THEO(テオ)の口座開設から運用までの手順を徹底解説!

資産運用の重要性が叫ばれる中でロボアドを使って自動で投資の運用ができるロボアドが話題となっています。今回はロボアドの運用を検討中の方に、お金のデザインが提供しているロボアドTHEOの口座開設手順を解説します。

THEOの特徴

THEOは株式会社お金のデザインが提供している、ロボットを活用して運用者のリスク許容度を判断してポートフォリをを最適化して自動で運用してくれるロボットアドバイザー(ロボアド)サービスです。

通常の投資では、運用者自身で相場状況などを判断して運用ポートフォリを最適化するとう作業が必要でしたが、これらの作業をTHEO側で自動で行ってくれるため、高度な知識が無くても運用をおまかせすることができます。

THEOでは、後述している通り、5問の質問で運用者のリスク許容度を判定しポートフォリを提案します。また、初期投資額はたったの10万円から始めることができます。運用は、海外の証券取引所に上場している上場投資信託(ETF)を活用し30銘柄からリスク許容度に合わせて組入を行います。

年間の運用手数料は最小0.65%から最大1%(現金部分除く、税別)で、運用残高に応じて手数料が変わります。売買手数料や為替手数料はTHEO側が負担しますので運用者での負担は不要となっています。

ロボアドによる資産運用を検討されている場合、予め運用実績を確認することが重要です。ロボアドによる投資サービスを提供しているTHEOのサービス概要...
ロボットのTHEOは、運用状況に応じて段階的に色別する「THEO Color Palette」制度による手数料形態を導入しています。今回はTHE...

ロボアドではTHEO以外にもウェルスナビも人気が高いサービスとなっています。THEOとウェルスナビの両サービスを検討されている方は以下の記事を参考にご自身にあったサービスを見つけてみるのも良いでしょう。

ロボットを活用した資産運用サービスであるロボアドを検討してる場合、ウェルスナビとTHEOのどちらにするか検討している場合、両者の違いを明確にした...

THEOのホームページにアクセスして5問の質問に回答

THEOで運用を始めるには、はじめにTHEOのホームページにアクセスして口座開設の手続きを行います。
THEO公式ホームページ
まずは「無料でTHEOを体験」ボタンをクリックして、以下の質問に回答します。

1.年齢
2.年収
3.毎月の貯金額
4.金融資産額
5.THEOを始める際の初期投資額

質問に回答後、10年後の資産予想額が表示されます。例えば、35歳で初期投資額が100万円で毎月5万円積み立てると仮定した場合、THEOで運用すると1040万円という結果になります。

また、同世代の貯蓄額がいくら位なのか、10年後との対比が可能となっています。

以上の内容を確認後「次へ」ボタンをクリックして次に進みます。


運用プランを選択する

次に、THEOでの運用プランを選択します。運用を完全にTHEOにおまかせしたい場合は「THEOにおまかせ」を選択します。ご自身でカスタマイズしたい場合は「自分でカスタマイズ」を選択します。

プランを選択後、ページ下部の「次へ」ボタンをクリックして次に進みます。


口座開設手続きを行う

次に、口座開設の手続きに入っていきます。はじめにメールアドレスを入力してユーザー登録を行います。また、ニュースレターを受け取る場合は「THEO ニュースレター”を受け取る」のチェックボックスを「ON」に、受け取りたくない場合は「OFF」にします。

メールアドレス入力後「メールアドレスで登録する」をクリックします。

しばらくすると、先程入力したメールアドレス宛にTHEOからメールが届きますので内容を確認後、本文中の「メールアドレスを認証する」をクリックして認証を行います。

認証をクリックすると、パスワードの設定画面に遷移しますので、任意の文字列を入力してパスワードを設定し、「次へ」をクリックします。

パスワードを設定後、資産運用方針を設定しましたという画面が表示されます。ご自身の質問などに応じてTHEO側が自動で判定したポートフォリになります。内容を確認後「次へ」をクリックします。

氏名と生年月日、性別、住所、電話番号、職業、投資経験など必要項目を入力し「次へ」をクリックします。

口座種別を選択します。売却益など確定申告をTHEO側で任せる(源泉徴収してもうらう)場合はチェックボックスをONにします。少額で取引する場合や、毎年確定申告を行っている方でそれらと合わせて投資についても確定申告を行う場合はチェックボックスをOFFにします。その場合は口座種別として「特定口座源泉徴収なし」となります

特定口座源泉徴収ありとなしについて、どちらが良いのか迷った場合は以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

THEOの口座開設時に特定口座(源泉徴収ありとなし)を選択する必要があります。今回は口座種別は何を選択すべきかを運用規模や目的別に解説します。 ...

