2019年よりNISA口座開設と取引がすぐに出来る「簡易NISA口座開設」がスタート!

少額投資非課税制度(NISA)が始まって約5年が経過しました。政府が個人の資産形成を後押しする目的で年間120万円までの投資で得た売却益と配当金が非課税となる制度で、ネット証券のSBI証券では約130万口座を突破するなど、これを機会に投資に踏み出す方も増えています。

このNISAですが、2019年より新たに口座開設と取引がスピーディに可能な「簡易NISA口座開設」が始まります。

少額投資非課税制度(NISA)とは?

少額投資非課税制度(NISA)とは、年間120万円までの投資で得た売却益と配当金が非課税となる制度で、最長5年間にわたり最大600万円まで非課税となります。

通常、投資で得た売却益と配当金に対しては、20.315%の所得税が課税されます。例えば、100万円の売却益を得た場合、約20万円が課税されるため、手元に受け取れる金額は約80万円となります。

NISA口座を利用することで、この20.315%が非課税となり、100万円の売却益を得た場合でもまるまる100万円受け取ることができます。

NISAで運用可能な投資商品は国内外の個別株の他、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)、投資信託、国内外の不動産投資信託(REIT)、新株予約権付社債となります。

近年では、政府が個人マネーを投資に振り向け経済成長を後押しするためにも、「貯蓄から投資へ」というキーワードの元、様々な制度を整えています。 ...

簡易NISA口座開設で口座開設から取引までの時間を短縮可能に!

2019年より開始される「簡易NISA口座開設」では、これまで口座開設から取引までに時間がかかっていた口座開設から取引までの期間を大幅に短縮可能となるものです。

金融庁は家計の安定的な資産形成の実現を目的に、NISAなどの利便性向上と充実を図るべく、税務署での確認手続きの前にNISA口座の開設ができる仕組みを導入しました。

これまでのNISA口座を開設する場合、証券会社などの金融機関に申込み後、金融機関側から税務署に対してNISAの口座開設の手続きを行います。税務署より正式に手続きが完了後、金融機関側で正式にNISA口座開設が完了し取引が可能となりました。ただ、その期間は2週間から3週間程度の時間を要してしまう課題がありました。

簡易NISA口座開設を利用することで、税務署への確認手続きの前に口座開設が可能となりますので、申し込んだ直後に取引が可能となります。

簡易NISA口座開設では通常のNISA口座とつみたてNISAが対象

簡易NISA口座開設では、通常のNISA口座と、毎月の積み立て投資に特化したつみたてNISAが対象となります。一方で、未成年向けのジュニアNISAについては2019年1月時点で対象外となっていますので注意が必要です。

ジュニアNISAは従来どおり、金融機関にNISA口座開設の手続きを行い、税務署に口座開設の確認を行ったあとに、取引開始することになります。

また、簡易NISA口座開設においてもこれまで通り、マイナンバーカードといった本人確認書類が必要になりますので、それらをあらかじめ用意した上で口座開設の手続きを行ってください。

子供が居る家庭では、子供の将来の教育資金を確保するために貯蓄を行っている方は多いかと思いますが、低金利状況の中、多額の教育資金を効率よく貯めなが...

簡易NISA口座開設は税務署からの承認が得られるまでは仮開設状態である

簡易NISA口座開設では、口座開設から取引までスピーディに行うことができますが、金融機関側で口座開設後に税務署が口座開設の可否の審査を行います。

審査結果が得られるまでは約1週間程度の時間を要します。そのため、正式な承認が得られるまではあくまでも仮開設状態であることに留意しておく必要があります。

万が一、仮開設状態で取引を行い、非承認となった場合は、一般口座で扱ったものとみなされ、通常の課税口座となりますので注意が必要です。また、注文中の銘柄については注文取消しのほか、非課税で得た配当金については遡及課税が行われることになります。

NISAにおすすめな証券会社

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/

SBI証券は口座開設数が430万口座を誇るネット証券です。NISA口座を開設すれば、の売買手数料は無料で低コストで株式投資が可能です。また、投資信託のノーロードファンドは2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では、低金利状況が続いていることや将来に向けた向けた運用の重要性が叫ばれている中、株式や投資信託を活用した運用ニーズが高まっています。株式や...

SBI証券公式サイト

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は、楽天グループのネット証券で、楽天証券も同様にNISA口座を活用することでの売買手数料は無料で利用できます!また、ノーロードの投資信託は2018年10月時点で1335本取り扱っています。

近年では投資の重要性が叫ばれている中、投資を始めたいと考え証券会社への口座開設を検討している方も多いかと思います。証券会社の中でも楽天グループの...

楽天証券公式サイト

マネックス証券

マネックス証券は、国内だけではなく、米国の個別株の取扱いが豊富であることから、国内だけではなく米国株式市場にも幅広く投資したいと考えている方におすすめです!NISA口座での買い付けにより国内のみならず海外のの売買手数料が無料で取引可能です!ノーロードの投資信託は2018年10月時点で722本から選べます。

マネックス証券は、インターネットでサービスを展開しているネット証券です。国内の株式や投資信託はもちろん、米国や中国など海外市場に積極的に投資した...

マネックス証券公式サイト

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

松井証券は創業100年の歴史と実績を持つ証券会社で顧客中心主義をモットーに顧客のことを第一に考えたサービスを創業以来提供してきました。NISAでの取引手数料が無料で利用できる他、投資信託は松井証券が厳選して選んだ低コストで運用できるものに加え、ブル・ベア型の投資信託を除き556本がノーロードファンドとなっています。

投資を始める上で証券会社への口座開設が必要になります。今回紹介する「松井証券」は、派手な宣伝はしていませんが実績が100年以上と長く、インターネ...

松井証券公式サイト

関連記事

子供の将来の教育資金はどうする?ジュニアNISAでの運用がおすすめ!

少額投資非課税制度(NISA)が一部改定、海外転勤でも出国後5年間まで帰国後も非...

2018年1月よりスタートした「つみたてNISA」とは何か?制度概要を徹底解説

NISAでの損切りはおすすめしない!損失が発生したときの対処方法

ジュニアNISAを使って資産を構築するためにすべきことと銘柄を選ぶヒント

少額投資非課税制度(NISA)の非課税期間が終了した場合にすべきこと