長期投資において評価損が出た場合は損切りすべきか?

株式投資を行っている場合、誰しもが経験あると思いますが、ご自身が購入した時の株価より評価額が下回ったことで評価損を出してしまうことがあります。近年では株式相場が不安定な状況が続き、長期投資においても大きく評価損が出ている方も多いかと思いますが、長期投資を目的に購入した株は評価損が出た場合、損切りすべきなのか迷う方も多いかと思います。

今回は長期投資における損切りの考え方について解説します。

損切りとは何か?

投資の世界では、損切りの重要性が叫ばれいます。損切りは株式投資などご自身が購入したときの価格から評価額が下回ってしまい、これ以上の損失を防ぐ目的で損失が発生している状態で売却することで損失を確定することです。

損切りを行うことで、株価が右肩下がりの場合は損切りを行ったほうが損失が膨らまずに済みます。また、損失が発生している状態から開放されることで精神的に楽になる他、次の投資案件にその資金を振り向けて利益を狙うことができますので、資金効率が高まるメリットがあります。

ただし、損切りが多く続くことで、逆に資金を減らしてしまうことになるほか、証券会社など金融機関へ支払う取引手数料を無駄に多く支払う事になってしまいます。

もちろん、短期的に売買を行うのであれば、資金効率を考えると評価損が出た場合は損切りを徹底したほうが良い場合もあります。ただし、長期投資の場合は単純に評価損が出たからといって損切りを行うのは早業で、投資の目的を再度振り返ってしっかりと考える必要があります。

長期投資では株価より投資先の業績や将来性を見据えること

長期投資の場合、基本的に目先の株価の推移ではなく、企業の業績や事業による将来性に注目して投資を行います。そのため、単純に株価が下がったという理由で損切りするものではありません。

株価が下がっても業績が好調である、将来的に有望な事業や投資を継続的に行っており将来的に事業からの収益が拡大できそうな場合は、目先の株価にとらわれる異なるじっくりを腰を据えて運用していくべきであると考えています。

そのため、長期投資を行う場合は、投資を行う前にしっかりと対象の企業を調査した上で、その投資に対して明確な自身を持った上で判断する必要があります。経営状況や財務状況だけではなく、対象の企業の製品やサービスを利用してみることや従業員の働きぶりはどうなのかといった視点で総合的に調査を行う必要があると考えます。

単純に株価が下がった、株式市場全体が暴落して大きな評価損が出た場合でも、前述した調査を十分に行っていれば基本的に損切りは必要ないと考えます。

これから株式投資を始めてみたいと考えている方から多く聞かれる質問として、株式投資を始めるに当たり何を勉強すればよいのかをよく聞かれます。多くの場...

投資先企業に対する悪材料や期待した投資目的が実現できない場合は損切りする

長期投資では目先の株価に左右されて損切りはすべきではないとお伝えしましたが、投資先の企業に対する悪材料が出たことで、本来の投資目的が実現できないと判断した場合はすばやく損切りすべきであると言えます。

例えば、企業業績が急激に悪化した場合の他、対象企業が提供している製品やサービスで大きな不具合や事故などが生じて今後の業績に影響を与えると判断した場合、また、企業や経営者の不祥事が合った場合など、長期投資を行う目的を果たすことは難しくなりますので損切りを行います。

2018年は、多くの企業における不祥事や経営者の不祥事が相次いで報道されましたが、このような状況になった場合は損切りをすべき理由に該当します。

こういった企業に投資しないためにも、前述した通り十分な企業調査が必要となります。また、コーポレート・ガバナンス(企業統治)のあり方をしっかりと確認することや経営者の生活ぶりや行動ぶりなどをしっかりと監視しておくことが重要です。

株式投資におすすめできる証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が460万口座を誇るネット証券です。インターネットで24時間365日取引可能。株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、2019年7月20日よりTポイントの取り扱いを開始し、国内株式や投資信託の買い付けでTポイントが貯まる他、Tポイントを使って投資信託が購入できるようになります!

また、少額投資非課税制度(NISA)口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券でSBI証券に次いで人気が高い証券会社です。インターネットで24時間365日取引が可能で、株の売買手数料も約定代金が5万円までであれば50円から取引できます!

さらに、楽天ユーザーにはうれしいポイントとして、楽天グループである強みを生かして、の売買手数料100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが還元されます!

楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!

楽天証券公式サイト

ライブスター証券

ライブスター証券は、ネット証券の中で株式売買手数料が安く、低コストで株式投資ができることから多くの投資家から評価が高い証券会社です。ネット証券手数料部門ランキングでは5年連続で1位を獲得しています!

現物取引では、1約定毎の手数料として約定代金が5万までが50円、5万円超から10万円以下は80円、10万円から20万ではたったの97円少額投資でもお得に売買できます。また、無料で高機能な取引ツールを提供している他、成行注文や指値注文以外にもIFD注文、OCO注文など多彩な注文方法が利用できるのも特徴です。

ライブスター証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、マネックスグループが提供しているネット証券で、国内だけではなく、海外の個別株の取扱いが豊富であることから、世界に幅広く投資したいと考えている方におすすめです!

約定代金が10万円以下であれば、1回の注文につき売買手数料は100円となっています!また、NISA口座での買い付けによりの売買手数料は無料で取引可能です!

マネックス証券公式サイト

関連記事

配当重視の株式投資におけて目安となる配当利回りはいくらか?

こんな株主優待に要注意!改悪・廃止される3つパターンとは?

株の配当金の受け取り方法は4つ!それぞれの違いをわかりやすく解説

株主優待を確実に獲得するために事前に確認しておきたいポイント

株主優待とは?確実に優待を受け取るために確認すべき4つのポイントを解説

株主優待制度導入企業の収益性は低い?優待の原資は何かを徹底解説