新たなロボアド「FOLIO ROBO PRO」を提供開始しています。人工知能(AI)を活用することで市場を...

FOLIO ROBO PRO公式サイト

関連記事

ロボアド検討中の必見!「ウェルスナビ」と「楽ラップ」を徹底比較

ウェルスナビとWealthNavi for SBI証券の違いは何か?3つの違いを...

ロボアドとは何か?話題のロボットアドバイザー(ロボアド)をわかりやすく解説!

ロボアド検討中の必見!ウェルスナビとTHEOを徹底比較

ウェルスナビの口座開設時は一般口座と特定口座どちらを選ぶべきか?

ドコモの「dカード」を使って投資運用が可能!おつり積立の詳細と運用方法を解説