口座種別を選択したあとは、チェックボックスの内容を一読に内容に同意の上チェックボックスをONにします。すべてONにしたあとは「次へ」をクリックします。

個人情報保護方針を確認後、「同意して次へ」をクリックします。

入力内容を確認後、問題なければ「この内容を登録する」ボタンをクリックします。

最後に本人確認書類を提出します。本人確認書類に使える書類は「マイナンバーカード」もしくは「通知カード」、「マイナンバー記載住民票」が必要になります。通知カードと住民票の場合は合わせて運転免許証等の本人確認書類が必要になります。

本人確認書類はあらかじめ画像ファイル(JPG、PNG)もしくはPDFとしてデータ化しておき、「提出するボタン」をクリック後、「ファイルを選択」ボタンをクリックして、該当ファイルを選択後アップロードができます。

本人確認書類をアップロード後、THEOと運用契約を交わすことになりますので、契約書と報告書についてオンライン交付のお願いの内容が記載されていますので内容を確認後「承諾する」ボタンをクリックします。

続いて、証券口座契約締結前交付書面の5種類の書類を確認します。内容を確認後問題なければ「契約を申し込む」ボタンをクリックします。


THEOの審査後入金して取引開始

これで口座開設の手続きは完了です。あとは、THEO側で口座開設の内容確認等が行われます。その後、登録したメールアドレス宛に入金方法が記載されたメールが届きますので、その後の入金はそちらの内容に従って行います。

THEOに関する詳しい内容もくしは公式サイトよりご確認ください。

おすすめロボアドサービス

ウェルスナビ

出典:ウェルスナビ公式サイト

ウェルスナビ初期投資額10万円から始められるロボアドサービスです。毎月1万円以上1円単位で積立投資もできますので余裕資金が少ない方でも気軽に資産形成が始められます。

約6問の質問に回答するだけでリスク許容度を判定し、それに合わせて自動運用を行いますので、特別な作業は不要になるほか、税金の繰り延べができる自動税金最適化機能(DeTAX)により無駄な税金の支払いが削減できるのも特徴です。

運用手数料も運用残高が3,000万円未満であれば年率1%、3,000万円超は年率0.5%(現金部分を除く、税別)で運用できます。

投資に興味はあるが難しくて一歩を踏み出せない方に最適な投資サービスとして、ロボットが自動で投資をしてくれるサービス「ロボットアドバイザー(ロボア...

ウェルスナビ公式サイト

THEO+docomo

出典:THEO+docomo公式サイト

THEO+docomoは初期投資額1万円から始められるロボアドサービスで、運用後も毎月1万円以上1000円単位で積立投資も可能です。

予め回答した5問程度の質問でリスク許容度を判定し、ETF30から40本でリスク許容度に応じてきめ細かな運用が可能です。

手数料については運用残高に応じて段階的に引き下げる手数料形態を導入しており、0.65%~1%で運用可能です。10万円以上で開始すると0.9%の手数料で運用可能で、ロボアドの中では手数料を抑えて運用できると言えます。

また、運用に応じて毎月ドコモのdポイントが付与されるのも大きな特徴です。100万円を1年間運用した場合、年間で付与されるポイント数は1800ポイントになります!

ロボットを活用して自動運用が可能なロボアドのTHEOは、NTTドコモと提携してドコモ利用者向けの運用サービスとして「THEO+docomo」を提...

THEO+docomo公式サイト

FOLIO ROBO PRO

出典:FOLIO ROBO PRO公式サイト

FOLIO ROBO PROは、テーマ投資を提供しているFOLIOが金融機関向けに人工知能(AI)技術を提供しているAlpacaJapanと共同開発をして提供しているロボアドです。

高度な人工知能(AI)技術を活用することで、40種類以上の市場データを活用し、市場動向を先読みすることで、数年という短期間でも利益追求ができるとともに、市場の急変による損失を軽減することが期待できる新たなロボアドです。

運用は他のロボアドと同様に株式や債券価格に連動する上場投資信託(ETF)活用し約8銘柄で運用を行います。初期投資額は10万円からで、運用手数料は年率1%(税抜)で運用することができます。一方で、積立投資には対応していませんので、ご自身で追加投資が必要になります。

テーマ投資を提供しているFOLIOから新たなロボアド「FOLIO ROBO PRO」を提供開始しています。人工知能(AI)を活用することで市場を...

FOLIO ROBO PRO公式サイト

関連記事

ドコモの「dカード」を使って投資運用が可能!おつり積立の詳細と運用方法を解説

ロボアド「FOLO ROBO PRO」の長所と短所は?運用前に知りたいポイントを...

ロボアド「ウェルスナビ」のメリットとデメリットを解説

ロボアドはスマホを持っていなくても運用できるのか?

貯蓄が苦手な人に最適?お買い物しながら投資できる「おつり投資」

ロボアドの運用で受領した分配金は配当控除が適用できるのか?